ギャンブルは、人気のエンターテイメントであるという事実がありながらも、長年禁止されてきました。日本国内では、西洋で見られるような形式の「カジノ」は存在しません。結果として、カジノゲーム好きの日本人ゲーマー達は、ますますインターネットでプレイするようになっています。

ただし、ネット上で個人情報を明らかにするのには慎重なユーザーが多いので、オンラインカジノに新規登録する際の手順は、より複雑です。そんな中、オンラインカジノ運営側は、高額な景品という形で、新規登録に対する動機を一層高めています。これが結果的に、オンラインゲームファンの増加と、業界の安定化を後押しすることになりました。

ここ数年で、オンラインゲームに対する情熱が増すのが見られてきました。これはいくつかの重要な理由の組み合わせによるものです。

一つの理由としては、オンライン上でギャンブルをしているのを見られるとプレイヤーは、ある種の社会的影響を被ります。そしてこの考え方が緩んでいった結果として、オンラインのジャックポットサイトや商品を日本の市場に売る海外のギャンブル団体が増えています。今後、こうした海外サイトへのアクセスが増え、ギャンブルをするチャンスが増えていくと、市場のさらなる成長が望めることでしょう。

さらに、ここ過去数年で、オンラインカジノの経営者達が、日本人ゲーマーの集客にますます積極的になるのを見てきました。これによって、一般的にネット上でのギャンブルが好まれるようになったのです。変化割合について言えばもう一つ気に留めるべき点があり、日本では世界で最も厳しいギャンブル禁止法が存在する理由がこれです。

なお、一般的な日本人ギャンブラーの趣向は、欧米人と同じです。そう、私たち日本人は大のギャンブル好きなのです。けれども残念ながら、カジノゲームを許可する条件が単純であったことはこれまで一度もありません。

海外から来たエンターテイメントに関して、特に西洋から来た場合は、日本政府は保守的であることがほとんどです。実際に、ギャンブル禁止法と規制が高額な罰金を課してきました。

法に則ったスキルを競うゲームと、法に背く運に賭けるギャンブルゲームの間には、非常に繊細な線引きがなされています。この2つのゲームの差には、しっかりと気を付けた方が良いでしょう。この差を違えてしまえばその結果は深刻です。

もし外国人ギャンブラーの方が日本に観光に来ると、ジャックポットを当てるような欧米流のカジノが存在しない、と気がつくでしょう。そうであるにも関わらず、全国にはゲーマーにゲームをプレーする機会を提供する20,000件以上のパチンコ店が存在しています。

新宿や渋谷を歩いてみれば、金属製のボールや鐘、笛の音が襲いかかってくるでしょう。パチンコは、国民的ゲームともいえるでしょう。垂直なピンボール・マシンのようなもので、金属製のボールが上から下へ、様々な障壁や順路を経由して落ちていきます。

パチンコ業界が14.9兆円を超える収益を生み出す、という事実があるにもかかわらず、「グレーな市場」と見なされています。こういったパチンコ店からの明かりや耳障りな音が、遅くから夜明けまで通りに溢れ出しているかのようです。

ところが国会の議会は、長年右往左往した後、2016年には最終的にカジノ法案を承認しました。これで実質的にギャンブルが国中で合法となったのです。

とはいえ、日本のカジノ業界が欧米の規模ほどに普及するには、長い道のりが続くでしょう。実際のところ、日本国内では、オンライン上でのギャンブル人気が高まる中、プレーヤーの数は、その他諸外国と同じペースで増えてはいません。暗号化やセキュリティといった面において、カジノ運営側は求められる要求を大幅に超えていかなければならないでしょう。

カテゴリー