_SL500_

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 19:55:55.21 ID:vx+V2WUao
助「わざわざ電話して来るなんて、タダ事じゃあねーっスよね」

承太郎『ああ……少し妙な情報があってな』

仗助「妙なって……まさか、スタンドに関係することっスか?」

承太郎『恐らくだがそうだろう。なんでも……少女が1人、突然姿を消したかと思えば
     次の瞬間少し離れたところに再び姿を現す……。そんな奇妙な現象が目撃されたらしい』

仗助「えッ!?見間違い……ってこたァねーっスよねェ?」

承太郎『人が1人消えて現れるなんて見間違いが起こると思うか?』

仗助「た、確かに。それってやっぱ……スタンド能力ってことだよな~。瞬間移動か何かっスかねェ」

承太郎『その線もあるだろうが……もう1つ知ってるはずだぜ。
    一瞬で離れた場所に移動する……そんなスタンドをな』

仗助「そ……それってまさかァ~~……時を止めるスタンド!スタープラチナっスかぁーーーーっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362308155


 
※容量の関係で、前編中編後編3つに分けました。



2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:02:04.21 ID:vx+V2WUao
承太郎『スタープラチナはおれのスタンドだ。他の誰かに発現することはまずあり得ねえぜ。
    だが……“似たタイプのスタンド”なら可能性としては十分だ』

仗助「似たタイプ……承太郎さん、何か心当たりが?」

承太郎『まあな……。そこでだ、仗助。見滝原まで行って、少し調べてきて欲しい』

仗助「それは別に構わねーっスけど。承太郎さんが自分で行った方が良いんじゃあねーっスかね?」

承太郎『そうしたいのは山々なんだが……やれやれ。しばらく少し手が離せそうになくてな』

仗助「んん~~~……。まあワケアリってんなら仕方ないっスね」

承太郎『ああ、頼む。だがあまり無理はしなくて良い……学校もあるだろうしな。
    行ける時に行ってくれれば良い。
    もちろん交通費や調査にかかった費用は全額こちらで負担する』

仗助「わかりました!いっちょサクサクっと調べてきてやりますよォーー!」



3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/03(日) 20:08:13.54 ID:e5pjOUPZO
期待



4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:09:31.74 ID:vx+V2WUao



仗助「ってーワケでよぉー。ちーっと手伝ってくれよ~~~」

億康「でもよー仗助ェ。手がかりが少なすぎるぜ。いくらなんでもよォ~~~」

康一「うーん……。でもボクの『エコーズ』ならちょびっとだけ手間は省けるかも」

仗助「おっ!手伝ってくれるか康一ィ~~!」

康一「ボクも気になるからね。やっぱりさ」

仗助「さーっすが康一だぜ~~!……で?おめーはどうすんのよ?」

億康「な……なんだよその目はよぉ~。ヤロー同士の飲み会でみんな生中から行ったのに
   1人だけファジーネーブル頼んだ奴を見るような目はよォ~~~……」



5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:14:38.02 ID:vx+V2WUao
仗助「おめー未成年だろうがッ!なぁーにが飲み会だ!
   行ったこともねークセにカッコ付けやがってよォーーーッ!」

康一「ボクはどっちかと言うと『誰にも断らずにから揚げにレモンをかけちゃったぁ~』
   みたいな人を見る目のように見えたけどなあ……」

仗助「おいおい康一それは言いすぎってモンだぜ……。
   って!ンなこたあど~でも良いんだよ!億康おめー、結局どうすんだぁ?
   まあさっきはあんな目で見ちまったけどよお。別に無理しなくたって良いんだぜ?
   親父さんの世話もあるだろうしよォー」

億康「いや、親父は別に良いんだがよ……。
   ン~~よっしゃあわかった、おれも行くぜーッ!」

仗助「おっ!本当かよ億康~~!」

億康「行ける時で良いっつーんなら軽ゥーーく旅行みたいな気持ちでよぉ~~~。
   行かせてもらうぜェーおれぁよ~~~~っ」



6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:21:45.84 ID:vx+V2WUao
見滝原

康一「へーっ、ここが見滝原市か~~」

億康「田舎の方だと思ってたがよォー。なかなか良い町なんじゃあねーの?」

仗助「オイオイ、おめーら手伝ってくれるんだろぉー?
   建物とか上ばっか見てねーでよォーー。ちっとは人を……ンッ?」

億康「?どーかしたかよ仗助」

仗助「いや……今何か……妙な生き物が見えたような……猫……か?」

康一「やだなー仗助くん。そりゃあ猫くらい居るよ~~」

仗助「いやなんつーか……猫だったよーな……そうじゃあねえよーな……」



7VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:27:37.67 ID:vx+V2WUao
億康「仗助よお~~おめーが言い出したんだぜ?ぷぷっ!
   猫なんかよりもうちっと人を見ろよ人をよー!ぎゃはははははは!」

仗助「て……てめーこのやろ……」

康一「ま、待って!仗助くんッ!」

仗助「康一止めんじゃあねーよ~~おれぁ今から一発こいつの頭ひっぱたいてやるんだからよ~~~~」

康一「違うんだ、そうじゃあないッ……!周りをよく見るんだ!2人ともッ!」

億康「なッ……なんだぁーー!?こりゃあああーーーーッ!?」

康一「景色が……!景色が変わっていっているッ!!」

仗助「何ぃいいーーーーーッ!?」



9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/03/03(日) 20:33:32.15 ID:aEDZab+E0
wktk



10VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:34:27.66 ID:vx+V2WUao
康一「か、完全に変わってしまった……!ボクたちの周りが!おかしな迷路に囲まれてしまったッ!」

億康「ま……間違いねえーーッ!スタンド攻撃だぜッ!こいつはよォーーーッ!!」

仗助「よくわかんねえが……壁を壊し、ぶち抜けるッ!ドラァ!
   ……なっ!?なんだとお~~~~ッ!?」

康一「だ……駄目だ!か、壁の向こうにも、まだ同じ空間が!」

億康「仗助おめーッ!話が違うじゃあねーか!
   この町に居るのは『時を止めるスタンド使い』じゃあなかったのかよ~~~!?」

康一「こ、この町のスタンド使いはまさか!1人じゃあなかったのかあ~~ッ!?」

仗助「ぐっ……!き、気を付けろ!何がどこから攻撃してくるかわからねェぞ!」

康一「ハッ!?ふ、2人ともあそこ!何か居るッ!!」


   「……FUSHUUUUU……!」



11VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:43:57.03 ID:vx+V2WUao
億康「い……1匹じゃあねえッ!何匹も居やがるぞこいつらァ~~~~!」

仗助「おめーの兄貴や重ちーと同じ……いや!
   それよりもっとデカイのが!そこらじゅうに居るぜッ!」

使い魔「UUURRRRYYYYYYY!」

康一「お、襲ってきたァーーー!!」

仗助「ドラァ!!」

使い魔「GIIIYYYAAAAAAAA……!」

億康「おっ?なんだァこいつら~~っ。ずいぶん弱っちいじゃあねーか!」

仗助「1体1体はそう強くはねーみたいだな。1匹残らずぶっ潰してやるぜェ!」



13VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 20:52:02.08 ID:vx+V2WUao



使い魔「GIIIAAAAAHHHHHH……!」

億康「どーだコラァ!こっちはまだまだ行けるぜェ!」

仗助「いや……今ので最後だったみてーだぜ」

康一「け、景色が元に戻っていく!それじゃあ、スタンド使いは!本体は!?」

仗助「死んだか……少なくともダメージはあるはずだぜ。あれだけの数ぶっ潰したんだしよォ」

億康「でもよぉ~、近くに本体は居ないみてーだぜ?」

仗助「遠隔操作のスタンドなんだろうよ」

康一「じゃあ、エコーズACT1で本体が近くに居ないか一応この近くを探してみるよ!」

億康「見付けたらよォー。直々にその面ァ拝んでぶん殴ってやるぜぇ~~。
   襲ってきたってことは敵ってことで間違いないんだしよぉー」

康一「よし、そうと決まれば……行け!エコーズACT1!」



14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:03:14.02 ID:vx+V2WUao
康一「ダメージを負ってる人……怪我してたり具合が悪そうだったりする人……」

億康「あれだけぶっ潰したんだしよォ~~。
   体中血塗れになってても良いはずなんだがなぁ」

仗助「どうだァ?康一」

康一「うーん……ちょっと待ってよぉ~~……」

億康「でもよ~~。本体が室内に居たらお手上げだよなァーー?」

康一「……駄目だぁーー。近くにそれっぽい人は居ないよ」

仗助「チッ……。やっぱ室内かァ?仕方ねー、何か他の方法を探そうぜ」

康一「そうだね。よし、戻れエコー……がぶっ!?」

仗助「なッ!?こ……康一おめー……!」

億康「ぜ、全身に穴がぁああーーーーッ!?」



15VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:08:47.88 ID:vx+V2WUao
康一「こ……攻撃、さ、れ……?」

仗助「く……クレイジーダイヤモンドォーーッ!」

康一「っは!?ハァ、ハァ、ハァ……。あ、ありがとう仗助くん、助かったよ……」

億康「ど、どうしたってんだよぉ康一~~!おめーのエコーズが攻撃されたんだよなァ!?」

康一「た……多分。そうとしか……考えられない……」

億康「た、多分ン~~~!?」

仗助「ってこたぁ……『わからなかった』……ってことかよ……?」

康一「い、居なかったんだ……近くには何もッ……!怪しい奴なんて居なかった……!
   な……なのに、『気が付いたら攻撃されていた』!気配すら感じなかったッ!」



16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:17:42.89 ID:vx+V2WUao
億康「『気が付いたら』だとぉ~~……?そ、それってよぉ~~やっぱよォーーー……」

仗助「ああ……近くに居るぜッ!時を止めるスタンド使いがな……!」

康一「ひ、ひょっとすると、すごく遠くから攻撃できるスタンド……ってことはない?
   飛び道具っていうか、狙撃っていうか……」

仗助「康一……おめーは自分じゃあ気が付かなかっただろうが……。
   おめーが負った傷は1つじゃあねェ!『複数の傷が』『同時に』『突然』現れやがったんだッ!」

康一「えっ!?そ、そうだったのか、気が付かなかった……!あまりに突然すぎて……!」

仗助「『時を止め』たとしか考えられねーぜ。こんなマネが出来るのはよォ~~……」

康一「そ、それじゃあ本当に……近くに、時を止めるスタンド使いが……!」

億康「ち、チクショー!攻撃してきたってこたァ、敵なんだろぉ~~~!?
   本体がどこに居るのかもわからねぇってんじゃあよぉーーー!
   オレたちにゃあ敵をぶっ飛ばす手段がねーってことじゃあねーかよォ~~~ッ!」



17VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:25:14.16 ID:vx+V2WUao
仗助「だがよォ、それはあっちも同じだぜ。
   少なくとも、おれたちの正体がバレねーうちは敵だって攻撃してこれねーはずだ!
   本体が誰かわかんねーから『エコーズ』を攻撃したんだろうしよォ~~~」

康一「それじゃあ……どっちが先に相手を見付けるか……それにかかってるわけだね」

億康「じ、承太郎さんに手伝ってもらった方が良いんじゃあねーのか?
   同じ『時を止めるスタンド』同士よォ~~~……!」

仗助「そうだな、一応報告しておいた方が良いよなァ……電話してみるか」

康一「…………」

仗助「…………」

億康「…………」

仗助「……出ねえ」

億康「何ィいい~~~~~!?」



18VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:32:51.44 ID:vx+V2WUao
仗助「結構肝心な時に居ねーんだよなぁ。承太郎さんって人はよぉ~~~……」

億康「くそっ!もうこうなりゃおれたちだけで調べてやるぜェ!」

康一「えっ!?も、もう少し承太郎さんからの連絡を待ってみても……」

億康「そんなことしてる間に敵がオレたちを見付けるかも知れねえだろうがッ!
   それによぉ~~~!康一おめー悔しくねーのかよォ~~~~!?
『一発ぶん殴りてぇーッ」って思わねーのかよ~~~っ?」

仗助「ああ……そうだぜ康一。おめーもうちょいで死ぬとこだったんだぜ!?」

康一「そ、それは……確かに!あまりに突然すぎて混乱していたけど……
   思い出したら段々『ムカッ腹』が立ってきたぞッ!
   『時を止める』スタンド使いめ……ボクたちが先にお前の正体を突き止めてやるッ!」



19VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:39:21.43 ID:vx+V2WUao
億康「そうと決まれば早速調査開始だぜェー!」

康一「あっ!?ちょ、ちょっと億康くん!どこ行くの!?」

億康「聞き込みだよ聞き込みーッ!怪しい奴が居なかったか通行人に訊いて回るぜ~~~!」

康一「いィ!?」

仗助「な……何考えてんだあのアホォ~~~!!聞き込みだとおお~~~~っ!?」

億康「おっ。なぁネーチャンよぉ~~~」

   「……はい?」

億康「ちょォーっと訊きてーことがあるんだがよォ。この変で怪しい奴……」

仗助「おおおおーーーっとォーーーー!!悪い悪い!なァーんでもねーよおお~~~!」

   「……?」

康一「ご、ごめんね君!なんでもないから、もう行って大丈夫だよ!本当ごめんね!」



20VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:45:46.21 ID:vx+V2WUao
億康「アアン?なんだよおめーらよォー邪魔すんじゃあねえよ~~!」

仗助「やかましいッ!おめーは何聞いてやがったんだアホ億康がよぉーーーッ!
   本体が近くに居るかもしれねーってのに聞き込みなんかしてどーすんだよォ~~~!?」

康一「そ、そうだよッ!そんなのまるで『ボクたちがお前のことを嗅ぎ回ってるぞッ!』って
   大声で叫びながら歩いてるみたいなものじゃあないか!」

億康「お、おお……。そ、そう言われりゃあそうだな……悪い。
   オレ考えたことすぐ行動に移しちまうんだよなァ~~……頭ワリイからよぉ~~」

康一「それは、まあ……」

仗助「とにかくよぉー。もうあんなのは勘弁してくれよなぁ~~。
   おめーみてーなガラの悪いのがオンナ子どもに話しかけるなんてよぉ~~。
   下手したらそれだけで通報モンだぜぇー?」

億康「ち、チクショ~。悪いのはおれだからなぁー……言い返せねーのが辛いぜェ~~……」



21VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/03(日) 21:52:19.15 ID:vx+V2WUao
ほむら「…………」

今の制服……見たことないわね。
高校生だったみたいだけど、少なくとも見滝原の高校ではないはず。
修学旅行か何かかしら……?
でもこんなこと、今まで一度だってなかった。
あんな変わった3人組、一度見れば忘れられるものじゃない。

それに、その前……。
使い魔が結界の外に出てた。
結界の魔力反応が消えたと思った直後、突然上空に1匹だけ……。
危険だから始末しておいたけれど、結界の外に出る使い魔なんて今までに会ったことがない。

まだ転校前だって言うのに、ずいぶんイレギュラーが多い……。
今回は、何かが起こる……そんな気がする。



35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/04(月) 02:09:17.83 ID:hQCkVmS6O
期待



36VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:00:57.49 ID:7UOFQK2Qo



億康「でもよぉ仗助ェーー。どーやってそのスタンド使いを探し出すんだよぉ~~~?」

康一「承太郎さんは『少女』って言ってたんだよねぇー……?それだけ?」

仗助「あとは……そいつのスタンドはここ最近発現したばかりの可能性がある、って言ってたなあ~~。
   目撃情報がここ数日に集中してるってことでよォー」

康一「でも……それにしちゃあ手際が良すぎるような気がするぞ……。
   まったく気付かれずに『エコーズ』を攻撃するなんて、シロートとは思えないような……」

億康「じゃあアレかぁ~~?スタンドを使いこなしてる奴が最近いきなり暴れだしたってーのかよ?」

仗助「その可能性もあるかもなァ……うっ!?」

康一「?仗助くん?」

仗助「い……居たッ!猫だぜ!さっきの猫があそこにッ!」



37VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:06:32.78 ID:7UOFQK2Qo
康一「……仗助くん、真面目に考えなよ~~」

仗助「真面目だぜオレぁよォ!あッ!?またどっかへ行くぜアイツ~~~!」

億康「仗助よォーー……。どお~~~~~でも良いじゃあねーか猫のことなんかよォーーーー」

仗助「良いからおめーらも見ろってんだよォーーッ!
   フツーの猫じゃあねーんだよおおーーー!ほれ!あそこッ!」

康一「え~~~?もー、しょーがないなぁー。どれどれ……えっ!?」

億康「……なんだァーありゃああ~~~?猫にしちゃあ耳が長すぎじゃあねえのかァ~~~?」

康一「た……確かに気になる……。な、何か『変』だ。あの猫……」

仗助「後……つけてみようぜ。どっちにしろこのままじゃあ手がかりナシなんだしよォ……。
   気になるモンはぜーんぶ調べてみるってのが良いかもしンねーだろォ……?」

康一「そ、そうだね。つけてみよう」



38VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:14:29.58 ID:7UOFQK2Qo



仗助「あの猫野郎どこまで行くつもりだァ~~~~~?」

康一「あッ!見てほら!あのマンションに向かってるみたいだよッ!」

億康「っつーこたぁよォーーー。あのマンションに何か……おおうッ!?
   おい見たかよ今の!?あの猫!壁をすり抜けやがったぜェーーーッ!!」

仗助「ああ……ばっちり見たぜ!もう間違いねえ。あの猫、スタンドだッ!」

康一「じ、じゃあアイツが入っていったあの部屋に、本体が……!」

仗助「敵かも知れねェ以上、迂闊に入り込むわけにはいかねーよなぁ~~~……。
   仕方ねー。もう少しここで待ってみようぜ」



39VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/04(月) 20:19:30.18 ID:daJ+Snnz0
髪型をいじってきそうなキャラは誰だろう



40VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/03/04(月) 20:22:01.27 ID:9kKhKsDr0
>>39
さやか(即答)



41VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:25:06.20 ID:7UOFQK2Qo



億康「……しかしよぉ~~いつまでこうしてんだァ~~~~?
   もう1時間は過ぎたんじゃあねーの?本体も出てこねーしよォ~~~」

仗助「わかっちゃあいたが……退屈だよなァ。張り込みってーのはよぉ~~……。
   刑事なんかはマジにこぉーんなコト何時間も続けられンのかねェーー?」

康一「あっ!見て2人とも!あの子!」

億康「ンン~~~?へぇー、なかなか美人じゃあねェの。だがよォ康一~~~~。
   おめーが別の女に見とれてたなんて知ったら由花子の奴が黙っちゃあいねーぜ?」

康一「ちッ、違うよォーー!そうじゃなくて!
   あの子が入っていく部屋!さっきスタンドが入っていった部屋だッ!」

仗助「グレート……!鍵で扉を開けたってこたァ、
   あいつがあの部屋の住人ってことで間違いなさそーだな。
   部屋の住人がわかったとなりゃあよォー!
   一気に近づけるぜェ!本体の正体によォ~~~ッ!」



42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:34:56.42 ID:7UOFQK2Qo
億康「あの部屋に入って行ったってことはよォ~~。あの女が本体ってことになンのかぁ?」

仗助「そうとは限らねーぜ。普通『スタンドだけを先に家に帰す』なんてこたぁーしねーだろ?」

康一「じゃあ、あの子の家族が本体……!そうだね、仗助くん!」

仗助「オレぁその可能性が一番高いと思うがなァ~~~。
彼女自身がそのことを知ってるかどうかは別にしてよォ」

億康「むおっ!?オイおめーら!出てきたぜ~~ッ!さっきの女だ!
   ちょーど良い!早速問い詰めて聞き出して……うッ!?」

仗助「ン、どうした億康?何が……あ、アレは!?ま、まさかッ!」

康一「ス……スタンドだ!あの子の肩にスタンドが乗っているッ!
   ということはもしかして!やっぱりあの子が本体なのかッ……あのスタンドの!?」

仗助「と、とにかくつけるぜ!今はまず様子を見るッ!相手にバレねぇようにな~~~!」



44VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/04(月) 20:42:15.30 ID:bmerU9YUo
面白いわあこれ



45VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:44:26.99 ID:7UOFQK2Qo



康一「な……何をやっているんだろうあの子。どこかへ行く目的がある風じゃあない……。
   ウロウロと歩いて……まるで、そう。散歩か何かをしているみたいだ……」

億康「しかもよぉ……あの女、スタンドを『出したまんま』だぜ。
   あんな出しっぱなしにしてよォー……何の意味があるってんだ~~……?」

仗助「もしかしたらよぉ……あいつは本体じゃあねーのかもな」

康一「えっ!?そ、それってつまり……」

仗助「ただ『くっ付いてるだけ』の可能性があるかもしれねーってことだよ……」

億康「なにィ~~~!?つーこたぁよォーーッ。あいつの散歩はスタンドの仕業だってのかぁ~~~~?」

仗助「その可能性もある……。何にせよ、わかんねェーんだよなぁ~~。
   あいつの行動の意味がよォ~~~」

億康「チ……チクショオ面倒くせぇーー!もうウダウダ考えずによォー!
   直接訊いた方が良いんじゃあねーのかぁーーー!?その方が手っ取り早いしよぉーーーッ!」



46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/04(月) 20:45:31.69 ID:daJ+Snnz0
そういや仗助はモテるんだよな



48VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 20:56:42.32 ID:7UOFQK2Qo
康一「ま、待って億康くんッ!
   そんなことをして、万が一あの子が『時を止めるスタンド』の本体だったら大変だ!
   自分のことを嗅ぎ回る奴が目の前に現れたのなら、必ず先手を打って攻撃してくるッ!」

億康「で、でもよォーーー!」

仗助「お……おいッ!あれを見ろッ!」

康一「えっ?あ……!アレは!あの『空間』は!」

億康「お、同じじゃあねーか!?昼間にオレたちが飲み込まれたあの妙な『空間』と同じ感じがするぜッ!」

康一「い、今……あの子が手をかざすと『空間』への入り口が出現したッ!
   つ、つまりッ!あの『空間』は彼女のスタンド能力だったのか!?」



49VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:05:21.38 ID:7UOFQK2Qo
億康「!?き、消えやがったぜあの女ァ~~~!」

康一「い、いや違う……消えたんじゃあない!『入って行った』んだッ!あの空間に自分から!」

仗助「グレート……!どーやらもう間違いなさそうだぜ!
   昼間の『空間』のスタンド使い!あの女が本体だッ!後を追うぜェーーーッ!」

康一「そ……そう、後を追う。それが一番良い……だけど!駄目だッ……!
   『入り口が閉じる』!あの空間に入るにはここからじゃあ間に合わない!
   距離が遠すぎるッ!に……逃げられる!」

億康「距離が遠すぎるだぁ~~~~?それならよぉ~~~~!
   そんな距離、削り取っちまえば良いじゃあねえか!」

仗助「そうか!今日は冴えてるじゃあねーかよッ!億康ゥ!」

億康「2人とも掴まりなッ!行くぜ~~~~!『ザ・ハンド』!瞬間移動だぜッ!」



50VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:13:47.43 ID:7UOFQK2Qo
結界内

億康「ふい~~~~~……。どーだ、間に合ったぜェ~~」

マミ「!?えっ……!?」

QB「君たちは……?」

康一「うげえ~~っ。やっぱり気持ち悪いよこの景色……」

仗助「そんなことより……よーやくご対面だぜェ」

マミ「な、なっ……?」

仗助「あんた……さっき自分からここに入って行ったっスよねえ?
   この空間が何なのか、ちぃーっとオレらに説明してもらえないっスかねェ~~~?」

マミ「あ、あなたたち今どうやって……!」

億康「質問を質問で返すんじゃあねえ!ダボがッ!」

マミ「っ……!」

康一「質問にさえ答えてくれれば良いんだよ。この空間は何なの?きみは、何者なんだい?」



53VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:21:47.40 ID:7UOFQK2Qo
マミ『き、キュゥべえ。この人たち、何なの?どうして私、責められてるの?』

QB「僕にも分からない……。それに、彼らは突然ここに現れたようにも見えたよ」

仗助「アア?てめー、1人で何言ってやがるんスかァ~~?」

マミ「えっ!?ひ、1人でって……?私は別に……」

億康「おめーじゃあねェ!そこの肩の猫ヤローだボケッ!」

QB「!君たち、僕が見えるのかい?」

億康「ったりめーだろうが!とにかく吐いてもらうぜェ~~~?あらいざらいよぉ~~~~。
   大人しく喋りゃあなンもしねーからよォーーーー」

マミ「あ……あなたたち、魔法少女と何か関係があるの……?」

仗助「…………は?」



60VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:31:46.15 ID:7UOFQK2Qo
仗助「お……オイ、康一、億康……。今この女……なんて言ったか聞こえたか……?」

億康「ま……『マホーショージョ』って言ったように聞こえたがよぉ……」

康一「ぼ……ボクも確かに聞いたよ……ま、『魔法少女』って……」

マミ「……?」

康一「…………」

億康「…………」

仗助「……あんた、まさか自分のこと『魔法少女』だとか言うんじゃあねーよなァ?」

マミ「何を……私は本当に魔法少」

億康「ふざけてんじゃあねーぞボケェーーーーッ!」

マミ「!?」



63VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:40:48.78 ID:7UOFQK2Qo
億康「魔法少女だァ~~~?おちょくってるとヒデーぞコラァ!」

仗助「あんたが真面目に話す気がねーってんなら仕方ないっスねェー……。
   ちーっと無理やりにでも話してもらうぜェ~~~?」

マミ「っ……よくわからないけど、私とはあまり良い関係じゃなさそうね。
  少しだけ大人しくしててもらうわ……キュゥべえ、離れてて!」

QB「わかった。マミ、気を付け……うッ!?」

マミ「キュゥべえ!?」

QB「これは……一体何が……。急に、体が……重く……まさ、か……」

康一「動いてもらっちゃあ困るんだよねェ~~。質問があるんだからさぁーー……」

マミ「な、何が……えっ!?」

ACT3「モウ少シ近付キマスカ?ソウスレバモット重クデキマスガ。
    ドウシマスカ?コイツガブッ潰レルクライニ重クシマスカ?」

マミ「つ……使い魔!?そんな……!」

仗助「『使い魔』ァ?何すっとぼけたこと言ってやがんだおめーよォ~~~……?」



68VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:49:44.52 ID:7UOFQK2Qo
億康「康一の『エコーズ』が見えるってこたァよ~~。やっぱおめー、スタンド使いだな!」

マミ「あ、あなたたち……何者なの!?」

仗助「!?」

康一「えっ!?」

億康「な、なんだァ!?服装が変わりやがったぜ~~~!?」

仗助「お、驚くところはそれだけじゃあねーぜ億康ッ!こいつ……!
   『ACT3』の攻撃を食らったのに動けていやがるッ!」

ACT3「コノ女……ソコノスタンドノ本体ジャアアリマセンネ」

康一「な、なんだって!?それじゃあ……!」

マミ「動かないで!!」

億康「なッ、なにィーーー!?今度はリボンだとォーーーーーッ!?」

仗助「て……敵を拘束するリボン!これがこいつのスタンドかッ!?」



69VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 21:59:22.94 ID:7UOFQK2Qo
仗助(いやしかし、だとすると妙だぜ……。こいつ、まさかマジで『そう』なのか……!?)

ACT3「S・H・I・T……コノ拘束、カナリ強イデス。私ノパワーデハ解ケマセン」

マミ「まさか……人に銃口を向けることになるなんて思わなかったわ」

康一「そ、そんなッ!?変身能力やリボンだけじゃあない!じ……銃まで現れたッ!
   こ、この子のスタンドは一体いくつの『能力』を持っているんだ!?」

マミ「もう抵抗しても無駄です……キュゥべえにかけた妙な術を解きなさい!
   さもないと、少しだけ辛い思いをすることになるわよ!」

仗助「……!」

億康「抵抗しても無駄だァ?確かにオレたちと『エコーズ』はおめーのスタンドで縛られてはいるがよォ~~~。
   『オレたちのスタンド』はまだ縛られちゃあいねーってことを忘れてるんじゃあねえかァ!?
   さてはおめーーっ!オレ以上の馬鹿だなァ~~~~!?」

マミ「……?あなた何を……まさか!」

億康「ザ・ハンド!この邪魔くせーリボンを削り取っちまえッ!」



71VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/04(月) 22:04:06.16 ID:34n7pCkAO
【キュゥべえ】

破壊力E スピードB 射程距離C 持続性A 精密動作性A 成長性E

インキュベーターのスタンド。第二次成長期の少女限定で願いを叶えるが、代償としてその者は魔法少女となり身体能力が強化される。また、魔法少女が絶望し 魔女へと変異する時に発生するエネルギーを本体に送り込む力を持つ。さらに、いくらでも代わりの肉体が存在する為、スタンドがダメージを受けても本体には 何の影響もない



72VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 22:10:45.80 ID:7UOFQK2Qo
マミ「なっ……!ま、また使い魔を……もしかして、そこのあなたも!?」

仗助「……ああ。出せるぜ」

マミ「ッ……使い魔を従えるなんて、普通じゃないわ……!ほ、本当にあなたたち何者なの!?」

億康「だからよォ~~~~!先に質問したのはこっちだっつってんだろうが!ダボがッ!」

マミ「くっ……!」

仗助「やめな億康……もう良いぜ」

億康「ああっ!?」

マミ「え……?」

仗助「おめーもだ康一。そこの猫野郎を解放してやりな」

康一「な……何を言ってるんだッ!?『敵スタンド』かも知れないっていうのに……!」

億康「仗助よォ~~…・・・。止めるからにゃあ何か理由があンだろうなぁーーー?」



73VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 22:19:05.60 ID:7UOFQK2Qo
仗助「あたりめーだろうがよ。何か変だと思ってたが、今よ~~やくハッキリわかったぜ。
   その人ァよぉー。スタンドのこと知らねーよ」

康一「し……『知らない』だって!?そんな馬鹿なッ!
   だってボクらのスタンドも見えてるし、この子自身もスタンドを使ったじゃあないか!」

マミ「さ、さっきからあなたたち何を……『スタンド』……?」

QB「合点が……いったよ……君たちは……『スタンド使い』、だったんだね……」

億康「てンめェーーーッ!やっぱり知ってたんじゃあねーかトンチキが!
   しらばっくれやがってよぉーーーー!」

マミ「ええっ!?わ、私は知りません!キュゥべえ、どういうこと!?スタンドって何なの!?」

仗助「まず1つ確認しときてーんスけどね。この妙な空間……。
   あんたか、あんたの知り合いが作り出したモンじゃあねーってことで良いんだよなァ~~?」



75VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 22:25:51.38 ID:7UOFQK2Qo
マミ「わ、私じゃないし、知り合いでもありません。この空間は、魔女が作り出したものです」

康一「ま……魔女ぉ~~~~?」

億康「さっきからよォ~~~。使い魔だとか魔法少女だとかよぉ~~~~~~~。
   なんだっつーんだよなァまったくよォ~~~~」

マミ「ほ、本当に知らないの?使い魔も魔女も、魔法少女も……?
   それじゃあ、さっきの『使い魔に見えたもの』は……」

仗助「あんたも『スタンド』のこと知らねェみてーだし……
   取り敢えずこっから出ちまった方が良いと思うんだけどなァ~~~」

マミ「…………」

仗助「そー睨まなくてもよォーー。こっちはもうあんたに何もする気はねーっスよ~~マジで」

マミ「……それなら、早くキュゥべえを解放してあげてください」



76VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/04(月) 22:35:34.00 ID:7UOFQK2Qo
康一「もう一度確認するぞ……君たちは本当に敵じゃあないんだね?」

マミ「あなたたちが何もして来なければね……」

康一「……わかった……。ACT3、『3FREEZE』を解除しろ!」

ACT3「了解シマシタ」

QB「やれやれ、酷い目に遭った……。もう少しで本当に潰れてしまうところだったよ」

マミ「大丈夫、キュゥべえ?怪我はない?」

QB「うん、平気だよ」

マミ「良かった……。……じゃあ、奥に進みましょう。付いてきてください」

億康「?外に出るっつーのになんで奥に進むんだァ~~~?」

QB「この空間を作り出した魔女が奥に居るからだよ。
  魔法少女とスタンドについての説明は、魔女を倒した後にしようと思うんだけど」

仗助「そんじゃあよー。案内してくれよ。その『魔女』とやらが居るところによォーー。
   こんな気味ワリーとこ、さっさとおさらばしてーぜェ~~~」



89VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 19:53:45.39 ID:ZjXw9WKVo



マミ「気を付けてくださいね。使い魔がそろそろ出てきても……」

使い魔「MAGIIIIIIIII!」

億康「ウゲェッ!出やがったぜ!あの化け物がよォ!」

QB「早速来たね、あれが使い魔だ!」

康一「ひ、昼間に見たのとは別の奴みたいだぞッ!」

仗助「気色わりぃバケモンだぜマジでよォ~~~~っ!」

マミ「本当に使い魔を知らないのね……!あなたたち、身は自分で守れ……」

仗助「クレイジーダイヤモンド!ドラァッ!」

使い魔「AGGGGYYYAAAAAAAA……!」

仗助「んッ?なんか言ったかぁ~~っ?」

マミ「……いいえ、なんでもありません。進みましょう」

マミ(この人たちが従えているアレは、異形ではあるけれど使い魔じゃない……。
   あれが『スタンド』という力?『スタンド』って一体、何なの……?)



90VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:02:08.67 ID:ZjXw9WKVo



康一「それにしても……『魔女』って何なんだろうね。スタンド使いじゃあないのかなァ」

億康「オレなんかは魔女っつったらよォー。黒いマントに帽子被ってよォーー。
   イィ~~~~ッヒッヒッヒッヒ!とか笑うばーさん思い浮かべちゃうぜ」

仗助「ああ、オレも似たよーなモンだなァ。(億康と同じ発想ってのがアレだけどよーー)」

QB「多分、君たちが思い描く魔女とはかけ離れた外見をしていると思うよ」

マミ「っ!居た……見てください。あれが魔女です」

仗助「ン~~?どれどれ……」

魔女「…………」

3人「いィッ!?」



93VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:10:50.56 ID:ZjXw9WKVo
仗助「なッ、なんだァありゃあああーーーーー!?」

億康「思ってたのと全然ちげェーーーッ!」

康一「か……怪物だッ!あんなの、まるで怪物じゃあないか!?」

マミ「ここで待っててください。魔女は、私が倒します!」

仗助「お、オイ!?1人で大丈夫かよッ!?」

QB「大丈夫、マミはベテランだよ。魔女との戦いなら慣れてる」

億康「い、いっつもあんな気色ワリー化け物と戦ってんのかァ~~~!?
  信じがたいことだぜそりゃァーー!」

康一「で、でも……すごいよッ!ほら見て!本当に戦っている!あの怪物……『魔女』とッ!」



94VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:20:21.14 ID:ZjXw9WKVo
仗助「すげェぜありゃあ……。確かに『スタンド』にも気色ワリーのは居るけどよぉ~~……。
   あの『魔女』ってやつァそれとはまた違う……
   なんというか、異質な『不気味さ』みてーなモンを感じるぜッ……!
   あいつは昔っからあんなのと戦ってるってのかよォ~~~~?」

億康「おッ!?な、なんだ~~~!?銃がでかくなりやがったぜェーーー!?」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

仗助「……!グレート……!とんでもねー威力だぜこいつは」

マミ「ふー……」

康一「た、倒したのか……?『魔女』を……」

億康「く、『空間』が消えて行くぜ!あの気色ワリー『空間』がよォ~~~~ッ!」

マミ「……魔女は無事倒しました。3人とも、怪我は……」

億康「なあ!『ティロ・フィナーレ』っつーのかァ!?おめーのスタンドはよォーーッ」

マミ「えっ?」



95VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:32:36.01 ID:ZjXw9WKVo
仗助「だからよー億康。こいつはスタンドのこと知らねーんだからよォーー。
  唐突にそーいう質問をすんじゃねーよ」

億康「おーそうか。ン……?じゃあよォ~~『ティロ・フィナーレ』ってのは何なんだよ?」

マミ「えっと、それは……」

億康「それは?」

マミ「技名っていうか……必殺技、みたいな……」

億康「………………ブフッ!」

マミ「!?」

仗助「(お、おい!億康てめー!何いきなり吹き出してんだよーーーっ)」

億康「(だ、だってよ~~~!『必殺技』の『技名』だぜェ~~~~~ッ!?
    小学校卒業と同時におさらばだろーがよォ~~~そーいうのはよぉーーーー!)」

仗助「(確かにそーかもしンねーけどよォ。
   でもよォ~~。オレたちだって『スタンド名』持ってんじゃあねーかよ)」



100VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:42:52.84 ID:ZjXw9WKVo
億康「(それとこれとは話が別だろーがよぉ~~~~っ!
   おめー、敵スタンド使いをボコボコに殴りまくって変形させたりするよなァ?
   アレに名前付けたりするか?しねーだろォ?そーいうことだよーーーっ!)」

仗助「(そりゃあそーだが、もしかしたらよぉ。
   『魔法少女』の世界じゃあそれが普通なのかもしンねーぜェ~~?
   だとすりゃあよォ~~。笑っちまうのは良くねーだろぉ?
   向こうからすりゃあ『スタンド名』もそんな感じかもしれねーしよォ~~)」

億康「(!お、おォ……そーか。オレたちとは考え方が違うかもしンねーんだよなァ)」

マミ「あの……?」

億康「いやあ~~ワリーワリー。『魔法少女』ってのはみんな『技名』付けんだな~~~。
   初めて知ったからちっと驚いちまってよぉ~~~~」

マミ「あ、いえ……。みんなと言うわけじゃ……」

仗助「……エ?じ、じゃあまさか、おめーだけ……?」

マミ「少なくとも私が知ってる子は誰も……」

億康「ブホッ!」

マミ「!?」



104VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 20:55:55.75 ID:ZjXw9WKVo
仗助「(ば、馬鹿!我慢しろってんだよおめーはよォ~~~~~!)」

億康「(ム、ムリだッ!もうオレ、笑い抑える自信ねーよォ~~~~っ!)

仗助「(堪えろ億康ッ!じ、じゃねーとよぉ……なんかオレまで……つ、つられそうに……)」

マミ「あ、あの……2人とも、どうかしましたか?」

億康「ぷっ、くくッ……はひっ……」

仗助「クッ……ぶふっ……ヒッ……」

マミ「??……?」

康一「必殺技かぁ~~っ。なんかカッコイーなぁそーいうの」

仗助&億康「えっ!?」

マミ「!本当ですかっ?」



106VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 21:04:55.61 ID:ZjXw9WKVo
マミ「必殺技のこと、なかなか分かってくれる人が居なくて……。
   ふふっ……そう言ってもらえて、とても嬉しいです」

康一「えっ、そうなの?カッコイーと思うけどなァ~~。みんなはそう思わないのかなぁ~~~?」

仗助(こ……康一のやつ、マジかよぉ~~~……)

億康(確かに見た目はちょいとガキっぽいけどよォー……ま、まさかこれ程とは思わなかったぜ~~っ)

康一「そうだ!ボクも何か『技名』考えてみようかな~~~」

億康「いっ!?こ、康一ぃ~~~!それは別にやらんでも良いんじゃあねーかぁ~~~~?」

仗助「そ……そうだぜ康一ィ~~~。別に必要ないと思うぜェーーー?
   おめーにはよぉー。もう立派な『エコーズ』ってのがあるじゃあねーかよォ~~~~。
   しかも『ACT1』から『ACT3』まで分かれてるしよぉ~~!」

康一「え~~?でも『エコーズ』はスタンド名でしょー?」

億康「ほ、ほれ!『ACT3』にゃあ『3FREEZE』なんて『能力名』まで付いてるだろォ~~~?
   それだけでもう十分じゃあねーか!それ以上を望むってのは贅沢ってモンだぜぇ~~?」

マミ「……?」



109VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 21:14:57.03 ID:ZjXw9WKVo
康一「それとこれとはまた別問題のような……」

億康「(アホタレッ!オレたちはおめーのためを思って言ってるんだぜェ~~~ッ!)」

仗助「(一旦落ち着いてよく考えてよォ~~。
   ホントーに『技名』が必要なのかどーか、後でじっくり考えようぜ、なっ?)」

康一「……?う、うん。わかったよ……」

QB「ところで、これからお互いのことについて色々話し合う必要があるんじゃないのかい?」

億康「おっ、そーだったぜ!(『必殺技』のおかげでスッカリ忘れちまってたよ~~)
   つーかよォ仗助おめーよぉーーー。
   なんでこいつがスタンドのこと知らねーって分かったんだァ?」

仗助「ああ……オレたちがリボンで縛られた時によ~~……
   オレの『クレイジーダイヤモンド』とおめーの『ザ・ハンド』は縛られなかっただろ?
   しかもまるで無警戒だったしよぉー。ンなこと、スタンド使いならまずあり得ねー。
   1人がスタンド使いなら残り2人もスタンド使いだってよォ。普通そう考えるだろ?」

億康「へえーーーーなるほどねェ」

仗助(おめー以上の馬鹿ってのも考えられねー……ってのは言うのやめとこう)

マミ「え、えっと……。それじゃ、立ち話もなんですし……場所を移しましょうか」



111VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 21:24:41.45 ID:ZjXw9WKVo



マミ「――この説明で、大体理解していただけましたか?」

康一「な……なぁーーるほど~~……」

億康「オレぁよー、魔法少女だなんだっつーのはよォー。
   オンナ子どもが見るテレビ番組みてーなのを思い浮かべてたんだが……。(必殺技も考えてるしよぉー)
   さっきは悪かったな、ふざけてるなんて怒鳴っちまってよォ」

マミ「あ、いえ……。突然あんなことを言われても、すぐに信じられることの方が珍しいですから」

仗助「…………」

康一「……仗助くんどーしたの?さっきからずっと黙っちゃってさ」

仗助「いや……1つ気になってな。ソウルジェムが完全に濁っちまったら、
   そんときゃ一体どーなるんだろうなァ~~ってよぉ」

QB「もしそうなると、魔法少女は魔法を使えなくなる。
  だから出来る限り、穢れを浄化し続ける必要があるのさ」

仗助「……なるほどねェ」



113VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 21:32:37.50 ID:ZjXw9WKVo
QB「それよりマミ、君にスタンドのことを説明しておかないといけないよね」

マミ「えぇ……。その、魔法とはやっぱり違うものなの?」

QB「そうだね、魔法少女の持つ力とは少し違う。でも、よく似ているんだよ。
  スタンドは本体の精神力と大きく関わってる。
  そして魔法も、上手く扱えるかどうかは精神状態によって大きく左右される。
  魔法の性質自体も、契約した時の精神状態……つまり祈りによって決定されるしね。
  似ているからこそ魔法少女はスタンドを見ることが出来るし、魔法も通用するんだ。
  スタンド使いが僕の姿を見ることができるのも、同じ理由からだろうね」

マミ「本体の精神力と……。つまり、扱う人が弱れば、スタンドの力も弱くなってしまうということ?」

康一「それだけじゃあないよ。スタンドが負ったダメージは、そのまま本体にも伝わっちゃうんだ」

マミ「あっ……そういうことだったのね。
  キュゥべえが広瀬さんのスタンドで攻撃された後のみんなの言動は……」

QB「もし僕がマミのスタンドだったなら、マミも重くなってたはずだということさ」

マミ「……重くなるって、あんまり考えたくないわね」



114VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 21:45:01.18 ID:ZjXw9WKVo
仗助「魔法とスタンドが似てると言やァよぉー。マミの魔法、康一の『ACT3』も縛ってたよなァ?
   スタンドに攻撃できるのはスタンドだけのはずなのによォ~~」

康一「だよね。そー考えてみると、本当によく似てるよねェー。魔法とスタンドってさ」

億康「キュゥべえが魔法少女の力を生み出すってのもよォーー。
   なんとなぁ~~く『矢』がスタンド使いを生み出すのに似てるよーな気がするよなァ~~~」

康一「あはは……そー言うとあんまり良い印象がないなあ~~」

マミ「『矢』がスタンド使いを……?」

億康「スタンドってのはよォー。生まれつきのモンとそうじゃあねーモンが居るのよ。
   生まれつきじゃあねー奴ってのは『矢』にぶち抜かれて運が良けりゃースタンド使いになれるのさ。
   康一はまさにそいつってわけだなァ~~」

康一「死ぬかと思ったよ……あの時はホントーに……」

億康「わ、悪かったって康一ぃ~~~~。もう許してくれただろォ~~~?」

康一「さぁーーどうかなぁ~~~~?」

億康「は、反省してんだからよぉ~~マジでよォ~~~~」



115VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/03/05(火) 21:48:33.82 ID:P4zBEGvk0
バイツァダスト(負けて死ね)



118VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 22:08:25.92 ID:ZjXw9WKVo
マミ「あ、あの……?『矢』に刺されて、『運が良ければ』って……それってもしかして……」

仗助「ああ……スタンドの才能が無い奴ぁーよォ。そのまま死んじまうぜ」

マミ「そんな……。そ、それじゃあ、キュゥべえとは全然違うわよね!
  だってこの子との契約は死ぬことなんてないし、願い事を叶えてくれるんだから……」

億康「ま、それもそーだナ。『矢』なんかよりずっと良心的だぜェ~~~」

仗助「…………」

QB「ところで、どうして君たちはこの町に来たんだい?」

マミ「あ、そう……私も聞こうと思ってたの。その制服、見滝原の学校じゃないはずですけど……」

億康「そうだ、せっかくだしよォーー。こいつらにも手伝ってもらおうぜ~~?なっ!仗助、康一ぃ?
   この町に住んでる奴が協力してくれりゃあよォ~~。色々やりやすいんじゃあねーの?」



121VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 22:18:50.69 ID:ZjXw9WKVo
康一「そうだね!もしかしたら、『時を止めるスタンド使い』じゃあなくて
   『時を止める魔法少女』の可能性だってあるんだし。
   承太郎さんの話じゃあ、目撃されたのは『少女』だったんでしょ?」

マミ「『時を止める少女』?」

康一「うん。ボクたち、そいつを見付けるためにここに来たんだ」

マミ「時を止める魔法……私は聞いたことがないわね。キュゥべえ、知ってる?」

QB「いや、今まで契約した子のことは全員覚えてるけど、
  少なくとも今この町にはそんな魔法を持った子は居ないはずだよ」

マミ「それじゃあやっぱり、その人はスタンド使い……ということかしら」

QB「そう考えるのが一番自然だろうね。この近辺にスタンド使いが居るなんて情報はないけれど、
  それでも魔法少女よりは可能性が高いよ」

マミ「そう……。でも、どうしてそのスタンド使いを探してるんですか?」



123VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 22:34:00.58 ID:ZjXw9WKVo
億康「最初はよォ。人に頼まれてちーっと調べるだけのつもりだったんだが……
   今日康一がそいつにやられかけてよォ~~。
   そんで、見つけ出して一発ぶん殴ってやろーってなァ~~~」

マミ「や、やられかけたって……大丈夫なんですか?」

康一「うん。ギリギリで仗助くんが治してくれたからね~。
   あっ、仗助くんのスタンドは『治す』スタンドなんだよーーっ」

マミ「す……『スタンド』にも、色々あるんですね……。
   ……それじゃあ、その『時を止めるスタンド使い』について調べれば良いんですね?」

康一「あっ、でも危ないからあんまり無茶なことはしなくて良いからねッ?
   もし何かわかったことがあったら、ここに連絡して。怪しい奴にはくれぐれも気を付けてねっ」

マミ「あ、はい……。えっと……」

康一「うん、ボクたちはそろそろ帰ることにするよ。
あんまり遅くなってかあさんに心配かけちゃっても悪いしねーー」

億康「そンじゃっ、気ー付けろよォ?そのスタンド使いが『敵』であることに間違いはねーんだからよォーー」



124VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/05(火) 22:35:48.75 ID:+Zb8KPW+0
マミさんやさやかが原作以上にほむらを敵視する未来が見えたよ



125VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 22:45:24.37 ID:ZjXw9WKVo



康一「この町に協力してくれる子が居てくれて良かったね。
   それにしてもビックリだったよねぇーー。魔法少女なんてさぁ~~~」

億康「マジでそーだよなッ!スタンド以外にもあんな能力があったなんてよォ~~~!」

仗助「…………」

億康「なァ仗助~~~。おめーどーしちまったんだ?さっきからよぉーーー。
   なんかよォ、ずいぶんと無口なんじゃあねーかぁ~~~~?」

仗助「いや……なんでもねー。ちっとばかし気になることがあってよォーー」

康一「?気になることって?」

仗助「口じゃあ上手く説明できねーんだけどよー。なァーーんか引っかかンだよなぁ~~~。
   何が引っかかってんのか自分でもよくわかんねーんだけどよォ~~~。
   『忘れモンしたような気がするのに何を忘れたのか分からねー』みたいなモヤモヤする感覚でよぉ~~~」

億康「!……ハハァ~~ン。仗助よぉーーー……。
   オレわかっちゃったもんね~~~!おめーが何を気にしてるのかよォ~~~~っ」



128VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 22:54:10.93 ID:ZjXw9WKVo
仗助「なに~~~っ?オレでもわかんねーのにおめーにわかったってのかよッ!」

億康「あったりめ~よォーー。こー見えてもオレ、結構良いィ~~勘してんだぜぇ~~?」

康一「えーっ、なになに!もったいぶらないで教えてよ億康くん~~!」

億康「へへっ……ズバリよぉ~~~」

仗助「……ごくり」

億康「仗助ェ!おめー、マミの胸が気になって仕方ねェーんだな~~~~ッ!?」

仗助「む……ムネだあああああ~~~~~~~!?」

康一「お、億康くん。ムネって言うと……」

億康「『胸』だ『胸』ッ!『オッパイ』に決まってんだろーがよぉーーーっ」

仗助「お、おめーなァ~~~~~……」



132VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 23:03:30.46 ID:ZjXw9WKVo
億康「なっ、なっ?アタリだろォ~~~~?」

仗助「億康よォ……おめーそんなんだから女にモテねーんじゃあねェのか?」

億康「なっ……なにぃ~~~~~っ?どおぉーーいう意味だ!コラッ!」

仗助「胸ばっか見てたのはおめーの方だろーがよォーーー」

億康「てめーは見てなかったってーのかよッ!康一は見てただろォ~~~っ!?」

康一「えっ!?や、やめてよ!ボクだって見てないッ!億康くんだけだよーーっ!
   っていうか、大声でそーいう会話するのやめてよ~~っ!周りに人もいるんだからさぁ~~~っ」

   「…………」

億康「ムッ!なんだァあのオンナぁ~~~?オイてめーっ見てんじゃあねぇッ!イジめるぞコラァ!」

仗助「お、おい……おめーはすぐそーやってよぉーー……」



134VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/05(火) 23:12:27.09 ID:ZjXw9WKVo
仗助「お~~~~い!ワリーな、このアホタレがよォ~~~~~!
   できればこいつの目の届かねートコまで、
   もーちっと離れてくれりゃあ助かるんだけどよぉ~~~~~っ」

   「…………」

康一「ホッ……。良かった……行ってくれたみたいだね。も~~億康くん~~~?
   そーやってすぐ人に絡むのやめてよねェーー?しかも女の子相手にさぁ~~~」

億康「けっ!だってよォーー。おめーらも見ただろ?あいつのツマンナそ~~~な目をよぉ~~~。
   あの目はぜってーオレらのこと見下してたぜェーー。
   『馬鹿が馬鹿やってやがる』ってよォ~~~~!」

仗助「おめー、自分の欠点を自覚してんのはスバラシーことだとは思うけどよぉ~~。
   ちょいと『被害妄想気味』なんじゃあねーのかァ?」

康一「そーそー。仗助くんの言う通りだよっ」

億康「ム……おめーらがそこまで言うんならそーいうことにしといてやるけどよォ~~……」



146VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 17:02:03.01 ID:zaNT9XWQo
マミ宅

マミ「今日はすごい1日だったわ……。まさかお互い未知の力同士が出会うなんて、そんなこともあるものね」

QB「まあ、お互いの存在を知らなかったのも無理はないよ。
  スタンド使いの数はそう多いわけじゃないし、魔法少女もほとんどの場合は正体を隠して活動しているからね。
  スタンド使いが結界に飲み込まれるなんてことも、滅多に起こることじゃない」

マミ「スタンド使いって、そんなに珍しいものなの?
   あの3人を見ると同じ学校に通ってるみたいだったけど……」

QB「彼らの住む町の場合は例外だよ。例の『矢』の事件があったからね」

マミ「そう……まあ良いわ。それより今は『時を止めるスタンド使い』ね……。
  本当にそんなのが見滝原に居るのかしら」

QB「どうだろうね。魔法少女と違って、スタンド使いに関しては僕も全ては把握しきれない。
  スタンド能力も、『矢』によるもの以外はいつ発現するか分からないし」



147VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 17:11:31.62 ID:zaNT9XWQo
マミ「そう言えば、虹村さんは『敵に違いない』って言ってたけど……
  どうしてスタンド使い同士が戦うことになるの?
  魔法少女と違って魔女を倒す必要もないんだから、縄張り争いっていうのは考えられないし……」

QB「そうだね……例えば、もし一般に言う『悪人』がスタンド能力に目覚めてしまった場合。
  彼はそのスタンドをどう使うと思う?」

マミ「……そういうこと。
  スタンドを使って好き勝手にするには、他のスタンド使いは邪魔というわけね。
  東方さんたちは悪い人じゃなさそうだから、そういう人たちの存在は特に都合が悪いでしょうね」

QB「『自分が自由に行動する場を守るため』という意味では、縄張り意識と同じようなものとも言えるね」

マミ「いずれにしろ……悪人かも知れないスタンド使いが近くに居るっていうのは、
   あんまり気分の良いことじゃないわね……」



148VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/03/06(水) 17:18:54.42 ID:EOt1P4rM0
今、ふと思ったが億泰って杏子の過去を聞いたら泣きそうだなwwww
まあ、そこが億泰のいいところなんだけどね



149VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 17:20:45.54 ID:zaNT9XWQo
QB「気持ちは理解できるけど、ただ君はあまり無闇に動くべきじゃないかも知れないよ。
  『時を止める』なんて力を不意打ちに使われなんかすれば、相手に気付く暇もなくやられてしまうだろうし」

マミ「でも、何もしないなんて……」

QB「スタンド使いについては僕が少し調べてみるよ」

マミ「えっ?」

QB「向こうが魔法少女のことを知っているかどうかは分からないけど、
  自分以外にも『力』を持った人間が居ると知ったら危害を加えてくる可能性もないわけじゃない。
  そんな事態は僕も出来る限り避けたいから、早めに手を打っておく必要があるしね」

マミ「……大丈夫なの?もしキュゥべえが狙われたりなんかしたら……」

QB「大丈夫さ。十分注意して調査するから、マミは心配しないで」

マミ「そう……ありがとう、キュゥべえ。それじゃあ、お願いしても良い?」

QB「うん、任せてくれ」



150VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 17:30:36.02 ID:zaNT9XWQo
風見野

杏子「『時を止める力』ぁ?」

QB「そう。何か心当たりはないかな」

杏子「それって魔法少女ってことだよね?あんたも知らない魔法少女が居るってことかい?」

QB「それが、魔法少女とも限らないんだ」

杏子「はあ?何それ、どういうことよ?」

QB「杏子、君は『スタンド』という能力を聞いたことはないかい?」

杏子「スタンド……なんだそりゃ?
   電気スタンドとかガソリンスタンド……とは違うんだよねえ?」

QB「やっぱり知らないようだね。
  それじゃあ、まずは『スタンド』について簡単に説明しておくよ」



154VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 17:40:33.27 ID:zaNT9XWQo



杏子「――へえ……。まさか魔法以外にもそんな力があったなんてね。
  まあ魔法なんてもんがある以上、別に驚きはしないが……」

QB「理解が早くて助かるよ」

杏子「それで?この近くに『時を止める』スタンド使いが居るっての?」

QB「可能性の話だけどね」

杏子「ふーん……。残念だけど、あたしはそんなのには覚えがないね」

QB「そうか。じゃあ、今後何かあれば教えてくれるかい?」

杏子「何かあればね」

QB「ありがとう。君もその『スタンド使い』にはくれぐれも気を付けるようにしてくれ。
  それじゃ、僕はそろそろ行くとするよ。じゃあね、杏子」

杏子「…………」

『スタンド使い』……ねえ。
そんなのが見滝原に来たなんて、さすがにちっと気になるが……。

杏子「……ま、あたしにゃ関係ないか」



165VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 20:44:41.00 ID:zaNT9XWQo
数日後

和子「はい、それじゃ!今日はみなさんに転校生を紹介します!暁美さん、いらっしゃい?」

ほむら「……暁美ほむらです。よろしくお願いします」

先日の、結界の外で見た使い魔……。
あれ以降は、もう結界の外で使い魔を見るなんてことはなかった。
だけど、気になることはある。

今日まで、まどかの周辺でキュゥべえを見ていない。
それは良いことのはずなのに……
イレギュラーが1つ起こったせいでどうしても気になってしまう。
あの時の使い魔と、何か関係があるかもしれない……そう考えてしまう。

……一応、何かあった時のために
すぐ対処できるようにはしておいた方が良いかもしれないわね。



166VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 20:52:47.92 ID:zaNT9XWQo



女生徒A「ねえねえ、暁美さんって……暁美さん?」

ほむら「……ごめんなさい。少し緊張しすぎたみたいで気分が……。
    保健室に行かせてもらえるかしら」

女生徒B「あっ、だったら私が連れて行ってあげるよ!」

女生徒C「じゃあ私も!」

ほむら「いえ、係の人にお願いしますから。お構いなく」

まどか「……へっ?」

ほむら「鹿目まどかさん……あなたがこのクラスの保健係よね?
    保健室に連れて行って欲しいのだけど、お願いできる?」

まどか「あ、えっと……う、うん。良いよ」



167VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 20:59:30.69 ID:zaNT9XWQo



まどか「えっと……暁美さん?」

ほむら「ほむらで良いわ」

まどか「ほむら……ちゃん?」

ほむら「何かしら」

まどか「わたしが保健係だって、どうして……?」

ほむら「早乙女先生から聞いたの」

まどか「あっ、そうなんだ……」

ほむら「……鹿目さん」

まどか「う、うん。なに?」

ほむら「もし良かったら……今日一緒に下校してもらえない?」



168VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:06:33.43 ID:zaNT9XWQo
まどか「へっ?えっと……」

ほむら「駄目かしら」

まどか「う、ううん!駄目じゃないよっ!えっと……他の友達も一緒だけど、良いかな?」

ほむら「構わないわ」

まどか「じゃあ、その……他の子にもそうやって伝えておくねっ」

ほむら「ええ、ありがとう」

……これで良い。
これなら今後、予想もつかないようなイレギュラーがまどかに起こったりしても対処しやすい。
今回は、この子とある程度親しくなっておくようにしましょう。
何も起こらなければそれが一番良いのだけど……。



169VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:14:09.57 ID:zaNT9XWQo



さやか「おっ、帰ってきた。おかえりーまどか」

まどか「うん、ただいまー。あのね、さやかちゃん、仁美ちゃん。
    ちょっとお願いっていうか、話があるんだけど……今日の放課後って、寄り道したりする?」

仁美「?私は特に用事もないので、寄り道しても構いませんけど……」

さやか「何?どっか寄りたいとこでもあるわけ?」

まどか「あ、ううん。そうじゃなくて……今日ね、ほむらちゃんと一緒に帰ることになったの」

さやか「へっ?ほむらちゃんって……転校生の?暁美ほむらさん?」

仁美「まあ、まどかさんってば、あの短い間に暁美さんと親しくなられたんですの?」

まどか「そう、なのかな?よく分かんないけど……
    でも、ほむらちゃんの方から『一緒に帰ろう』って」



170VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:22:16.35 ID:zaNT9XWQo
さやか「へー。第一印象からとてもじゃないけど想像できないなぁ。
    まどかぁ、あんたあの子に気に入られちゃったみたいだね!
    まー確かにあんたって親しみやすそうだしねー。あははっ!」

まどか「そ、そうかな?」

仁美「はっ!もしかして一目惚れ……」

さやか「いや、そこまでは言ってないけどさ」

まどか「えっと、それで……」

さやか「あーごめんごめん。一緒に帰るって話ね。良いよ、もちろん!
    転校生と仲良くできるってんなら文句なんか無いしね!」

仁美「ええ。私も大歓迎ですわ」

まどか「そっか、良かったぁ。えへへっ、放課後が楽しみだね」



171VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:32:49.54 ID:zaNT9XWQo
放課後

さやか「いやー、まさか転校生の方から直々にお声がかかるなんてねえ!」

ほむら「ごめんなさい、突然一緒に帰ろうだなんて言い出して」

仁美「いえ、少し意外でしたけど大歓迎ですわ!とても嬉しいです」

まどか「えっとね、今日はみんなで近くの喫茶店に行こうと思ってるんだ。それでも良いかな?」

ほむら「ええ、構わないわ」

仁美「良かったぁ。デザートの美味しい、良いお店ですのよ?」

さやか「よし、そうと決まれば早速行こー!案内したげるよっ!」

ほむら「ありがとう、楽しみね」



173VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:40:40.31 ID:zaNT9XWQo



まどか「あっ、わたしの家こっちだから。じゃあねほむらちゃん、また明日ね!」

ほむら「ええ、さようなら」

結局……今日もキュゥべえは姿を現さなかった。
これはやっぱり、まどかの存在にまだ気付いていないということ?
……それならそれで良い。
どうせならこのままずっと気付かずに居てくれれば良いんだけど……
流石にそれは楽観的過ぎるわね。

取り敢えず、今日はこのまま魔女退治に行きましょう。
グリーフシードのストックも欲しいし。

……そう言えば、まだ巴さんに会っていないわね。
出来れば数日以内に、折を見てこちらから接触しに行った方が良いかも知れない。
彼女にも何かイレギュラーが起こっていないかどうか、確認しておく必要もあるでしょうし。
杞憂で済めば良いのだけど……。



174VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:47:55.38 ID:zaNT9XWQo
翌日

億康「て……『転校生』だとォ~~~~?」

仗助「ああ……。昨日よォ、マミの通ってる中学校に『転校生』が来たらしーンだよ」

億康「エッ!ち、中学校?」

仗助「?それがどーかしたかよ」

億康「い、いやッ。な、なんでもねーよォーーーっ。
   (まさかあのナイスバディで中坊だったとはなぁ~~)」

康一「……それで、その『転校生』が……
   『時を止めるスタンド使い』かもしれない……っていうことだよね」

仗助「そーだな。ちーっとタイミングが良すぎっからよォ。
   気にし過ぎってこたぁねーと思うぜェ~~」



175VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 21:56:13.18 ID:zaNT9XWQo
億康「で、でもだとすりゃあよォーーー。マミのやつが危ねーんじゃあねーのかァ?
   『敵』が転校してきたなんてよォ~~~~!」

仗助「今ンとこは心配ねーだろうぜ。
   向こうもマミのことは知らねーはずだし、マミにも散々忠告しておいたからよォ。
   ただまあ……早めに詳しく話を聞いておいた方が良いことにゃあ変わりねーけどな」

康一「できれば承太郎さんにも手伝って欲しいんだけどなぁ~~~」

仗助「そりゃあオレもそー思うけどよォ。どーやらかなり忙しいみてェなんだよなぁ~~~。
   ま……あの人に頼ってばっかってのもアレだしよぉ~~~。
   ここは承太郎さん抜きで、いっちょやってみよーぜェ」

康一「そうか……うん、そうだね。それじゃあ、早速見滝原に行こう!」

億康「おう、それが良いぜっ!マミのことも心配だしなァ~~~っ」



176VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:03:13.36 ID:zaNT9XWQo
見滝原

億康「……つってもよォーー。マミは今学校なんだよなァ~~?」

仗助「かと言ってそれまで何もしねーってわけにゃあ行かねーだろ~~~?
   あいつの学校が終わるまでよォーー。オレたちでやれることをやっとこーぜェ」

康一「じゃあ、今日の夕方くらいまではボクたちだけで……」

QB「やあ。やっぱり来てくれたね」

康一「わァッ!?な、なんだキュゥべえかぁ。びっくりさせないでよ、もおーー」

仗助「…………」

億康「キュゥべえよォ~~~。おめー何か分かったりしてねーのかァ?」

QB「残念だけど、まだ何も情報は入ってないよ。僕も調べてはいるんだけどね」

仗助「ふぅ~~ん……。おめーも案外役に立たねーのな~~」

億康「おいおい……そんなハッキリ言うこたぁーねーだろうがよォ~~~」



177VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:10:46.55 ID:zaNT9XWQo
仗助「……こいつならよぉ。壁すり抜けたりとかしてよォ~~。
  もっと色んなこと調べられるんじゃあねーかって思ってよォーーー」

QB「そう簡単にはいかないよ。元々手がかりなんて無いに等しいんだから、仕方ないじゃないか」

康一「そーだよ仗助くん。キュゥべえだって頑張ってくれてるんだからさ~~」

仗助「……ああ、そーだな。悪かったよ」

QB「気にしてないよ。それはそうと、君たちはこれから見滝原で例のスタンド使いについて調べるつもりかい?」

億康「おう、そのつもりだぜェ」

QB「なら、今日はこの町の調査は君たちに任せても良いかな。僕は周辺の町を少し調べて回るよ」

仗助「やけに積極的に協力してくれンだなァおめーよぉーー」

QB「魔法少女に被害が及ぶ可能性がある以上、放っては置けないからね」

仗助「へェ……そーかい」

QB「それじゃ、僕はもう行くよ。何かあれば報告しよう、お互いにね」



178VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:19:51.88 ID:zaNT9XWQo
見滝原中学、放課後

さやか「いや~っ、今日もよく勉強したなーっと!」

仁美「ふふっ……それじゃ、帰りましょうか。えっと、今日も確か……」

まどか「うんっ。昨日の続きで、ほむらちゃんのために町を案内するんだよね!」

さやか「そーそー。というわけで……おーいほむらー!帰るよー!」

ほむら「……ええ。今日は、どこを案内してくれるのかしら」

まどか「今日は公園だよ。噴水なんかが綺麗で、散歩したら気持ち良いんだー」

ほむら「そう……それは楽しみだわ」

さやか「よしっ!それじゃあ公園にしゅっぱ~つ!」



179VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:27:27.66 ID:zaNT9XWQo
公園

さやか「あたしさー、実はこの公園、こうやってのんびり歩いたりしたことあんまりないんだよねー」

まどか「えっ、そうなの?」

仁美「まどかさんはここでお散歩したりするんですの?」

まどか「うん。休みの日なんかは、家族で来たりするんだ」

さやか「へー、なんか良いね、そういうの。たっくんが居るからっていうのもあるかも知れないけど」

まどか「ほむらちゃんが前居たとこには、こういう公園ってあった?」

ほむら「公園はあったけれど……この公園ほど大きくもなかったし綺麗でもなかったわ」

さやか「そーかそーか!それなら存分に堪能してくれたまえ~?」

まどか「あははっ、なんでさやかちゃんが自慢……ん?」

仁美「まどかさん……?どうかしましたの?」



180VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:35:13.76 ID:zaNT9XWQo
まどか「あ、ううん……ちょっと、あそこの人たちが気になって……」

さやか「え?うわっ、ガラ悪いなあ~……。まさに不良って感じ。見滝原にもあんなの居たんだ……」

仁美「高校生、でしょうか……?な、なんだか少し、怖いですわね」

ほむら「……!」

あの人たちは……間違いない、一週間前にも見た3人組。
何を持って……新聞に、雑誌?
それも、あんなにたくさん……。
何かを調べている……?
でも一体、何を……。

さやか「良いみんな?今からあの不良たちの近く通るけど、素通りだよ素通り!
    目が合って因縁つけられたりなんかしたら困るからね!」

まどか「う、うん……」



183VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:46:53.03 ID:zaNT9XWQo



億康「オレぁよぉ~~~こーいう文字ばっか見てると頭イタくなってくるんだよなァ~~~」

仗助「…………」

億康「新聞とか雑誌とかよォ~~~普段全然読まねーンだしよぉ~~~~」

康一「…………」

億康「チェッ。よくおめーらそんなに集中して読めるよなァ~~~。
   え~っとなになにィーーー?××党議員、不正……あっダメだッ!
   議員とかそーいう文字見るだけでよォ~~~頭がフットーしそうだよお~~~っ」

仗助「うるせええーーーッ!黙って読めっつゥーんだよおおコラあああッ!
   オレだって慣れねーモン無理して読んでんだからよおおおーーーーッ!」

康一「でもなかなか見付からないねえーー……。どれもフツーの事件っていうかさぁ~~。
   スタンド使いが関係ありそーな事件じゃあないんだよねェ~~~」



186VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/06(水) 22:53:37.40 ID:uo6aeUsWo
会話の再現度高いな。脳内再生が余裕すぎる



187VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 22:56:36.25 ID:zaNT9XWQo



まどか「……よ、良かったぁ。話しかけられたりしないか、ちょっとドキドキしちゃったよぉ……」

仁美「それにしても、何をしてらしたのかしら?あんなにたくさんの新聞や雑誌を読んで……」

さやか「『なんたら使い』の事件がどうこうとか言ってたけど……。
    学校で調べモノの課題でも出されたんじゃないの?社会の授業か何かでさ。
    不良にしちゃー真面目って感じもするけど」

ほむら「…………」

『スタンド使い』……確かにそう聞こえた。
彼らはその『スタンド使い』という何かに関係している?

……流石に気にしすぎかしら。
美樹さんの言うとおり、課題で調べものをしているだけの学生という可能性だって十分あるのだし……。
イレギュラーのおかげで、少し神経質になりすぎているのかも知れない。



189VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:04:23.45 ID:zaNT9XWQo
さやか「さて、そんじゃー公園案内の続きを……」

   「うえぇえええ~~~ん!」

さやか「っ!?こ、子どもの泣き声?」

仁美「さっき私たちが来た方向から……あっ!あそこですわ!」

   「パパぁ~~~!どこぉ~~~~!えぇえ~~~~ん!」

ほむら「……あの子、もしかして……」

まどか「た……タツヤ!?どうして……も、もしかしてパパとの散歩にはぐれて……!」

さやか「!ま、まどか!たっくん、さっきの不良のとこに歩いてくよ!」

まどか「う、嘘……!」



191VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:11:53.56 ID:zaNT9XWQo
タツヤ「パパぁ~~~!パパぁあ~~~!うえぇええ~~~~ん!」

億康「ン……?なんだありゃあ」

仗助「『父親』を探してるみてーだなァ。迷子じゃあねーのか?」

康一「そーみたいだね……大丈夫かなぁ」

タツヤ「うええぇええ~~~~ん!あうっ!」

康一「あっ!コケた!」

タツヤ「うっ……うわあぁああああん!いたいよぉおお~~~!パぁパぁああああ~~~~~!」

仗助「……お~~~いボーズ。怪我したのかァ?どーれちょっと見せてみなよ」

タツヤ「うえぇえええ……。……?……?」

仗助「ほれ、なんでもねーだろォ?怪我なんかしてねーよぉ~~~」



192VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:18:41.30 ID:zaNT9XWQo
タツヤ「……ありがと、おにいちゃ!」

仗助「もうコケたりしねーように気ー付けろよ~~~?
   それからよォ~~おまえも男なら簡単に泣いたりすんじゃあねーぞ?次からはよー」

タツヤ「うん!なかない!」

まどか「た、タツヤ!大丈夫!?」

仗助「ン?」

タツヤ「あっ、ねっちゃー!」

康一「アレっ。きみ、その子のお姉ちゃん?」

まどか「は、はい……」

億康「姉ちゃんよォ~~~。弟から簡単に目ェ離すモンじゃあねーぜェ~~~~?
   ワリー奴らになんかされちまったら大変だろぉーーーー?」

まどか「っ……!ご、ごめんなさい!ごめんなさい……!」



195VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:25:50.15 ID:zaNT9XWQo
さやか「まどか!あ、あんたいきなり走り出して……!」

仁美「ま、まどかさん、大丈夫ですの?」

まどか「あっ……みんな……!」

ほむら「っ……」

億康「ンン?なんだァ~~~?」

さやか「…………!」

億康「……?」

さやか「…………」

億康「……オイ仗助ェ~~。なんでオレたち、こんな睨まれてんだァ~~~……?」

仗助「そりゃあおめー……ガラ悪いからだろ。それにさっきのおめーはよォ。
   どーみてもそこの姉ちゃんに絡んでるよーにしか見えなかったぜぇ~~?」

億康「な、なにィ~~~~っ?」



203>>200 死にたい[saga]:2013/03/06(水) 23:40:53.39 ID:zaNT9XWQo
億泰「オイおめーら!そりゃあ誤解ってモンだぜぇーーーーっ!オレらは別によぉーーーっ!」

まどか「ひっ……!」

康一「も、もぉ~~!億泰くんはちょっと静かにしててよぉーーー!
   余計に怖がらせちゃうじゃあないかぁ~~~~!」

仗助「ワリーな、ビビらせちまってよーー。
   まっ、オレらがなンもしてねーしするつもりもねーってのは本当だからよォ。
   安心して弟連れて散歩の続きでもしてくれて良いぜ~~~」

さやか「……みんな、行こっ!」

まどか「う、うん……」

タツヤ「おにいちゃ、ありがと!ばいばーい!」

まどか「えっ?『ありがと』って……えっと、この子に、何か?」

仗助「さっき言っただろ?なンもしてねーってなァ。
   そんじゃッ、オレらはもう行くからよーー」



205VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:47:15.20 ID:zaNT9XWQo
億泰「おめーらももう行きな。親父さんも心配してるだろーしよォ~~~~」

まどか「あっ、そ、そっか!パパとはぐれたんだよね、タツヤ!」

仁美「でしたら、早くお父様を見付けてさしあげないと……」

さやか「なんか立場が逆なのが変な感じするけど……早い方が良いよねっ」

ほむら「…………」

仗助「ン……?なんだ?まだ何かあンのかよ?」

ほむら「……いえ……」

さやか「ほらっ!何してんのほむら、早く行くよ!」

ほむら「……ええ、ごめんなさい。今行くわ」

仗助「……?」



206VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/06(水) 23:53:43.26 ID:zaNT9XWQo
ほむら「…………」

彼らは……あの様子を見ると、悪い人間じゃないのかもしれない。
だけど、間違いない。
彼らもまた、例の『使い魔』と同じくらい……いや、それ以上のイレギュラー……!

まどかの弟……タツヤくんがコケた時、あの子は間違いなく怪我をしていた。
なのに、あの一番背の高い彼が触れた瞬間、その怪我が治った……。
それだけじゃない、一瞬……本当に一瞬だけど、あの子に触れる瞬間……
彼の手から、もう1つ『手』が現れた……!

あまりに一瞬過ぎて他のみんなは『気付かなかった』のか、
それとも『見えていなかった』のか、それは分からない。
でも、怪我を治したのはきっと、あの『手』の力に違いない……!

そんなことが出来るのは、魔法少女以外にあり得ない。
でも、どう考えても彼は魔法少女なんかじゃない。

まさか……魔法以外にも、不思議な『力』が存在するということ……?



211VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/07(木) 00:00:35.64 ID:AITVkPN3o
あの『力』は何か魔法と関係がある……?
そう考えると……彼らの言ってた『スタンド使い』という言葉が更に気になってくる。
『魔法使い』のような……そんなニュアンスにも聞こえてくる。

一瞬で怪我を治す不思議な『力』、もう1つの『手』……。
あの人以外の2人は、彼の『力』について知ってる……?
それともまさか、同じような『力』を持っている……?
もしかして『スタンド使い』とは、その『力』を持っている人間のこと……?

……わからない……。

とにかく、彼らのことを少し探らないと……

知久「タツヤぁーーーー!どこだぁーーータツヤぁーーーーーッ!」

まどか「あっ、パパ!」

知久「タツヤ!それに、まどか!?どうして……?」



212VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/07(木) 00:08:18.26 ID:AITVkPN3o
まどか「みんなで公園歩いてたらね、偶然見付けたんだ」

知久「そうか……ありがとう。見つかって本当に良かった……。
   こら、タツヤ?もう勝手に居なくなったりしちゃ駄目だぞっ?」

タツヤ「ごめんなさぁい」

仁美「でも……案外すぐに見付かって良かったですわね」

さやか「うん!これで一件落着、だね!」

……ちょうど良かった。
これで気兼ねなく彼らの後を追える。

ほむら「ごめんなさい……大切な用事を思い出してしまって。先に失礼するわ」

まどか「えっ?ほ、ほむらちゃん?」

さやか「そんな急に……って、行っちゃったよ」

仁美「そんなに大切なご用事だったのでしょうか……?」



213VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/07(木) 00:10:58.94 ID:AITVkPN3o
今日はこのくらいにしておきます。
億泰の字間違えてすみませんでした。

あと、所用により次の更新は日曜か月曜の夜になります。



267VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 21:15:33.76 ID:fDCRDlCco



億泰「しかしよォーー。あんだけ調べたのに結局見付からなかったよなぁ~~~。
   スタンドと関係ありそーな事件がよぉ~~~」

仗助「まー敵も馬鹿じゃねーってことなンだろーなァ」

康一「マミさんからの情報で何かわかれば良いんだけどなぁ~~……」

QB「今からマミのところに行くのかい?」

康一「うわア!?だからさぁ~~!急に出てくるのやめっててばぁ~~~」

QB「ところで、今日1日調査の方はどうだったんだい?
  何か新しくわかったことはあったのなら聞かせて欲しいんだけど」

仗助「残念だが何もねーよ」

億泰「おめーの方はどーだったんだァーー?この辺りの町を調べたんだよなぁ?」

QB「こっちも残念だけど、例のスタンド使いに関する情報は何も得られなかったよ」



268VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 21:26:15.07 ID:fDCRDlCco
億泰「ウヘエ~~マジかよぉ~~~」

QB「流石にこんなに短い期間じゃそう簡単には見付からないよ。
  僕だって、本来の役目を忘れるわけにもいかないからね」

仗助「『本来の役目』ねェ~~……。おめーはそっちの方が大切なんだもんな」

康一「それで、キュゥべえは今からどーするの?一緒にマミさんのところに行く?」

QB「いや、やめておくよ。スタンド使いとは別の件で少し気になる子たちが居てね。
  この後、もう少しその子たちの様子を見るつもりなんだ」

億泰「それってよぉ~~。『魔法少女』の素質アリ!ってことかァ?」

QB「そういうことだね。それじゃ、そろそろその子のところに行くとするよ。
  マミとの会話で何か新しい情報が得られることを祈ってるからね」

康一「ウン。じゃあねーーキュゥべえ~~~」



269VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 21:38:23.96 ID:fDCRDlCco



ほむら「っ……」

見間違いでも聞き間違いでもない。
今彼らは間違いなく……キュゥべえと、会話をしていた……!

まさか魔法少女以外にもあいつの姿が見えるなんて……。
あいつの姿が見えるということは、やっぱりあの『力』は魔法と関係がある……?
しかもキュゥべえだけじゃなく、巴さんとも関わりがあるみたいだった。
巴さんとは一体、どういう関係なの……?

あの『力』は魔法と同じもの?
それともよく似た別のもの……?

それにキュゥべえのことが見えていたのは、怪我を治した彼だけじゃない。
他の2人もだった。
ということは、3人ともがあの不思議な『力』を持っているということ……?



270VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 21:47:12.59 ID:fDCRDlCco
彼らの『力』は一体何なの?
彼らはキュゥべえとどういう関係なの?
あいつと契約してあの『力』を得たの?
彼らの目的は何なの?
私の敵なの?味方なの?

っ……どうする……。
このまま後を追えば、巴さんとの会話で何か分かることがあるかも知れない。

この機を逃せば、彼らに気付かれずに素性を探ることはかなり難しくなる。
こんな何も分からない状態で彼らに直接接触するのはあまりに危険。
巴さんに訊くのも……彼らとの関係が分からない以上、不安がある。
だけど今彼らを追えば、きっと何か得るものはあるはず。

でも、ダメだ……。
さっきのキュゥべえの発言から考えて、あいつがまどかの存在に気付いてしまったと考えて間違いない。
もうキュゥべえは居なくなってしまった。
早く行かないと、まどかに接触されてしまう。

……仕方ない。
彼らのことを探るのは、一旦諦めよう。
まどかのことが最優先だ。
今からなら、キュゥべえより先にまどかの家に着ける。
先回りして、見張っていよう。



271VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 21:58:53.28 ID:fDCRDlCco



億泰「オッ!居たぜェーーっ。よォーーマミぃ~~~」

マミ「あっ……こんにちは。東方さん、広瀬さん、虹村さん。
  ごめんなさい、わざわざこっちまで来てもらったりして……」

康一「手伝ってもらってるのはこっちなんだし、トーゼンだよ~~」

仗助「まっ、どっちにしろ今日はこっちでイロイロ調べる予定だったんだしなァ~~~。
   それより、さっそく話を聞かせてくれよ。『転校生』についてよぉーーー」

マミ「はい。私も今日、自分なりにその子について調べてみたんですけど……。
  転校してくる一週間前くらいまで、病院に入院してたみたいなんです」

億泰「入院ン~~~~?」

康一「それって怪我?病気?」

マミ「心臓の病気で、かなり長い間入院してたそうです」

仗助「『心臓の病気』か……。『矢』とは関係なさそーだな」



272VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:06:22.44 ID:fDCRDlCco
マミ「はい、その病気は『原因不明』なんかじゃないと思いますし……。
  多分『病気』自体は『スタンド能力』には関係ないんじゃないかと……」

億泰「それで?他には何か分かったことはネーの?そいつの名前とかよォ~~~」

マミ「あっ、そうでした。その子の名前は、『暁美ほむら』というらしいです」

康一「へ~~。ちょっと変わった名前だね。
   苗字みたいな名前っていうか、名前みたいな苗字っていうか……ン?」

仗助「『暁美ほむら』……?」

億泰「?どーしたよおめーら?」

康一「待てよ……その名前、何か聞き覚えがあるぞ……」

仗助「おめーもか康一……。オレもだよ、確かに聞き覚えがあるぜ……。
  『暁美ほむら』……『暁美』……『ほむら』…………アッ!?」

康一「そ……そうかッ!お、思い出したぞ!」

億泰「なっ、なんだよォ~~~!何を思い出したんだよぉ~~~~~っ?」



273VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:14:33.57 ID:fDCRDlCco
マミ「な、何か心当たりがあるんですか?」

康一「今日公園で会った『あの子』ッ!
   最後まで残っていた『あの子』が確かに!『ほむら』と呼ばれていたッ!」

億泰「え!?そ……そー言えばそーだったぜェ~~~ッ!
   あんときゃあ『ほむら』って苗字かと思っていたがよォ!
   そーだ!確かあいつらの制服、マミのやつとおんなじじゃあねーかッ!
   つーこたァよぉ……アイツが例の『転校生』ってことかァ~~~~!?」

マミ「あ、会ったんですか?『暁美ほむら』さんと……!?」

仗助「ま、待て!もしアイツが本当に『暁美ほむら』で、しかも『スタンド使い』だとすりゃあ……。
   『クレイジー・ダイヤモンド』を見られたかもしンねーってことだぜ~~~ッ!?
   オレがあの子どもの傷を治した時によォーーっ!」

康一「ということは……か、彼女が敵スタンド使いなら、ボクたちを放っておくはずがない……。
   ま、まさか!あとをつけられているんじゃあないのかッ!?」



275VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:23:44.13 ID:fDCRDlCco
億泰「な、何ぃ~~~~!?ど、どこだ!どこに居やがるッ!?」

康一「ッ…………!」

マミ「み……見滝原中の制服を着ている人は居ませんね……」

仗助「あ、ああ……。どーやら、アイツは近くには居ないみてーだな……」

康一「ホッ……。よ、良かったああ~~~」

億泰「つ、つけられてねーってこたぁよォ~~……。
   『クレイジー・ダイヤモンド』は見られなかった、ってことかァ……?」

康一「多分、そーいうことじゃあないかな……。だって、もし『見られていた』とすれば……
   この前の『エコーズ』への容赦のない攻撃から考えて、ボクたちのことを放っておくはずがない!
   『邪魔者』を抹殺しようと付け狙うはずだ……!」

仗助「だがよぉ……『疑い』くらいは持たれたかもしンねーなァ……」

康一「う……『疑い』?それってどーいう……」

マミ「あ、あの……ごめんなさい。ちょっと話が分からないんですけど……。
  今日ここに来る前に『何があった』のか、教えてもらえませんか……?」

康一「あっ。そ、そうか、ゴメンゴメン。説明するよ」



276VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/11(月) 22:24:00.85 ID:D7jX6ksoo
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



282VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:33:41.42 ID:fDCRDlCco



マミ「――そんなことが……。それで、その『ほむら』と呼ばれた子の反応が
  少し気になった……ということですね?」

仗助「ああ……他の奴らはみんな行っちまったのに1人だけ残ってよぉ~~……。
   ジッとオレのことを見てやがったんだよ。友達の1人に呼ばれてすぐ行っちまったけどよォ」

康一「つまりあの子は、『クレイジー・ダイヤモンド』は見えていなかったとしても
   『怪我が一瞬で治った』のは見ていたかもしれない……そーいうこと?」

仗助「しかも重要なのは、『オレを見ていた』っつーことだぜェ。
   『オレを見ていた』ってこたぁよォ~~。『オレが怪我を治した』って、そー考えてるってことだろォ?
   もしアイツがスタンドのことも何も知らねー一般人ってンならよォーーー。
   怪我が治ったのを『見間違い』と思うのがフツーじゃあねーのか?」

康一「た、確かに。『怪我が一瞬で治る』なんてことより、
   『自分の見間違い』と考える方がどー考えても現実的だ……!」

億泰「ムズカシイ話はよくわかんねーけどよォ~~~。
   結局アイツはスタンド使いってことで良いのか~~~~?」

仗助「アイツの反応を見ると多分そーだろォなあってことだよ。
   で、『クレイジー・ダイヤモンド』を見られてなかったとしても、
   オレたちに多少の『疑い』はかかった可能性がたけーってことだぜ……」



284VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:44:41.76 ID:fDCRDlCco
康一「でも、だとするとだよ?
   どうしてその子がボクたちを『放っておいている』んだろう……?」

仗助「それがわかんねーんだよなァ~~~。
   本当にアイツが例のスタンド使いならよォーーー。
   康一の言う通り、『スタンド使い』の疑いがある奴を放っておくわきゃあねーンだけどよォーーー」

マミ「…………」

仗助「ン?どーしたマミ?何か言いたそうな顔してよー」

マミ「あの……もしかしたらなんですけど……。その子が東方さんをジッと見てたのは、
  怪我や『スタンド』とは関係ない……ということは考えられないでしょうか……?」

康一「?『スタンド』と関係ないって、その子が『魔法少女』ってこと?」

億泰「でもよォーー。キュゥべえは『魔法少女』のことは全員知ってんだろ~~?
   そのキュゥべえが『時を止める魔法少女は居ない』って言ったんだしよ~~~」

マミ「あ、いえ。キュゥべえの言葉を疑うんじゃなくて……。
  えっと……東方さんの『頭を見ていた』……ということは?」

康一&億泰「えっ!?」

仗助「……どーいう意味だ、そりゃあ?」



288VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 22:54:37.94 ID:fDCRDlCco
マミ「え?その……東方さんの髪型って、あまり見ない珍しい髪形だから……」

康一「……!」

億泰「……!」

仗助「……まっ、確かによォ~~。そーそーあるヘアースタイルじゃあねェよなーー」

康一&億泰(セッ……セエエエエ~~~~~~フッ!)

康一(あ、危ない!もしマミさんが少しでも何か『けなす』ような言葉を口にしていれば、
   また仗助くんが逆上してしまうところだった!)

億泰(め、『珍しい』なんてのは誉めてるようにも聞こえるからなァ~~~。
   そいつがラッキーだったぜぇ~~~~っ)

仗助「でもよォ~~~~。アレはそんな感じの目じゃあなかったぜ?
   視線もオレの頭じゃあなくて顔に向いてたしよォ~~~~」



293VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 23:03:36.25 ID:fDCRDlCco
マミ「そうですか……。じゃあ、やっぱりよく分かりませんね……。
  『東方さんを見ていた』ことからは『暁美ほむらさんはスタンド使い』と考えられる。
  だけど、『東方さんを放っておいている』ことからは、そうは考えられない……。
  つまり結局その子がスタンド使いなのかそうじゃないのかは、はっきりしないということに……」

仗助「まあ、『放っておく』理由ってーのがあるかもしンねーけどよーー。
   それもあくまで『可能性』でしかねーンだしなァ~~~」

康一「よく考えたら……『ほむら』っていうのも『暁美ほむら』じゃあないかも知れないんだ。
   『穂村』っていう苗字かも知れない……そう考えることだってできるんだよね……」

億泰「そ、そんじゃあよぉ~~~。結局なンにもわからねーってことかよォ~~~~?」

仗助「イヤ、そーとは言えねーぜ。少なくとも1人、『要注意人物』は見付かったわけだしよォーー。
   顔がハッキリしただけでも収穫ってモンだろ?」

億泰「あ~~~言われてみりゃあそーだな。
   あの女に会ったら気を付けりゃあイーってことだもんな~~~」

マミ「ごめんなさい……私が暁美さんの顔の特徴でも調べられていれば……」

康一「いーよいーよ!気にしないで!
   マミさんが名前を調べてくれてたおかげで、ボクたちもピンと来たわけだしさぁ~~!」



294VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 23:14:29.22 ID:fDCRDlCco
マミ「キュゥべえが手伝ってくれればもう少し分かることもあると思うんだけど……」

億泰「!その通りじゃあねーかッ!あいつなら壁すり抜けたりよォ~~!
   もっとイロイロわかんじゃあねーかよーーーっ!」

康一「キュゥべえにはまだ、彼女のことは話してないの?」

マミ「はい……。話そうとは思ってるんですけど、昨日からキュゥべえ、帰ってきてなくて。
  頑張って調べてくれてるのは良いんだけど……」

仗助「……そーでもねェみてーだけどな~~。
   今はどっちかっつーと『魔法少女』の勧誘をガンバってるみてーだぜ~~~?」

マミ「えっ!そ、そうなんですか?まあでも……それが本来の仕事ですものね」

仗助「まーどっちにしてもよォーー。オレはあいつに何かやれることがあるとは思えねーけどなァ~~」

康一「?どーして?キュゥべえならイロイロ調べられそうだけど……」

仗助「だってよ~~~。あいつ、見た目がまるっきり『スタンド』だろ?
   もし『暁美ほむら』がスタンド使いなら、たぶん見付かった瞬間にやられちまうぜェ?
   康一の『エコーズ』みてーによぉ~~~」



295VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 23:21:44.19 ID:fDCRDlCco
マミ「そ、それは……。確かに、その通りかも知れませんね……」

億泰「ああ……流石にそりゃあ危ねーなァ……」

康一「じゃあ、キュゥべえに単独で調べてもらうっていうのはやめた方が良いかもね……」

マミ「そう、ですね……。次に会った時に、キュゥべえにそう言っておきます」

仗助「それが良いぜ。そンで、どーだ?今日話すことはこんくらいかァ?」

億泰「ン~~~。まっ、そーじゃあねーの?ンじゃあよー、オレたちはそろそろ行くとすっか~~~」

康一「ホテルで宿泊かぁ~~~。不謹慎かも知れないけど、
   こーいうのって初めてだからちょっとワクワクしちゃうなぁ~~~」

マミ「え?今日はこっちに泊まるんですか?」

仗助「まーな~~。どーせ明日も学校は休みだしよォーーー。
   いちいち杜王町と往復するってのもメンドーだと思ってなァ」



296VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 23:32:37.35 ID:fDCRDlCco
マミ「あの……それはちょっと、危ないんじゃ……?
  暁美さんがスタンド使いと仮定して……彼女が今この近くに居なくても、
  同じ町のホテルに泊まるのはやっぱり……」

仗助「あーー、それなら心配いらねーぜ。泊まるのは隣町のホテルだからよ~~~。
   まっ、理由は安かったからなんだけどなァ~~~」

マミ「あ、そうですか……。隣町なら……まあ、大丈夫ですよね。きっと」

仗助「つーワケでよーー。何かあったらこのホテルに連絡頼むぜ~~~」

マミ「あっ、えっと……」

仗助「?どーかしたかぁ?」

マミ「その……その町にも多分、魔法少女が居ると思うので……。
  多分何も問題はないと思うんですけど、一応そのことは頭に入れておいた方が良いかな、と」

億泰「オウ!大体町に1人くらいは居るんだろ?もーイチイチ驚かねーからよォ~~~」

康一「それじゃあ、また明日~~っ。マミさんも一応気を付けてねーー」

マミ「はい……ありがとうございます」



297VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/11(月) 23:43:37.05 ID:fDCRDlCco



ほむら「…………」

どういうこと……?
まどかの家の近くでもうそれなりの時間を待っているはずなのに、キュゥべえが一向に姿を現さない。
『これから向かう』と言っていたのだから、もうとっくに来ていないとおかしいはず。

……あいつは確かに『素質のある子たちを見付けた』と、そう言った。
でも、ここに姿を現さない。
それはつまり……まどかのことじゃなかったということになる。

じゃあもしかして、美樹さん?
でも、『子たち』ということは、複数人居るはず。
美樹さんと、誰……?
それともまさか、まどかとも美樹さんとも関係ない、まったく別の誰か?

そう言えば……彼らとの会話の中で、『この辺りの町を調べていた』と言っていた。
それじゃあ、あいつが見付けたという魔法少女候補は、見滝原の子じゃない……?

だとすると、完全に私の杞憂だったということになる。
キュゥべえはまだ、まどかに気付いていない。
こんなことなら、あのまま彼らの後を追っていれば……。

……今更そんなことを言っても仕方ないわね。
まだ気付かれていないのは良いことなんだから、素直に安心しておきましょう。



320VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 17:42:50.02 ID:FAws2WDPo
マミ宅

QB「ただいま、マミ」

マミ「キュゥべえ!おかえりなさい。魔法少女の勧誘はどう?捗ってる?」

QB「どうして君がそのことを……ああ、彼らに聞いたのかい?
  まあ、勧誘とは言ってもまだ接触はしていないけどね。様子を見ていただけだよ。
  それより、東方仗助たちとの会話で何か収穫はあったかい?」

マミ「ええ。本当は昨日話したかったんだけど……。実はね、昨日、見滝原中に転校生が来たの」

QB「転校生?……そうか、その子が例の『スタンド使い』であるかもしれない。そういうことだね」

マミ「そういうこと。それでね、今日東方さんたちがその子らしい人物に会ったみたいなの。
  転校生の名前は『暁美ほむら』っていうんだけど、
  東方さんたちが会った子も『ほむら』って呼ばれてたらしくて」

QB「なるほどね……。それじゃあ、僕もその『暁美ほむら』について調べてみるよ。
  その子の外見の特徴か何かはわかるかい?」



321VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 17:52:59.45 ID:FAws2WDPo
マミ「あ、でも……キュゥべえが単独で調べるのは危ないわ。
  もし暁美さんが『スタンド使い』だったとすれば、見付かった時点であなたは……」

QB「心配してくれてるのかい?」

マミ「もちろんよ、友達だもの」

QB「……そうか。君の言いたいことは分かったよ。でも外見上の特徴は教えて欲しいな。
  見かけた時に注意するためにも、それを把握しておくのは必要だろう?」

マミ「そうね……えっと、身長は私とあまり変わらないくらいで、黒くて長い髪だったらしいわ。
  それから、整った顔立ちで、カチューシャをしていたみたい」

QB「わかった。なら、その子を見かけたら注意することにするよ」

マミ「うん……。それじゃ、そろそろご飯にしましょうか。ちょうど準備も出来たところだったのよ?」

QB「本当かい?ありがとう、いただくよ」



322VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 18:03:25.34 ID:FAws2WDPo



仗助「オイ億泰~~。おめーさっきからよぉーー。なァにキョロキョロしてんだよ~~~~?」

億泰「決まってんじゃあねーか!『暁美ほむら』の奴が近くに居ねーか警戒してんだぜッ!オレぁよーーー!」

康一「だ、だったらなおさら『キョロキョロする』のはやめた方が良いんじゃあないかなぁ~~。
   そんなことしてたら余計怪しいっていうか、目立つっていうかさぁ~~~」

仗助「それによォーーー。見滝原出るまでにもーどんだけ警戒したと思ってんだァ?
   結局怪しい奴の気配のケの字もなかったじゃあねーか。
   あんまり気ィ張りすぎても無駄に疲れちまうぜェーーーー?」

億泰「で、でもよぉ~~~~!」

仗助「今まで何回か人気のねートコも通ったけどなンにもなかっただろ~~~~?
   もしアイツが後をつけてたンなら、オレたちはとっくに襲われてるだろーぜ」

億泰「そ……そーか?そーだよな、ウン。いやあ~~安心したぜェ~~~~」

仗助(……極端っつーか単純ヤローだなホントによーー)

仗助「まっ、それはそーと……そろそろ着くはずなんだが……ン?」



323VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 18:15:06.14 ID:FAws2WDPo
康一「?仗助くん、何見て……あ、あれは……子ども?」

億泰「なンだぁあ~~~?なんでこんな時間に1人で歩いてんだァ~~~?」

康一「流石にちょっと気になるなぁ……ネェ、きみーーっ」

  「……!」

康一「こんな時間に1人で何してるの?お父さんやお母さんは?」

  「……わかんない」

億泰「お、おいおい~~~。まさか『また』迷子だって言うんじゃあねーだろォなぁ~~~~?」

仗助「1日に2回も迷子に会うかよフツー?まさかこれが『スタンド攻撃』だったりして!
   なんつってなァ~~~~~っ」

億泰「な、何いッ!?『スタンド攻撃』だああ~~~~~ッ!?」

仗助「い、いや……ジョーダンだよ。何も本気にするこたぁねーだろーがよーー……」



324VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 18:26:11.71 ID:FAws2WDPo
  「『スタンド攻撃』……?」

仗助「あーイヤイヤ、なんでもねーよ。それよりよ~~。
   おまえ、自分の家がどこかとかわかんねーのかァ?」

  「わかんない……遠くから来たの」

康一「『遠く』って……もしかしてこの町じゃあないとか?
   だとしたらお手上げだよ~~。ボクたちはこの町ですら何にも知らないって言うのにさぁ~~……」

億泰「ここはやっぱよぉ~~。ケーサツに連れてった方が良いんじゃあねーのか?」

仗助「そーかもしンねーな。ンじゃあ、近くの交番でも探しに……」

母親「!居た、こんなところに!」

  「あ、ママ!」

億泰「オッ?なんだ良かったじゃあねーか。すぐ親が見つかって……」

母親「このバカ!じっと待ってろって言っただろうが!」

  「ひっ……ご、ごめんなさい……!」

母親「ん……?あー、ごめんね。ウチの子が迷惑かけて。それじゃ、どーも。
  ホラ、行くよ!トロトロすんじゃない!さっさと歩きな!」



325VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/12(火) 18:35:45.36 ID:FAws2WDPo
康一「な……なんか、酷いなぁ。今の、本当にあの子のお母さんだったのかな……?」

仗助「アイツ自身が『ママ』って呼んでたし、それにゃあ間違いねーんだろォが……。
   たまたま機嫌が悪かったのかどーかは知らねーがよォ……。
   どっちにしろロクな母親じゃあねーな、ありゃあ」

億泰「…………」

康一「お……億泰くん?」

億泰「……なんでもねーよ。ホレッ、さっさと行こーぜ。もーすぐなんだろ?ホテルはよォーー」

仗助「ああ……そーだな」

康一「(今……明らかに億泰くんの『顔つき』が変わってた……。
   そうか、億泰くんもお父さんとイロイロあったんだよね。それにお母さんも亡くなってるし……)」

仗助「(口にゃあ出さねーが、あーいうの見ると湧いてくるんだろーな……。
   心の底からフツフツと、説明できない『怒り』みてーなモンがよぉーーー……。
   アイツの機嫌が治るまでそっとしといてやろーぜ)」



328VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/12(火) 22:56:12.37 ID:uI5GqvgSo
億泰ってあれで涙もろかったり坊っちゃんでグルメだったりするんだよな……



329VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/13(水) 00:03:53.74 ID:wzZeSRF10
仗助のクレイジー・ダイヤモンドで恭介の腕は治せないのかな?
治せれば、さやかが契約する理由が無くなるんだが。



330VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/13(水) 00:31:17.42 ID:PdDFl8J5o
怪我が原因だから治せるだろうけどさやかはクレイジーダイヤモンドを知らないし仗助は恭介を知らないし、まだどうなるか分からない



333VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:23:04.44 ID:H1ou1OYWo
翌日、見滝原

魔女「GYYYYAAAAAAA……!」

ほむら「…………」

思ったより魔力を使ってしまった……。
きっと、集中力が足りていなかったせいだわ。
昨日のことは確かに気になるけれど、戦いには集中しないと。
グリーフシードを落としてくれたから大した問題はなかったけれど……。

……結界が解けた。
さて、今からは何をしよう。
彼らや巴さんと鉢合わせするのを避けるために、魔女退治はこのくらいにして武器の調達にでも……

QB「へえ……これは想定外だ。まさか『暁美ほむら』が『魔法少女』だったなんてね」

ほむら「っ……!?キュゥ、べえ……!」



334VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:29:36.94 ID:H1ou1OYWo
QB「まず最初に確認させてもらうよ。
  君は先日見滝原中学校に転校してきた『暁美ほむら』で間違いはないね?」

……!
私のことを、既に知っている……?
もしかして、あの高校生たちと何か関係が……。

ほむら「……ちょうど良かったわ。あなたに訊きたいことがあるの」

QB「訊きたいことがあるのは僕も同じだけど。まあ良い。先に君の質問から聞こう」

ほむら「最近、この町でよく見かける高校生の3人組……。彼らは一体何者なの?
    それから、『スタンド使い』とは何のこと?」

QB「『スタンド』という名前くらいは聞いたことがあるみたいだね。
  質問に答える前に、現時点で君がどの程度の知識を持っているのか訊いても良いかい?」

ほむら「……何も知らないわ」

QB「君の言う『高校生』については?」

ほむら「彼らは何か……魔法のような不思議な『力』を持っている。違うかしら」

QB「その『力』こそが『スタンド』だよ。
  そして、その『力』を扱える者は『スタンド使い』と呼ばれている」

ほむら「っ……!説明してちょうだい。『スタンド』と、彼らについて……」



335VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:35:29.09 ID:H1ou1OYWo



ほむら「――『時を止めるスタンド使い』を探しに、見滝原へ……」

QB「そしてマミと協力して調べるうちに、『暁美ほむら』という転校生が
  その『スタンド使い』である可能性が出てきたというわけさ。
  だけど……結果は違ったね。君は『スタンド使い』じゃなく、『魔法少女』だった」

ほむら「…………」

QB「1週間ほど前に広瀬康一の『スタンド』を攻撃したのは君だね。
  彼の『スタンド』を、『使い魔』と勘違いしたんだろう?
  つまり……君の魔法は『時を止める魔法』で間違いないかな」

っ……キュゥべえに私の魔法を知られてしまうのは、出来るだけ避けたい。
だけどここまで推測が及んでしまった以上、下手にごまかすのは逆効果だ。
余計に勘繰られて、私の正体まで知られかねない。
そうなるくらいなら、いっそ……。

ほむら「ええ……そうね。そう考えてもらって良いわ。『時間停止』。それが私の魔法よ」



336VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:42:30.12 ID:H1ou1OYWo
QB「やっぱりね。それじゃあ、彼らにもそのことを伝えておくよ。
  今はとりあえず、それが分かっただけでも収穫だ。
  でも君にはまだ訊きたいことがいくつかあるから、また会いに来るよ。じゃあね」

ほむら「待って」

QB「?まだ何か訊きたいことがあるのかい?」

ほむら「……今この町に居る魔法少女は、さっき話した巴マミだけ?」

QB「そうだね。君とマミの2人が、今見滝原に居る魔法少女だ」

ほむら「それじゃあ……魔法少女候補の子は居るの?」

QB「見滝原周辺だと、今のところ2人見付けてるよ」

ほむら「そう……ちなみに、その子たちの名前はもうわかってるのかしら」

QB「もちろんさ。1人はもしかしたら君も知ってる名前かも知れないよ。同じ学校に通っているようだし」

ほむら「……え?」

QB「『呉キリカ』。見滝原中学校に通う3年生だ。
  それからもう1人は『美国織莉子』という子だよ。この子は君の学校とは関係ないけどね」



337VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:49:25.39 ID:H1ou1OYWo
ほむら「ッ……!?」

QB「どうかしたかい?ずいぶん驚いているようだけど。やっぱり知ってる子だったのかな」

ほむら「い……いえ、なんでもないわ。
    あなたが見付けた素質のある子は、この近くだとその2人だけ……?」

QB「そうだね。君のことを調べるうちに偶然見付けた子たちだ」

ほむら「そう……」

QB「君が訊いておきたいことはこれで全部かい?」

ほむら「ええ……もう大丈夫。行ってちょうだい」

QB「そうするよ。今度会ったときはもう少し君のことについて聞かせてもらうよ。じゃあね、暁美ほむら」

ほむら「…………」

キュゥべえがまどかのことを把握しているのかどうか、それだけを確認するための質問だったのに。
まさか、こんな事実を知ることになるなんて……。



338VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/13(水) 01:57:42.03 ID:H1ou1OYWo
美国織莉子、それに呉キリカ……。
私はこの2人の名前を知っている。

いつだったか、『魔法少女狩り』なんて事件を起こした犯人。
そして……まどかを殺した張本人。

どうしてあの2人のことを今の今まで忘れてしまってたのだろう。
今回はこんなにイレギュラーが起こっているのだから、あの2人のことを思い出しても良かったはずなのに。
それとも、イレギュラーがあまりに多すぎたせいで思い浮かばなかったのか……。

……そんなことはどうでも良い。
今考えるべきことは、美国織莉子と呉キリカを『どうする』か。
まだあの2人は契約していない。
はっきり言って……今のうちに殺してしまうのが、最も確実な解決方法。

もちろん、まだ契約していない人間の命を奪うということに対して何も感じないわけではない。
だけどこのまま放っておけばかならず、あいつらはまどかを殺そうとする。
まどかを守るためなら、やるしかない……。
それしか方法がないのなら……。

……学校を調べれば、生徒の住所くらいはすぐに分かるわね。



354VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/13(水) 22:11:37.08 ID:3VS6SRPb0
面白いなー
ジョジョ勢が安易に暴れ回り過ぎないあたりすごい好き
慎重に少しずつ探り合うのってまさに4部って感じだよね



356VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/15(金) 23:10:59.14 ID:e8JxaV8f0
ワクワクするなぁづづきが見たい



357VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 20:58:50.80 ID:UJtbG3MVo
某ホテル

億泰「なっ……なにィ~~~~~ッ!?
   『スタンド使い』じゃあなくて『魔法少女』だったぁぁ~~~~~っ!?」

マミ『はい……今日キュゥべえが暁美さんに会ったみたいで……』

仗助「オイオイオイ……ちょーーっと待ちな。
   あいつ、『全ての魔法少女を把握できてる』ンじゃあなかったのかよ?」

マミ『それが、キュゥべえにも分からないらしくて。
   なんでもキュゥべえには、暁美さんと契約した覚えがないんだそうです』

康一「そ……それってホントに『魔法少女』なの?
   『魔法少女のフリをしてるスタンド使い』ってことは……」

マミ『でも、彼女は魔法少女の証であるソウルジェムを持っていたし、魔力も感じた、って』

仗助「……そーいうことなら確かに『魔法少女』で間違いなさそーだな」



358VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:08:14.83 ID:UJtbG3MVo
仗助「で……キュゥべえはそこに居ンのか?」

マミ『いえ、それが……私に暁美さんのことを話したら、すぐどこかへ行ってしまって』

仗助「……まあ、このまま電話で話してるのもナンだしよーーー。
  今からそっちに向かうぜ。すぐ行くからよ~~~~」

マミ『あ、はい……。それじゃあ、お待ちしてますね』

億泰「ったくよォ~~~。キュゥべえのヤツが『スタンド使いの可能性が高い』なんて
   言いやがるからオレたちだってそのつもりで居たのによ~~~~っ」

仗助「あいつの話もよォ。あんまし信用しすぎてもダメっつーことだな」

康一「そーだね。キュゥべえにも記憶違いがあるかも知れないしね~~~」

仗助「とりあえず、早いとこマミに会いに行こーぜ!イロイロ話すのはそっからだなぁ~~~~」



361VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:16:10.93 ID:UJtbG3MVo
見滝原

仗助「――で、もー1ペン確認するけどよ~~~~。
  『暁美ほむら』は『魔法少女』ってことで、間違いはねーンだな?」

マミ「ええ、それは間違いありません。
  電話でもお話ししましたけど、ソウルジェムと魔力が何よりの証拠ですから」

仗助「っつーこたァよーーー。康一の『エコーズ』が攻撃されたのは、
   ありゃあ『スタンド攻撃』じゃあなくて『使い魔』と間違えたってことかァ~~~?
   初めて会った時のマミみてーによ~~~~」

マミ「ええ……キュゥべえも、そのことは本人に確認したそうです。
  それに暁美さんも『スタンドとは何か』をキュゥべえに訊いてきたみたいですし」

億泰「なんだよォ~~~っ。そんじゃあよぉーーー。
   オレたちずーーっと勘違いしてたってことかァ?お互いによーーーー!
   承太郎さんも人騒がせだぜ、ったくよぉ~~~~ッ」

康一「な……なんだか拍子抜けだなぁ~~。
   ずっと『敵スタンド使い』を相手にするつもりだったからさぁ~~~」



363VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:25:39.09 ID:UJtbG3MVo
仗助「拍子抜けってのもムリはねーぜ。『スタンド使い』じゃあねェってこたぁ、
  オレたちの『敵』でもねーってことだもんなァーーー。……ン?待てよ……?」

康一「?どーしたの?」

仗助「そーいやァよ~~~。康一ぃーー、おめー暁美ほむらはもう許してやんのかァ?」

億泰「そ……そーだぜ!おめー、死に掛けたんだぜェ~~~~!?あいつのせーでよーーーーっ!」

康一「え?あっ、そーか。最初は『見つけ出して殴ってやる!』ってつもりだったんだよねえ。
   ウーーン……でも仕方ないんじゃあないかなぁ~~~。
   その子だって悪気があったワケじゃあなかったんだしさぁ~~~」

億泰「イ~ヤッ!あめーぜ康一っ!そーいうのはよォ~~~~!
   一度『ズバッ!』と言っておいた方が良いぜ~~~~ッ!」

仗助「オレもそー思うぜ~~~。理由があったにしてもよーーーー。
   おめーが死に掛けたことにゃあ変わりねーんだからよォ~~~~。
   1ペンくれーは謝ってもらったって良いんじゃあねーのか?その方がお互いスッキリするしよォ。
   まっ、オレはおめーが別に良いってんならムリにとは言わねーけどよ~~~~」

康一「え~~っと……。謝るとかそーいうのはヌキにして、もう1回会ってみたいとは思うケド……」



364VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:34:08.70 ID:UJtbG3MVo
康一「お互い勘違い同士で、挨拶くらいは……っていう感じでさ~~」

億泰「ンじゃっ!決定だなァ~~~!オレももー1ペン、あいつの面じっくり拝んでやりてーしなァ~~~」

仗助「億泰おめー、あんまムチャすんじゃあねーぞォ?
   康一本人がもー良いって言ってんだからよぉ~~~~」

マミ「…………」

康一「マミさん?どーしたの、なんだか浮かない顔みたいだけど」

マミ「あ、いえ……少し、考え事をしてて。暁美さんは、どんな魔法少女なのかな……って」

億泰「『どんな魔法少女』ォ?どーいう意味だ~~?」

康一「あっ、そうか!彼女が魔法少女だということは、
   もしかしたらマミさんの『敵』かも知れない……そーいうことでしょ?」

マミ「はい……。私たち魔法少女は、ほとんどの場合はライバル関係にありますから。
  一緒に戦えればそれが一番なんですけど、なかなかそうもいかなくて」



365VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:44:29.80 ID:UJtbG3MVo
康一「じゃあさ~~。ボクたちがちょっと訊いてみれば良いってコトだよね?」

マミ「えっ?」

康一「マミさんは会いにくいだろうし、ボクたちでさ!
   『他の魔法少女と協力して魔女退治するつもりはありませんか?』って感じで」

仗助「『魔法少女』の事情にあんま首ツッコむのも良くねー気ィするけどよォ。
   まっ、そのくらいなら良いかもな~~。『訊く』ぐれーならよォ~~~」

マミ「でも、そんな……。わざわざ申し訳ないというか……」

億泰「良いんじゃあねーの?マミにゃあイロイロ手伝ってもらった『礼』もあるしよ~~~。
   その『礼』だと思ってくれりゃあよーーー。
   よぉーーっし!そーと決まりゃあ早速行こーぜぇ~~~~」

仗助「……あのよー億泰。さっきから言おうと思ってたんだけどよ~~~」

億泰「?なんだよ仗助ェ~~」

仗助「おめーヤケに暁美ほむらに会いたがってるけどよーーー。
   会いに行くったって、『どこ』に会いに行くつもりだよ?」



366VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 21:51:42.62 ID:UJtbG3MVo
億泰「どこってそりゃあ学校だろーがよォーーーーっ」

康一「……今日は日曜日だよ……億泰くん……」

億泰「あ!」

仗助「……つーワケでよォ~~~。暁美ほむらに会うとすりゃあ明日学校が終わってからだな~~~」

億泰「チ……チクショ~~~!いくらオレでもよ~~~っ!
   曜日ぐれーわかるっつーんだよおーーッ!たまたまウッカリしてただけでよォ~~~~~~ッ!」

康一「わ、わかったよ、わかったからさぁ~~。ほら、マミさんが困ってるじゃあないか~~」

億泰「マミぃ!おめーならわかってくれるよなァ~~~!
   あんなの『買い足したばっかの食材をまた買う』くらいにありふれてるってよォ~~~っ」

マミ「そ……そうですね!曜日を間違えるなんて、確かによくある間違いですよね……!」

億泰「だろッ!?誰だってウッカリすることぐれーあるよな~~~~」

康一(さすがに日曜日を平日とは間違えないと思うけどなぁ~~~)



367VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:00:25.09 ID:UJtbG3MVo



見滝原中学校

ほむら「……これね」

個人情報だからか、思ったより厳重に管理してあったけど……やっと見付けた。
『呉キリカ』の情報……。
これで、彼女の住所がわかる。
日曜日だから人もほとんど居なかったおかげで、魔力が節約できて良かった。

彼女は今、家には居るかしら。
日曜日の昼間だと、居る可能性は……。
……考えても仕方ないわね。

とにかく……行ってみるしかない。
契約していない今が一番のチャンスなのだから、行動は早いに越したことはない。

出来れば、家に居ることを祈りましょう。



368VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:07:46.07 ID:UJtbG3MVo



ほむら「…………」

呉キリカの家はここで間違いはないはず。
だけど……何度呼び鈴を鳴らしても、誰も出ない。
……留守、ということね。

どうする……このまま呉キリカの帰りを待つ?
でも、彼女ばかりにあまり時間をかけたくないのも事実。
美国織莉子の住所も調べなければならないし、巴さんにもそろそろ接触しておきたい。
『スタンド使い』の彼らのことも気になる。

特に美国織莉子の件は優先順位が高い。
私は彼女の学校を知らないのだから、呉キリカの住所を調べた時ほど簡単には行かない。
ここから離れた場所にある可能性もあるのだし、時間もそれなりにかかる……。

……仕方ない。
今日は、呉キリカは諦めよう。
いつ帰ってくるのかも分からないのに、無駄に時間を費やすわけにはいかない。
今日のこれからの時間は、美国織莉子の住所を調べることに使おう。



369VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:15:27.89 ID:UJtbG3MVo
QB「……諦めたようだね」

キリカの家に来てみると……まさか暁美ほむらが居るなんてね。
少し意外だったよ。
美国織莉子と呉キリカに素質があると話した時の反応から考えて、
暁美ほむらは彼女たちのことを知っているんだろうと推測はしていたけれど……。
しかし、どうして彼女がキリカの家に?

考えられる理由としては……キリカの契約を阻止するためかな。
僕の話を聞いた時の反応と、このタイミング。
そう考えるのが妥当だろうね。

『町に魔法少女が増えるのは困る』
そう考えているのか、キリカを戦いに巻き込みたくないのか、もしくは別の理由か。
それはわからない。

だけど……やれやれ。
契約を邪魔されるのはこちらとしては困るな。
暁美ほむらはキリカだけでなく、織莉子の契約も阻止するつもりだと考えておいた方が良いだろう。
キリカも織莉子ももう少し様子を見ておくつもりだったけど、予定を早めた方が良いかも知れないね。

さて……そうと決まれば早速キリカを探しに行くとしよう。
一体彼女はどこへ行ってしまったのかな。



370VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:23:42.61 ID:UJtbG3MVo



マミ「えっと……明日の夕方にここで待ち合わせ、ということで良いですよね?」

仗助「おォ~~。できるだけ急いで行くからよォ~~~」

康一「それじゃあまたねっ。わざわざここまで見送りに来てくれてありがと~~」

マミ「いえ、このままついでにパトロールにも行けますから。
  それじゃ、みなさんお気を付けて。また明日、待ってますね」

億泰「おめーも魔女退治、気ィ付けてなぁ~~~~」

マミ「はい、ありがとうございます」

……そうして3人とも自分たちの町へ帰って行った。

明日の夕方、3人が来てくれて……それで夜には、分かるのよね。
暁美さんがどんな魔法少女か。
一緒に戦ってくれる子なのか、それとも……。



371VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:31:19.88 ID:UJtbG3MVo
……今考えても仕方ないことよね。

マミ「さて、パトロールしなくっちゃ……あら?」

あの子……どこかで見たこと……。
ううん、違う。
『見たことが』あるんじゃなくて、『聞いたことが』ある……。

整った顔立ちに、背丈は私と同じくらい。
黒くて長い髪、そして、カチューシャ……。
もしかして……いえ、そんなまさか……。

ほむら「……!」

っ!
目が合った……!

ほむら「…………」

こ……こっちに近付いてくる……!?



372VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:38:48.88 ID:UJtbG3MVo
ほむら「……こんにちは」

マミ「あなた……もしかして」

ほむら「初めまして、巴マミさん。私のことは知ってるみたいね」

マミ「!……暁美ほむらさんね。そっちこそ、私のことを知ってるのね」

ほむら「ええ、知ってるわ。あなたが『スタンド使い』と知り合っていることも」

マミ「……それで?わざわざ話しかけに来たってことは、何か用事があるんじゃない?」

ほむら「まあ……そうね。本当は別の用事を済ませに行くところだったのだけど。
    こうして偶然会ったのだし、せっかくだから必要なことは話しておきましょう」

マミ「必要なこと……縄張り争いに関係することかしら?」

ほむら「……私は縄張り争いなんかに興味はない。
   そんなに警戒しなくても、あなたの敵になるつもりはないわ」

マミ「……!本当に……?」

ほむら「嘘をついて騙す理由がないわ。縄張りを奪うつもりなら、とっくに奪ってる」



373VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:48:25.70 ID:UJtbG3MVo
マミ「随分と自信たっぷり……と言いたいところだけど、あなたの魔法ならそれが可能だものね……。
  それじゃあ本当に……私たちへの敵意はない、ということね?」

ほむら「理解が早くて助かるわ」

マミ「……それなら、提案があるんだけど。その……これからはチームを組まない?」

ほむら「…………」

マミ「一緒に戦った方が効率的だし、生存率も上がるでしょう?
  あなたにとっても悪くない提案だと思うんだけど……どうかしら?」

ほむら「……ええ、そうね。良いと思うわ」

マミ「っ!じゃあ……!」

ほむら「毎回一緒に行動できるわけじゃないけど、
    可能な限り魔女とは2人で戦うことにしましょう。これからよろしくね、巴さん」

マミ「……!嬉しいわ……ありがとう、暁美さん」

ほむら「お礼なんて。それじゃあ……もう良いかしら。私はそろそろ行くわね」

マミ「あっ……そうね。これから用事があったのよね。
  じゃあね、暁美さん。これからよろしくね!」



374VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:53:46.47 ID:DZDsjOEX0
ほむほむって時間停止がマミさんたちに予想されてるってこと知ってたっけ



375VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 22:54:54.10 ID:UJtbG3MVo
マミ「…………」

暁美さん、嘘はついてないはずよね?
本人の言ってた通り、私たちに危害を加えるつもりなら簡単に実行できる魔法をあの子は持ってる。
騙して取り入る必要なんてないはず。

でももちろん……キュゥべえの言ってたことが気にならないわけじゃない。
『契約した覚えがない』『極めつけのイレギュラー』……。
このことは確かに、少し気になる。

一緒に戦ってくれる仲間が増えたのはすごく嬉しいけれど……
あんまり浮かれすぎないようにしなくちゃいけないわね。
これから行動を共にしていくうちに、少しずつあの子のことを知っていきましょう。
私はまだ、暁美さんのことを何も知らないんだから。

マミ「あっ……」

そう言えば、明日東方さんたちが会いに来ること、暁美さんに言っておかないと。
でも暁美さんもう行っちゃったし、連絡先も……。
……明日学校で直接、で大丈夫よね。



376VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/16(土) 22:55:40.93 ID:deBkSQfNo
QBにばれてるから予想してるんじゃない?



377VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 23:06:05.14 ID:UJtbG3MVo



QB「……キリカ、君は何をしているんだい?」

ようやく見付けたと思ったら……何度もキョロキョロと辺りを見回して。
人を探してるのかな。

でも確か君は周りの人間にまるで興味を持っていないような態度を取っていたよね。
その君が一体誰を……

QB「ああ……なるほどね」

君が興味を持つ人物と言えば、1人しか心当たりがない。
昨日君と出会った……美国織莉子だね。
『あの時』からどうも様子が変わったと思ったけれど……。
呉キリカ、君は彼女のことをずいぶん気に入ったようだ。

……一生懸命探してるようだし、これなら勧誘もいきそうだ。
今日は暁美ほむらはキリカとの接触を諦めてくれて、余裕も少しできた。
一応もう1日待ってみよう。
早ければ、明日にでも契約できるかもしれないね。



378VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/16(土) 23:13:30.36 ID:UJtbG3MVo



ほむら「…………」

結局……今日中に美国織莉子の住所を突き止めることはできなかった。
もう少しでたどり着けそうだったのだけど……。

でも、収穫がなかったわけじゃない。
彼女の学校の場所は分かった。
住所が分からなくても、学校の近くで待っていれば美国織莉子を見付けることは可能なはず。
明日にでも、放課後を狙って美国織莉子に接触しよう。
昼間には……呉キリカに接触してみよう。

昼間に学校で、呉キリカと。
そして放課後には、美国織莉子と。
上手く行けば……明日1日で彼女たちの件は決着するかもしれない。



381VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 21:33:41.95 ID:aEY/fRk5o
翌日、杜王町

康一「え!マミさん、もうあの子と会ったってッ!?」

仗助「ああ。偶然らしーンだがよォーー。昨日オレたちが帰ったすぐ後だってよ~~~」

億泰「それで……どーだったんだよォ。暁美ほむらはどんな『魔法少女』だったんだ~~~~っ?」

仗助「マミが『共闘』を提案したらよ~~。そいつも『受けてくれた』らしーぜ~~~」

康一「ということは……『敵』じゃあないってことだよね!」

億泰「へ~~~っ。『そーいう魔法少女』は少ねーって言ってたのによぉーーー。
   マミのやつ良かったじゃあねーか、仲間ができてよォ~~~~~っ」

康一「これで『どーいう魔法少女か訊く』必要はなくなったんだし……。
   今日はそーいうことは考えずに、フツーに会いに行けば良いってことだよね!」



382VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 21:39:35.59 ID:aEY/fRk5o
康一「もう『敵』じゃあないってわかって会うんだから、
   なんだかずっと気が楽になってきたぞ~~~」

仗助「まっ、そーだな。今までは割と気ィ張ってたけどよ~~~~。
   今日は気楽に行こーぜ。康一の言ってた通り、アイサツしに行くって感じでよォーーーー」

康一「予定どーり学校が終わったら見滝原に行くとして……。
   あっちで2人で待っててくれるのかなぁ~~?」

仗助「今日学校でそーいう風に伝えておく、って言ってたぜ~~~。
   昨日はどーやら言い忘れてたらしくてよ~~~」

億泰「待ってくれるってンならだいぶラクだなーーーっ。オレぁよ~~~~。
   暁美ほむらが見付からなかったらどーしよーってちィっと心配だっただよォ~~~~」

仗助「探す手間が省けるっつー意味でもよォーーー。かなり気楽に行けンなぁ~~~」



383VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 21:48:22.46 ID:aEY/fRk5o
見滝原中学校、昼休み

さやか「さー、お昼だお昼だーっ!もうお腹ペコペコだよ~!」

まどか「ほむらちゃーん、屋上行こう?」

ほむら「……ごめんなさい。今日はちょっと、やることがあって」

まどか「えっ、そうなの……?」

仁美「少しくらいならお待ちしますわよ?」

ほむら「いえ、いつ終わるか分からないから先に食べててもらえるかしら」

さやか「そう……?んじゃ、食べながら待ってるわー。なるべく早くねー」

ほむら「ええ」

そうね……『なるべく早く』済ませたいわね。
そのために、早く行きましょう。
3年生の教室へ……。



384VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 21:57:03.99 ID:aEY/fRk5o
屋上

さやか「それがさー、もうおかしくておかしくて!」

仁美「ふふっ、さやかさんったら!」

まどか「それじゃあ、もしかしてさやかちゃん……」

マミ「ごめんなさい、少し良いかしら」

まどか「へっ?は、はい……」

さやか「?3年生の先輩……ですよね?何か用ですか?」

マミ「『暁美ほむらさん』って知らない?その子に用事があって来たんだけど。
  クラスの子に訊いたら、屋上じゃないかって言われて……」

仁美「ほむらさんなら、今はここにはいらっしゃいませんわ。何かご用事があるとかで……」



385VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:04:42.03 ID:aEY/fRk5o
マミ「まあ、そうだったの……。それじゃあ、次の休み時間にまた出直すわね。
  ごめんなさい、会話の邪魔をしちゃって」

まどか「あ、いえ……」

仁美「では、このことをほむらさんにお伝えしておきますね」

マミ「ありがとう。『巴マミ』って言えば、それで分かるはずだから」

さやか「はーい、わかりましたー」

マミ「それじゃ、よろしくね」

……残念、タイミングが悪かったわ。
まあ午後にも休憩時間はあるんだし、その時にまた来れば良いわね。
東方さんたちが来るのを伝えるだけなんだから、そんなに時間もとらないでしょうし。



386VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:11:25.52 ID:aEY/fRk5o



女生徒A「え?呉さん?」

ほむら「ええ。呼んでもらえますか?」

女生徒B「呉さん、今日学校来てたっけ?」

ほむら「え……?」

女生徒A「また休みじゃなかった?」

女生徒B「だよねえ?うん、ごめんね。呉さん、今日学校休んじゃってるんだ」

ほむら「……!あの、理由は……?」

女生徒A「さあ……体調不良とかじゃないの?
      あの子結構欠席多いからねー。あんまり元気な子でもないし、体弱いのかもね」

ほむら「そう、ですか……わかりました。ありがとうございます」

……呉キリカが休み?
よりによってこんな時に……。
でも、本当にただの体調不良……?

流石に……少し気になるわね。



387VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:17:59.39 ID:aEY/fRk5o



午後、休み時間

仁美「……ほむらさん、大丈夫でしょうか?」

まどか「体調悪いようには見えなかったけど……うぅ、わたし保健係なのに気付けなかったよ……」

さやか「いや、別にお医者さんじゃないんだからさ……。
    でも確かに心配だなぁ。っていうか、一言くらい言ってから……あっ。昼間の先輩!」

マミ「こんにちは。えっと、暁美さんは……」

まどか「それが……昼休みの間に、早退しちゃったみたいで……」

マミ「えっ?あなたたちにも告げずに……?」

仁美「はい……。余程体調がよろしくなかったのではないかと……」

さやか「もう放課後まであと少しなのに帰っちゃうくらいだもんねえ……」

マミ「……そう……。わかったわ、ありがとう。たびたびごめんね。それじゃあ、失礼するわね」

友達にも告げずに早退だなんて……何かあったのかしら……。
それに、どうしよう。
これじゃ、東方さんたちとの約束が……。



388VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:26:10.06 ID:aEY/fRk5o



――どこに居るんだろう。
あの子は、どこに居るんだろう。

昨日は丸1日かけて探し回ったけど、見付からなかった。
そして今日も学校をサボって、こうして探し回っている。

私はあの子のことを何も知らない。
ほんの2日ほど前に、たまたま出会っただけの子だ。
だけど……どうしてだろう。
どうしてこんなに、あの子のことが気になるんだろう。

……もし見付けたとして、再び出会うことができたとして。
私はそれからどうするつもりなのか……。

……私は……

QB「学校を休んでまで探し回るなんて。余程彼女のことが気になるらしいね、呉キリカ」



389VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:34:07.93 ID:aEY/fRk5o
キリカ「なっ……!?」

QB「初めまして、僕の名前はキュゥべえ!」

なんだ、これ……?
ぬいぐるみ?
ぬいぐるみが喋ってる……?
しかもこいつ、私の名前を知っている……?

QB「驚くのも無理はないけど、まずは落ち着いて欲しい。僕は君の願いを叶えるために来たんだ」

キリカ「わ……私の、願い……?」

QB「そうさ。その代わりに、魔法少女となって魔女と戦う使命を背負う。
  素質のある子とそういう契約を結ぶのが役目なんだ。そして君には、その素質がありそうだ」

契約、だって……?
そんなこといきなり言われたって……普通は信じられない。
だけど、実際に目の前に、こんな変な生き物が居て……

QB「さて、キリカ。君は今、何かを望んでいるんじゃないのかい?」



390VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/17(日) 22:35:05.96 ID:xzkGEnj1o
雲行きが例のごとく怪しくなってきた



391VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:41:53.62 ID:aEY/fRk5o
キリカ「私は……そうだ、私は、あの子を……!」

QB「あの子……それは美国織莉子のことかい?」

キリカ「み、美国織莉子?そういう名前なの……?」

QB「君は先日小銭を拾うのを手助けしてもらった少女を探しているんだろう?
  その子の名前なら、間違いなく美国織莉子だよ」

キリカ「美国、織莉子……私、その子に会いたい……!」

QB「……それが君の願いということで良いのかな?」

キリカ「……!ほ……本当なんだね……?
    本当に、キミと契約すれば、願いを叶えてくれるんだね……!?」

QB「もちろんさ。それじゃあ……覚悟が決まったのなら、もう一度はっきりと願いを口にしてごらん」



392VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 22:51:42.48 ID:aEY/fRk5o
キリカ「わ、私は……!あの子と、『美国織莉子と……』……っ」

QB「……?どうしたんだい、キリカ」

キリカ「…………」

あの子ともう一度出会って……そして私は、どうするつもりなんだ?
挨拶して?
小銭の件でもう一度お礼を言う?
それから……?

……何がしたいんだ、私は。
それに、あの子ともう一度会ったって……私のことなんか、覚えてるわけがない。
こんな私のことなんて、とっくに忘れてるに決まってる。
私のことを気に留めてくれる人なんて、誰も居ない。

キリカ「……変わりたい」

QB「…………」

キリカ「こんな自分から変わりたい。今と違う自分になりたい……!それが、私の願いだ……!」

QB「良いだろう……契約は成立だ。君の願いは間違いなく聞き届けられるよ」



393VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 23:01:56.54 ID:aEY/fRk5o



ほむら「っ……」

どこに居るの、呉キリカ……。
既に自宅には行った……でも、居なかった。
本当に体調不良で欠席したのなら自宅で休んでいるはずなのに。
ということは、彼女の欠席には何か『特別な理由』があったと考えるべき……。

嫌な予感がする……。
早く、早く彼女を見付けないと……

ほむら「っ!こんな時にっ……」

魔力反応……!
魔女の結界がすぐ近く……本当にすぐ近くにある。
……だけど……。
今回は、仕方ない……。
今はとにかく、呉キリカを優先したい。

魔女なんかに構っている暇は…………え?
……この、反応……。
よくよく感じ取ってみると、魔女の魔力だけじゃない。
もう1つの魔力反応……この結界の中では、誰か、魔法少女が戦ってる……!?



394VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 23:09:57.89 ID:aEY/fRk5o
結界内

ほむら「…………」

この町に居る魔法少女は、私と巴さんだけのはず。
でも巴さんは今は学校に居る。
今この時間にこの場所で戦える魔法少女なんて、私は知らない。
それに、この魔力自体も……。

……出来れば、違っていて欲しい。
私の考えは外れていて欲しい。
例えば杏子が見滝原に来ているだとか、もしくはまったく知らない魔法少女だとか……。
そうであって欲しい。
出来れば……

使い魔「GIIIYYYAAAAAAAAA……!」

キリカ「ほらほらホラホラ!邪魔しないでよ!急いでるんだからさ!邪魔するんなら死んじゃうよッ!」

ほむら「ッ……!」



395VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 23:18:47.96 ID:aEY/fRk5o
キリカ「ふー……。ん?あれ?あれれ?へーっ!キミ、魔法少女だね?
    意外とすぐ会えるものなんだね!実に意外だ!」

ほむら「…………」

キリカ「でもごめんね!私は急いでるんだ。キミとゆっくり話してる時間はないんだよ。
    ま、邪魔者はみんな居なくなっちゃったし、私はそろそろこの結界から出ることにするよ。
    あっ。魔女倒したかったらあとはよろしく。じゃあねっ!」

ほむら「待ちなさい」

キリカ「?何?急いでるんだけどなあ。用件があるなら早く済ましてよ」

ほむら「あなた……誰かに会いに行くつもり?」

キリカ「そうだよ、その通り。私はこれから大事な人に会いに行く」

ほむら「……美国織莉子のことかしら」

キリカ「なんだ、知ってるんじゃないか。じゃ、そういうわけだから。ばいばい!」

ほむら「…………仕方ないわね」

 カチッ



396VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 23:28:25.26 ID:aEY/fRk5o
キリカ「がっ……!?」

ほむら「両手両足を撃ち抜いたわ。抵抗しようなんて考えは起こさないことね」

キリカ「な、にを……」

ほむら「質問に答えてちょうだい。美国織莉子の家はどこにあるの?」

キリカ「……!?それを知って、どうする気だ!」

ほむら「良いから答えなさい」

キリカ「し……知らない。これから自力で探すつもりだった。
    私は織莉子のことを、まだなんにも知らない……」

ほむら「……そう。じゃあもう良いわ」

キリカ「っ……私を、殺すつもりか……!」

ほむら「ええ、殺すわ。説得してもどうせ無駄でしょうし。
    契約してしまった以上は、もう……」



397VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/17(日) 23:35:37.74 ID:aEY/fRk5o
キリカ「まさか……!織莉子のことも殺すつもり!?」

ほむら「答える必要はないわ……それじゃ、さよなら」

そう言って私は、呉キリカの頭へ向けた銃の……引き金を引いた。
……はずだった。

ほむら「っ……!?」

うそ……手に持っていたはずの銃が、消えた!?
だけど、すぐに気が付いた。
拳銃は『消えた』のではなく……『一瞬で移動した』のだと。

億泰「うおっ!?こ、こりゃあ!モノホンの銃じゃあねーかッ!?
   間一髪セーフってとこだなァ~~~ッ!マジでよォ~~~~~!」

康一「まさかマミさんのところに向かう前に……こんな現場に出くわすなんて……!」

仗助「ちぃーーっと話をよ~~~。聞かせてもらえねーっスかね~~~~~?」」



399VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/17(日) 23:39:45.38 ID:huO6UKGXo
乙。
まあこれはほむら悪者だわな。



401VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/17(日) 23:44:36.38 ID:jiyG1CA/0
乙ー
時間遡行に関しちゃ吉良の第三の爆弾を知ってるから信じられるかもだろうけど
まずほむらが他のループのことを話すわけないからなぁ…



404VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/17(日) 23:56:34.66 ID:04QgkgCBo


ほむらが目的話すわけがないし
この時間軸ではまだ未遂だし100%ほむらが悪役だわな
ただこのほむらは「漆黒の意志」が宿ってそうだww



422VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/18(月) 19:12:25.88 ID:dxY8h9b+o
つーかジョジョ的なメンタル持ってたら例え絶望しても魔女化までは行かんでしょ
みんなどこかで前向きなんだし



424VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 21:21:04.04 ID:VJp2XCzYo
ほむら「……!」

キリカ「キミたちは……」

仗助「そこの奴の怪我を治す前によ~~~。
   まず確認するが……おめー、『暁美ほむら』だよな~~~~?」

ほむら「……ええ」

康一「た……確か『縄張り争い』に興味はないんだったよね?
   それがどーして、魔法少女と戦ってるの?
   もしかして……そこの子が『縄張りを奪いに来た』とか?」

キリカ「縄張り争いだって……?違うね、私だってそんなことにまるで興味はない!
    こいつがいきなり襲い掛かってきたんだ!
    しかも私だけじゃない!こいつは更に人を殺そうとしている!」

億泰「なッ、なんだと~~~~!?あ……暁美ほむら、おめーーーっ!マジかよそりゃあ!?」

ほむら「……人殺しはこいつらよ」

キリカ「は……?」



425VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 21:30:18.51 ID:VJp2XCzYo
キリカ「人殺し……?誰が?私が?」

ほむら「あなたは覚えていないでしょうね。だけどあなたはこれから、『人殺しになる』」

億泰「な……なんだァ?どーいう意味だ!ふざけてんじゃあねーぞ!」

ほむら「ふざけてなんかいないわ。私は真実を言ってるだけ」

キリカ「真実だって?何を言ってるんだ。ワケがわからない!
    私が人を殺す?誰を!何を言ってるのかさっぱりわからない!」

康一「ど……どっちも嘘を言ってるようには見えないぞ……。
   で、でも辻褄が合わないッ!一体ボクたちは、どっちを信じれば良いんだ!?」

仗助「あのよォ……『覚えていない』が、これから『人殺しになる』……
   ってーのはどーいう意味だよ?そこんトコをよーー。
   もーちょい詳しく聞かせてくれても良いんじゃあねーのか?」

ほむら「……その必要はないわ」



428VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 21:38:19.88 ID:VJp2XCzYo
仗助「なに……?」

ほむら「ただ、『呉キリカは人を殺す』。それだけが事実。
    私はそれを知ってる。だから今ここで、呉キリカを殺すの」

億泰「お、おい……なんかよくわかんねーけどよォ~~~~……。
   オレにはジョーダンか何かにしか聞こえねーぜ~~~。
   もしかしてこいつ、結構な『プッツン』じゃあねーのかァ~~~……?」

康一「た……確かに、その子の言ってることは理解できない。
   それならまだ、そっちの倒れている子の方が……!」

仗助「『暁美ほむら』……そこの倒れてる奴はさっきよォ……。
   おめーのことを『更に人を殺そうとしている』って言ってたよな~~~?
   それも、『人殺しだから先に殺す』っつーのかよ?」

ほむら「……さあ、どうかしら。でも、『そいつも人殺しになる』ことは確かよ」

仗助「で……?なんでそー分かるんだよ」



433VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 21:47:58.75 ID:VJp2XCzYo
ほむら「…………」

億泰「てめぇ~~~!コラッ!いー加減にしろっつーんだよ!
  キッチリ説明しやがれダボがァ!ふざけてばっかいるとキレっぞ!」

ほむら「ふざけてなんかいないと言ってるでしょう。
    私から見ればあなたたちの方がふざけてるように見えるわね」

億泰「なにぃ~~~~ッ!?オレたちのどこがふざけてるっつーんだよ言ってみろコラアッ!」

康一「……!お、億泰くん!何か嫌な予感がするッ!それ以上は……」

ほむら「喋り方もだけど、その服装に髪型……とても真面目なようには見えないわ」

億泰「いッ……!?」

康一(や、やっぱり~~~~~っ!)

仗助「……誰の髪型がふざけてるって?」



434VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 21:55:49.69 ID:VJp2XCzYo
ほむら「え……?」

何……?
何か、雰囲気が……。

康一「ああっ……!ま、まずい!マミさんの時とは違う!
   あの子今確かに……仗助くんの髪型を『けなしてしまった』ッ!」

仗助「オレの髪がなんだって!?もー1ペン言ってみろッ!」

ほむら「っ……!」

近付いてくる……!
どうする、拳銃はまだある。
威嚇して止めるか、それとも……

億泰「あ、あーなったら『ヤバイ』ぜ!オイ、おめーこっちに来い!そこに居たら危ねーッ!」

キリカ「え?何……えっ!?」

ほむら「なっ!?」



438VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:04:51.99 ID:VJp2XCzYo
さっきの銃の時と同じ……呉キリカが『瞬間移動』した!
あれが、『スタンド能力』……!

仗助「余所見してんじゃあねーぞ!コラアッ!」

ほむら「っ……!」

しまった、呉キリカに気を取られている隙に、こんなに近く……!
早く時間を止め……

仗助「ドラララアアアーーーーーッ!!!」

ほむら「あぐうっ!?」

康一「やっ、やったッ!」

キリカ「す……すごいッ!なんて速さだ!」

億泰「女が相手でもカンケーねぇ……。それが『キレた』あいつの恐ろしいとこだよなァ~~……」

ほむら「ぅっ……ぐ……」

仗助「『再起不能』になってもらうぜェーーーッ!?
   時なんか止めても意味ねーくらいにはよォーーーーーッ!」



441VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:13:16.06 ID:VJp2XCzYo
康一「じ、仗助くんはまだやる気だ!どうしよう、流石に止めた方が……」

マミ「待ちなさい!」

仗助「ッ!?こ、こいつぁ……マミのリボン!?マミてめーーっ!邪魔すんじゃあねェ!」

キリカ「ま……また魔法少女だ」

康一「マミさん!どうしてここに……!」

マミ「魔力反応を辿って見付けたの……。それより、東方さん!
  説明してください!女の子の顔をあんなに、気絶するまで殴るなんて……!」

仗助「なにっ……?」

億泰「ま……マジだ!おい仗助ェ~~!あいつもう気絶してるぜェ~~~~っ」

ほむら「…………」

マミ「それからこっちの怪我をしてる子は……」

康一「そ……そうだ。仗助くん……とりあえずこの子の怪我を
   治してあげた方が良いんじゃあないかなぁ~~……」



444VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:21:27.25 ID:VJp2XCzYo



キリカ「すごい!本当に治っちゃったよ!」

マミ「『直す能力』だとは聞いてたけど……ほ、本当に一瞬で治るのね……」

キリカ「私は呉キリカ。キミたちは命の恩人だ。ありがとう。
    それとゴメン!初めて見た時、キミたちのことを馬鹿にしてた」

康一「うん、やっぱり悪い子じゃあなかったみたいだ……って、アレ?
   初めて見た時……?ついさっきじゃあないの?」

億泰「イヤ、待てよ。おめー確かどっかで……そ~~だッ!思い出したぜーーーっ!」

仗助「億泰ゥ~~。まァーたすっトボけたこと言うんじゃあねェだろーなぁ~~~?」

億泰「ヘヘッ!今回は自信あるモンねぇ~~~~!こいつぁよーーーー。
   オレたちが初めてこの町に来た時にミョ~~に見てきたあの女だぜェ~~~!」

康一「えっ……?……あっ!確かに、そー言えば!」

仗助「や……やるじゃあねーかよ億泰~~っ」



446VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:30:29.02 ID:VJp2XCzYo
マミ「えっと……みんな、もう会ったことが?」

億泰「ああ。でもよ~~。あン時とずいぶんカンジが違うっつーかよォ~~~~」

キリカ「そうだね。今の私はあの時の私じゃない。私は変わったんだ」

仗助「……それよりよーーっ。おめー、ホンットーにあいつの言ってたこと、覚えがねーンだな?」

キリカ「当然ッ!私は誰かを殺したことなんてないし、殺すつもりだってない!」

マミ「よくわからないけど、物騒な話ね……説明してもらえる?」

キリカ「そこの女がいきなり私を撃ったんだよ。
    私が人殺しだとかなんとか言って!意味がわからない!」

マミ「あ……暁美さんが?」

億泰「言ってることもワケわかんねーしよォ~~~。
   ありゃあマジでプッツンしてる人間にしか見えなかったぜ~~~~っ」

キリカ「しかも織莉子のことまで……そうだ!
    私は織莉子に会いに行かなくちゃいけないんだ!」



451VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:38:56.17 ID:VJp2XCzYo
仗助「なんだ?何か用事でもあンのかよ~~?」

キリカ「えっと、そこの……なんだっけ。そう、『暁美ほむら』。
    暁美ほむらのことは、キミたちがなんとかしてくれる?」

マミ「そうね……色々と聞きたいこともあるし」

キリカ「そうか。じゃあゴメン!私は失礼するよ!
    キミたち恩人にはいつか必ず礼をする!でも今は急ぐ用事があるんだ!それじゃ!」

マミ「あっ、ちょっと……い、行っちゃったわ」

康一「みんなは……どー思う……?あの子が『人殺し』だって……。
   正直、ボクには到底そーは思えないんだけど……」

仗助「オレもだぜ……。あんだけトートツに人殺し呼ばわりされりゃあよーー。
   図星ならトーゼン『焦り』やら『ごまかし』みてーな雰囲気が出るはずだが……
   おめーらも見ただろ?あいつの『ポカン』とした顔をよォ~~~~」

億泰「つーこたァよ~~~。やっぱ暁美ほむらが『プッツン』ってことに決まりだなァ~~~~」

マミ「とりあえず……暁美さんはリボンで縛っておきましょう。
  それからこの結界の主を倒して、ゆっくり話を聞かせてもらうということで……」

仗助「そーだな。んじゃあ、さっさと行こーぜ。訊きてーことはタップリあるしな~~~~っ」



455VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:47:16.39 ID:VJp2XCzYo



ほむら「ん……」

仗助「よお。目ェ覚めたかよ~~~~。マミがどうしてもっつーから
   顔面は治しといたからよォーーー。そこは安心して良いぜェ~~~~」

ほむら「え?っ……!これは……」

マミ「ごめんね。動きは封じさせてもらってるわ。大丈夫、暴れなければ怪我なんかしないから」

康一「いくつか……質問に答えて欲しいんだ」

ほむら「くっ……呉キリカは!?呉キリカはどこへ行ったの!?」

億泰「うるせえダボがッ!おめーは質問にだけ答えりゃあ良いんだよ!コラッ!」

仗助「ちゃっちゃっと質問させてもらうぜ~~~。
   なんでおめーはよォーーー。キリカのやつを殺そうとしたんだよ?」



457VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 22:55:36.25 ID:VJp2XCzYo
ほむら「言ったはずよ……。あの女は、これから人を殺す……!
    それをさせないために、先に殺そうとしていると……」

仗助「だからよーー……なんでそんなことがわかんのかって訊いてんだけどなァ~~~」

ほむら「…………」

康一「それを教えてくれなきゃあ、
   キミの言うことを信用するわけにはいかないんだけど……」

ほむら「……魔法で知ったのよ」

マミ「『魔法』……?あなたの魔法は『時間停止』よね?」

億泰「『時間停止』でどーやって先のことがわかるっつーんだよボケェッ!
   テキトーこいてんじゃあねーぞコラア!」

ほむら「っ……」



459VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:02:38.21 ID:VJp2XCzYo
どうする……もう『時間遡行』のことを、話してしまう……?
いえ、でも……彼らはキュゥべえと繋がっている。
あいつに私の本当の目的を知られるのは……。

でも……早く手を打たないとあいつらが……。
美国織莉子たちが、まどかを……!
どうする、どうする……!

仗助「……話す気がねーってンならよーーー。ワリーがおめーのことは信用できねーなァ。
   『再起不能』になってもらうぜ~~~~っ。二度と『悪さ』できねェよーによォ~~~~。
   まっ、今度は穏便に行かせてもらうけどなァ~~~」

ほむら「何を……えッ!?」

仗助「こいつを砕きゃあよ~~~。もう魔法も使えねーだろォーーーー?」

な、何?
彼が今、手に持っているのは……私のソウルジェム!?



462VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:10:33.09 ID:VJp2XCzYo
い……今、彼はなんと言った?
『砕く』?
何を?
な……何を、『砕く』つもりなの……?

億泰「しかしホントによ~~~。そいつを砕きゃあ魔法が使えなくなンのかよ~~~?」

マミ「ええ……そのはずです。ソウルジェムは魔力の源ですから……。きっと、もう二度と……」

康一「魔法が使えなくなるのはちょっとカワイソーだけど……」

仗助「まー、場合によっちゃあまた直してやっからよーーー。んじゃあ……」

そう言って、彼は……。
『スタンド』を出して、その拳を……

ほむら「やっ……やめて!お願い!やめてぇえッ!」

仗助「……!」



463VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/18(月) 23:10:41.44 ID:CWK9Q2q7o
バラバラにソウルジェム砕けてもクレイジーダイヤモンドなら大丈夫…かなあ?



464VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/18(月) 23:11:22.32 ID:e2J5ATSXo
さすがに一度砕けたソウルジェムは無理じゃね?



466VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/18(月) 23:12:28.96 ID:H4qpfoA6o
>>464
死人が回復できないように、砕けた『魂』だもんなぁ……



469VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:18:03.69 ID:VJp2XCzYo
ほむら「お……お願い、ダメ……。は、話すから、それだけは、や、やめて、お願い……」

マミ「あ……暁美さん?」

仗助「な、なんだァ~~……?」

康一「何か……何か様子が『変』だ。今のこの子は……酷く怯えているように見える……!
   怯え方がフツーじゃあない。まるで保健所の檻に入れられた野良猫みたいに怯えているぞッ……!
   ただ『魔法を使えなくなる』くらいで、ここまで怯えるものなのか……!?」

億泰「お……おいおい、大げさじゃあねーのか~~~~?
   ソウルジェムがブッ壊されるくらいでよーーーー。死ぬわけでもねーのによォ~~~~」

ほむら「……!」

億泰「オッ……?な……なんだよその目はよ~~~~~……」

仗助「おい、マミ……。ホントーによぉ……
   『ソウルジェム割られたら魔法が使えなくなる』のかよ……?」

マミ「そ、それは……間違ってはいないはずです。
  でも私も……実際に割れたところは見たことがないから……」



473VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:24:30.15 ID:VJp2XCzYo
仗助「……何か……あるんじゃあねーのか……?
   『魔法を使えなくなる』以外にも何か……ヤベーことがよォーー……」

康一「この子のフツーじゃない怯え方を見ると、そう思えてくる……。
   そう、例えば……。ソウルジェムを割られたら、ホントーに死んでしまうとか……」

マミ「そ、そんな……!?そんなはずはないわ……!ち、違うわよね、暁美さん?」

ほむら「ッ……」

億泰「ま……またダンマリかよォ~~~~!そ……そうだぜ!別にこっちはよーー!
   こいつに訊かねーでもキュゥべえに訊きゃあ済むことじゃあねーか!」

そう……その通り。
このまま私が黙っていたって、キュゥべえに訊かれればそれでおしまいだ。
……あいつに余計なことを吹き込まれるくらいなら……

ほむら「……あなたたちの、考えている通り……。
    私たち魔法少女はソウルジェムを割られると……死んでしまう」

マミ「え……?う、嘘……」

ほむら「嘘だと思うなら、キュゥべえに訊いてみれば良いわ……。
    あいつは……嘘だけはつかないから……」



477VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:32:12.48 ID:VJp2XCzYo
仗助「い、いや……そう嘘みてーな話でもねェと思うぜ。
   覚えてるか?『スタンドと魔法はよく似てる』っつー話をよ~~~っ」

康一「ま……まさかッ!『スタンドが死ねば本体が死ぬ』ように!
   『ソウルジェムが砕ければ魔法少女も死ぬ』!そーいうことなのかッ!?」

マミ「っ……!」

億泰「そ、そー言われりゃあよ~~~。あり得ねー話じゃあねェかもなぁ~~~……」

マミ「で……でもどうして……。そんなこと、キュゥべえは一度も……」

仗助「『隠してた』……っつーことだろーなァ」

マミ「そんな……!」

仗助「オレぁよぉー。前々からなんかウサンクセーと思ってたんだよ。キュゥべえのことはよォ~~~っ」

マミ「…………」

億泰「お……おいマミ。おめー大丈夫かよ~~~~。
   確かにちと『ショック』な話だったかもしンねーけどよぉ~~~」



480VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:39:11.64 ID:VJp2XCzYo
マミ「あ……いえ、その……。『ソウルジェムが砕ければ死ぬ』っていうのは、
  最初はショックでしたけど……。でも、『スタンド使い』のことを考えれば、
  『確かにそうかも知れないな』って……今は少し、落ち着けてます。
  ……それよりも、キュゥべえが私に隠し事をしていたということが……」

ほむら「……巴さん、覚えておいて……。あいつは、決して心を許せるような生き物じゃないのよ」

マミ「そう……ね。少し、認識を改めるわ……」

仗助「しかしよぉーーー。この調子じゃあ、
   まだまだあいつの言ってねぇ『真実』ってやつがありそーだよなァ~~~~」

億泰「ど……どーなんだァ?ほむらおめー、まだ何か知ってんじゃあねーのかーーーッ?」

ほむら「……それは……」

似た境遇の『スタンド使い』が身近に居たおかげか……
このことに関しては、巴さんはそれほど重大なショックは受けなかったみたいだ。
だけど、『魔女化』に関しては別のはず……。
ただ死ぬのと魔女になるのとじゃ、あまりに違いすぎる……!



488VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/18(月) 23:50:25.52 ID:VJp2XCzYo
仗助「……何かあンだな?何も知らねーならすぐにそー言うだろーしよォ~~」

ほむら「っ……」

マミ「何か……言えない理由があるの?」

ほむら「……ごめんなさい。今は、言えないわ……。でも、いつかは、きっと……」

億泰「け、結局言えねーのかよ~~~。
   まあ『何かある』って喋っただけでもさっきよりゃあマシだがよォ~~~」

康一「それじゃあとりあえず、この話題は離れて……もう一度訊くけどさぁ。
   キリカさんたちが『人殺し』だって言えるのはどーして?
   脅したみたいであんまり良い気分じゃあないけど……
   さっき言ってくれたよね?『話す』って……」

……みんながキュゥべえへの不信感を抱いた今なら……話しても、大丈夫かも知れない。
それにどちらにしろ……早くこの状況をなんとかしないと、まどかの命が危ないのは確か。
万が一、あいつに私の正体バレて動きにくくなったとしても……
まどかが美国織莉子たちに殺されてしまうよりはずっと……

仗助「で……どーだァ?話す気になってくれたか?」

ほむら「……キュゥべえにだけは、絶対に言わないと約束して……」



520VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/20(水) 16:56:56.27 ID:PtqJyPN8o



マミ「お……同じ時間を『繰り返している』……?」

ほむら「…………」

『信じられない』……そんな表情ね。
今まで何度も見た、この表情……。
結局……話したところで意味なんて……

仗助「グレート……!1ヶ月も『戻せる』なんてよォ~~~……。
   『キラー・クイーン』の『バイツァ・ダスト』以上ってことかよ~~~~~っ」

ほむら「え……?」

康一「『バイツァ・ダスト』が戻せるのは……1時間ほどだっけ……」

億泰「確かそーだったよなァ。『川尻早人』が言うにゃあよ~~~~」

マミ「……!もしかして……『スタンド』には似たような『能力』があるんですか?
  時間を戻すことのできる『能力』が……」



521VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/20(水) 17:06:08.11 ID:PtqJyPN8o
億泰「まーオレたちは覚えちゃあいねーんだけどよ~~~」

仗助「とにかく……だ。これでスッキリしたぜーーー。
   おめーが言ってた意味がよーやく理解できてよォーーーー」

康一「キリカさんは『覚えていない』けど、これから『人殺しになる』……。
   あれはそーいう意味だったんだね……!」

ほむら「……信じてくれるの……?」

仗助「信じるも何もよォ。それが一番『納得』できるんだしな~~~~」

マミ「……ごめんなさい。正直に言うと、さっきまであまり信じられなかったわ」

億泰「え!そーだったのかよーーっ。確かに結構オドロキの事実ではあったけどよォ~~~」

マミ「『時間を戻す魔法』なんて、今まで聞いたことがなかったから……。
  でも……そうね。もう、『聞いたことがない』なんてことは『信じない』理由にはならないのよね。
  『スタンド能力』のことも、ソウルジェムのことも、今まで『聞いたことがなかった』のだし……。
  暁美さんが何度も時を戻しているとしても、何もおかしなことはないのよね」



523VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/03/20(水) 17:15:40.72 ID:PtqJyPN8o
ほむら「……!」

まさか、『スタンド』にも時間を戻す『能力』があったなんて……。
でもそのおかげで、思っていたよりもずっと早く、私の魔法を理解してもらえた……!

ただ……当然、ここから彼らの『質問』は増えることになる。

仗助「と、すりゃあよ~~~。ここでまた疑問なんだがよぉ~~~~。
   キリカのやつが人を殺すのはなんでだァ?『理由』とか『目的』とかよ~~~」

ほむら「……『魔法少女狩り』」

マミ「えっ……?」

ほむら「呉キリカは、見滝原周辺の魔法少女を大量に襲う『魔法少女狩り』の実行犯。
    そしてそれを発案したのが恐らく……美国織莉子」

康一「じゃあ、キミが殺そうとしている『もう1人』っていうのはその、美国……。
   え?お、『織莉子』だってッ!?それって確か……」

マミ「呉さんが『会わないといけない』と言っていた人……!」






※容量の関係で、前編中編後編3つに分けました。
続き

仗助「見滝原市ィ?その町がどーかしたんスか?」【中編・長文注意】



http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362308155/


※最近コメント欄で喧嘩が多いため、見かけた場合通報フォームを利用して下さい

新規ファンや女の子達がネットの圧力を感じることなく気軽に楽しく発言できる場を目指しています
利用者が少しでも不快感を感じる流れになったら遠慮無く通報して下さい
場合によってアクセス禁止等の対応を行い時間を掛け改善していきたいです

よろしくお願いします

コメント一覧

    • 1. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月21日 23:12
    • これ前にもまとめてたよなぁ?
    • 2. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月21日 23:28
    • ジョジョカマギカは基本大長編になるよな
      プッチ神父が魔法少女にスタンド配りまくるSSは異様な長さだった…
    • 3. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月21日 23:46
    • なげーや
      ジョジョのSSって他ジャンルと混ぜるの多いな それか女性向け
    • 4. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 00:24
    • >>21まで読んで、読むのをやめた―
    • 5. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 00:38
    • とにかく仗助・億泰が一々うるさいんだけどwwwwwwwwwwwww
      面白いですよ、こいつぁ!グレート!
    • 6. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 09:34
    • ※1
      それは『岸部露伴、見滝原に行く』じゃないですかね?
    • 7. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 10:23
    • これ暇なときに一気読みしたけど面白かった
      まどマギ知らんけど
    • 8. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 17:44
    • まどマギは俺も知らないけど面白かった。
      グッド!
      読みごたえのある良SSだと思う。
      中・後編に期待している。
    • 9. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月22日 23:04
    • これ前もまとめてたよな
      まぁそれがクソ面白かったからここお気に入り登録したんだが
    • 10. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月25日 13:53
    • 億康ってずっと間違えてたのに急に億泰に直ったのは何故?
    • 11. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年06月29日 14:30
    • ※10
      レスで指摘されたから
    • 12. 名無しのジョジョ好き
    • 2015年05月27日 20:43
    • まどまぎググった程度でしか知らないけど面白いなこのSS。
    • 13. 名無しのジョジョ好き
    • 2016年05月18日 21:20
    • まどマギはざっくりしたあらすじぐらいしか知らないけど、面白い。
      知らなすぎて、ちょっと混乱するが。
      キュゥべぇが喋る度にゾワッとする。
      あと、億泰の「頭がフットーしそうだよお~~~っ」でとんでもない画像が頭に浮かんだ。
      どうしてくれる!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

 人気記事