【ジョジョSS】カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」4/4【長文注意】

110_3

449: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/30(水) 15:59:54 ID:x.u6SdYQ
ジャイロ「・・・!遅かった・・・か・・・!」

実況『ブリザードと氷の海峡!雪崩というハプニングもありましたが・・・!!』

実況『それらを越えてッ!!今ッ!!!ポコロコが1着でゴォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!』ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!

ワァァアァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア… ワアアアア…



1着 ポコロコ 100P

2着 ジョニィ・ジョースター 50P

3着 マウンテン・ティム 40P

4着 ジャイロ・ツェペリ 35P

5着 カーズ 30P


容量の問題で4つに分けてあります

【ジョジョSS】カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」1/4【長文注意】

【ジョジョSS】カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」2/4【長文注意】

【ジョジョSS】カーズ「スティール・ボール・ラン・レース?」 ジョニィ「第2部」3/4【長文注意】



450: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/30(水) 16:06:42 ID:x.u6SdYQ
1位 ジャイロ・ツェペリ 315P

2位 カーズ 290P

3位 マウンテン・ティム 280P

4位 ジョニィ・ジョースター 226P

5位 ポコロコ 225P

(東方憲助 93P)

(ホット・パンツ 173P)

(Dio 140P)


タイムボーナス
 カーズ、ジャイロ、ティム、ポコロコ、(ホット・パンツ)、(Dio) 各1時間

455: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:03:49 ID:rTnWwSd6
メラメラ… パチパチ…

ジョニィ「ジャイロ・・・何か欲しい物とかあるかい?」パチパチ…

ジャイロ「ないな。カーズが全部作ってくれてるし」

ジャイロ「ただカーズ・・・アレだな。アレアレ」

カーズ「?」

ジャイロ「このクマちゃん・・・もう少し頑丈に作ってくれるとありがたいんだが」

マウンテン・ティム「そういえば、腕が?げたって言ってたな」

カーズ「・・・貸せ」パシ!

糸「」シルシルシルシル

カーズ「」シパパパパパパッ

456: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:05:58 ID:rTnWwSd6
カーズ「ほら」ポイ

ジャイロ「おお!」パシッ

ジャイロ「サンキュー!ヘヘヘ」モフモフ

カーズ「護身用として使えるようにナイフを仕込んでおいたからな」

ジャイロ「え?なんでそんなこと・・・」

ポチッ

ジャイロ「ン?何か変なスイッチ・・・」



ナイフ「」ジャキィィインッ!!!

ジャイロ「イヒィイッ!?」

457: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:06:08 ID:6Pifs4lU
クマちゃんまでつくれんのか

458: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:12:14 ID:rTnWwSd6
ジャイロ「あ・・・焦ったぜェ~・・・危ねえ!」

カーズ「その他、缶切り・栓抜き・ドライバー・ハサミも装備してある。どんなに荒っぽく使っても20年は壊れんだろう」

ジャイロ「へ・・・ヘェェ~・・・」ヒクヒク

マウンテン・ティム「アーミーナイフってヤツか」

カーズ「ぬいぐるみに入っているから、遥かに疑われないしな」

ジャイロ「ハァァ~~・・・これじゃあ抱きかかえて寝られねーじゃあねえかッ!寝てる間に心臓にナイフが突き刺さってオダブツだぜッ!」

カーズ「安全装置も付けておくか?」

ジャイロ「ぜひそうしてくれ。危なっかしいなァ・・・」ブツブツ

ジョニィ「アーミーナイフ、僕にもくれないか?」

カーズ「よかろう」

459: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:15:21 ID:rTnWwSd6
カーズ「何かに擬態させた方がいいか?」

ジョニィ「そうだな・・・何か疑われにくい物・・・」ウーン…

マウンテン・ティム「双眼鏡はどうだ?普通の双眼鏡としても使えるようにすれば凄く便利だぞ」チャ

ジョニィ「そうだな。じゃあ双眼鏡にしよう」

マウンテン・ティム「それがいい。こうやって不審者も見つけられるからな・・・」



3人「・・・」

ジョニィ「・・・何だって?」

マウンテン・ティム「見ろ」

マウンテン・ティム「ホット・パンツだ」

460: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:19:07 ID:rTnWwSd6
バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ホット・パンツ「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ



ジャイロ「・・・あの野郎」

ジャイロ「下痢したニワトリみてーに急いでるぞ・・・あいつもうレースは関係ねえのに・・・」

ジョニィ「しかもこの僕らのキャンプにも気付いてないみたいだ。まるで何かから逃げてるみたいに急いでいる」

ジャイロ「・・・よし!追うぞッ!」バッ!

ジャイロ「アイツにはサンドマンと闘った後、『遺体』を奪われかけたしな・・・!それに、この間は肉スプレーで大統領のスタンド使いを仕向けられたッ!」

ジャイロ「恨みはとことん晴らすぜッ!!」ガンッ!!!

3人「」ガンッ!!!

461: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:22:09 ID:rTnWwSd6


ホット・パンツ「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ホット・パンツ「」シュッ



…バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

4人「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ジャイロ「どっち行きやがった!?アイツ!あんなに急いでこの町に何の様だ!?どこで何しようとしている!?オレらの追跡に気づきやがったか!?」

カーズ「それはまだだな」

カーズ「ヤツの馬がそこにいる・・・」

馬「」ブルル…

462: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:25:39 ID:rTnWwSd6
扉「」バキャァアアッ!!!

シスター「!!!」

パラ…

ジャイロ「」ジャリ…

マウンテン・ティム「」ザッ…

シスター「・・・!」

窓「」キィ…

カーズ「」バッ

ジョニィ「」バッ

シスター「!」

463: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:28:06 ID:rTnWwSd6
ジャイロ「この中に男が入って来たはずだッ!奥はどのくらい広いんだ!?」

シスター「・・・」

ジョニィ「!」

カーズ「・・・」



ジャイロ「あ・・・」

ジャイロ「いや・・・失礼シスター。オレたちの方から面倒を起こすつもりはありません。すみませんがここは教会所有の建物ですか?それにしてもあまり美しいとは思えないもので」

ジャイロ「そしてもう1つ!!あんたまさか『ホット・パンツ』を知ってるとか?」

シスター「・・・」

シスター「ここは・・・ただの町のゴミ捨て場。私も初めて捨てに来た。ここが広いかどうかも知らない・・・」

464: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:32:01 ID:rTnWwSd6
ジャイロ「・・・」

カーズ「・・・ジョニィ」ヒソ…

ジョニィ「?」

カーズ「気づいているだろうな」ヒソヒソ

ジョニィ「・・・ああ」ヒソ…

カーズ「なるべくコイツから情報を引き出せ。我々は外に出る。ヤツを安心させるためにな」ヒソヒソ

カーズ「この女が一番心を開いているのはおそらく貴様だろう。最大限まで聞き出したら何か音を立てろ」ヒソヒソ

カーズ「3人でこの女を叩きのめす・・・」

ジョニィ「・・・躊躇しないな」

カーズ「男女平等。だろう?」ニヤニヤ

465: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:34:39 ID:rTnWwSd6
× 外
○ 建物の奥

466: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:35:38 ID:rTnWwSd6
カーズ「ジャイロ!ティム」

2人「!」

カーズ「この女は無関係だろう・・・だがこの敷地内にホット・パンツがいるのも確かだ」

カーズ「奥を調べよう。念のためジョニィはこの部屋の中に置いておく」

マウンテン・ティム「そうか。じゃあそうしよう」ザッ

ジャイロ「ジョニィ、そのシスターを見張ってろ!・・・奥を調べてくる。合図を待て」ザッ…

ザッ… ザッ… ザッ…

ザッ… ザッ…



ジョニィ「・・・」

467: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:38:55 ID:rTnWwSd6
…ザッ

ジャイロ「うおー・・・」

ジャイロ「キタネーッ!物が散乱してやがるぜ」

マウンテン・ティム「壊れた拳銃が落ちているな・・・直せるか?カーズ」チャキ…

カーズ「ああ。当然だ」キョロ キョロ

カーズ「・・・『遺体』はあるか?」

ジャイロ「・・・いよいよな気はしていたぜ」キョロ…

ジャイロ「鉄球で探知してみっかな・・・」ゴソ…

ダッ!

ジャイロ「うおッ!?」ビクッ!

468: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:42:16 ID:rTnWwSd6
ネズミ「」ダダダァァーーーーーーーーーーッ

パタパタパタパタパタ…

3人「・・・」

マウンテン・ティム「ネズミか。まあこれだけの部屋だ。ネズミもわくだろうな」

カーズ「・・・」

カーズ(あのネズミ・・・どこかで・・・)

ジャイロ「ゴキブリが出てきたら嫌だぜー・・・」

マウンテン・ティム「ハハッ。あーゆー仮面の裏に潜んでいたりな」

ジャイロ「やめてくれよ・・・」

カーズ「・・・仮面?」

469: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:44:43 ID:rTnWwSd6
マウンテン・ティム「ほら、あの仮面だよ。なんかいかにもアステカって感じの・・・」

カーズ「・・・!?」

マウンテン・ティム「よく見たら何百何千も転がってるなー・・・そんなにこの町にあったのか?」

ジャイロ「なんか石っぽいな・・・重かったんだろ」

カーズ「・・・!!」

ジャイロ「・・・そういえばカーズ」

ジャイロ「何だっけ・・・お前が話してくれたヤツでさ・・・『石仮面』ってなかったっけ?」

マウンテン・ティム「・・・?」…ピタ

カーズ「・・・!」

カーズ「ああ・・・!」ギ…

470: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:48:13 ID:rTnWwSd6
ジャイロ「・・・!」

マウンテン・ティム「・・・!?」

マウンテン・ティム「おい、まさかあの仮面――」ガタッ

カーズ「間違いない・・・!これらは全て・・・!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨







カーズ「俺の作った『石仮面』だ・・・!!!」

石仮面「」バァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!

471: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:53:30 ID:rTnWwSd6
カーズ「だがありえない!前の宇宙の物だ・・・!この宇宙に存在しているはずがない」

カーズ「しかし・・・精巧すぎる。溝や凹凸の1つ1つが・・・俺の作ったものと一致している。完全に!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「こっちのは・・・鋼線のベックに使った石仮面だ。少し削れてしまったものだ・・・」

カーズ「これは赤石をはめ込むために作った石仮面の53枚目だな。結局赤石のパワーが足りなくて失敗に終わったが・・・」

カーズ「馬用石仮面までも・・・!」

ジャイロ「ど・・・どーなってるんだ?どーゆーこった!?」

カーズ「分からん・・・!」

カーズ「!」ハッ

石の矢「」ドォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

472: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 15:58:06 ID:rTnWwSd6
カーズ「・・・!この矢は!」

マウンテン・ティム「・・・矢がどうした?それも・・・前の宇宙に関係ある物なのか?」

カーズ「・・・俺の作った失敗作だ。エジプトに埋めたはずだが・・・」

カーズ「何故こうも、俺の捨てた物が出てくる!?」バッ!

ジャイロ「・・・」

「・・・『人ハ何カヲ捨テテ前ヘ進ム』」

3人「!!!」

3人「」バッ!

シビル・ウォー「ソレトモ・・・『拾ッテ帰ルカ』?」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

遺体「」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

473: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:01:30 ID:rTnWwSd6
ジャイロ「何だ?こいつは!?『敵』!?」

マウンテン・ティム「その地面!!そこにあるのは・・・『遺体』かッ!?そろっているッ!!」

石仮面「」シャァアッ!!!

カーズ「」ハッ!!

石仮面「」ガギョォォーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!

カーズ「何ッ!?」

カーズ(石仮面が体の中へ沈んでいく・・・ッ!!吸収とは違うッ!)

ジャイロ「カーズッ!?」

ジャイロ「クソッ!鉄球・・・!!」バッ!

…シル

474: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:04:36 ID:rTnWwSd6
鉄球「」シルシルシルシルシルシルシルシル

鉄球2「」シルシルシルシルシルシルシルシル

鉄球3「」シルシルシルシルシルシルシルシル

ゾッロォォオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

ジャイロ「何・・・!?」

マウンテン・ティム「何してるッ!!ジャイロッ!!」ドンドンドン!!!

弾丸「」ギュォオッ!!!



シビル・ウォー「・・・」

シビル・ウォー「」バラァアアアッ!!!

475: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:09:27 ID:rTnWwSd6
シビル・ウォー「」ニヤリ

マウンテン・ティム「!!!」

マウンテン・ティム「『スタンド』!部品でバラバラになるようにして一瞬早くかわしやがったッ!!」

ガラクタ「」グワッ!!!

グワシャアアアアア!!!

ガラクタ「」ガサ ガサ

3人「!!!」

マウンテン・ティム(いる!『本体』が・・・!!)



…シルシルシルシル

476: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:13:16 ID:rTnWwSd6
鉄球「」シルシルシルシルシルシルシルシル

ジャイロ「・・・!!!」

ジャイロ「俺の『鉄球』だ!これら『全部』ッ!」シルシルシルシルシル

ジャイロ「誰か他人のものはこの中に1つとしてない・・・全てオレのだ・・・だが何か・・・!」

ジャイロ 「何か拾うのはヤバイ気がする・・・これは『敵』の攻撃!」

ジャイロ「ど・・・どれだッ!本物はッ!!これかァッ!!」バッ!



カーズ「う・・・うかつに手を出すなジャイロッ!」

カーズ「一体化した石仮面が『膜』になって・・・!!覆いかぶさってきているッ!!」

ジャイロ「」ガシィイッ!!!

477: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:16:17 ID:rTnWwSd6
鉄球「」ズルゥッ

ジャイロ「!」

鉄球「」マヂュゥウウンッ!!!!

鉄球「」ドバァアアアッ!!!!

ジャイロ「うおおおおッ!!!」バァアアッ!!!

カーズ「ジャイロッ!!」

マウンテン・ティム「・・・!!!」

ジャイロ「これはッ!この『鉄球』はッ!!!」



『ジャイロ、何してるッ』 『囚人の動きを止めろッ!』

478: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:19:09 ID:rTnWwSd6
『苦しがっているッ!』 『鉄球をもう一撃だッ!!』

『恐怖を止めてやるのだ!』



ジャイロ「オレがッ!これはオレがッ」

ジャイロ「父のもとで死刑囚処刑をミスった時の・・・この鉄球はッ!」

ジャイロ「捨てたはずだッ!!確かに『捨てた』ッ!祖国で捨てたはずだッ!何でここにあるんだ!」



ズズ…

シビル・ウォー「『フェア』に行こう」ズズズズ…!

シビル・ウォー「スタンド戦は・・・たとえば自らの弱点を相手に教えるような・・・『公平』さが。スタンドパワーとして最大の威力を発揮する」ガララ…

479: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:22:26 ID:rTnWwSd6
3人「・・・!!!」

アクセルRO「『卑怯』さは『強さ』とはならないからな」ザッ…

アクセルRO「私の弱点は・・・『水』で清めることだ」

アクセルRO「じなくとも自由だが・・・『罠』ではない。やってみるべきだ」

アクセルRO「『清潔』な水で洗い流せば・・・君らが捨てて来た罪から・・・解放されるぞ」

カーズ「・・・水」

カーズ「ティムッ!!今はお前だけが無事だッ!!水を持ってきてくれッ!!!」

マウンテン・ティム「そ・・・」

マウンテン・ティム「それは無理だッ!」

カーズ「何!」

480: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:25:22 ID:rTnWwSd6
マウンテン・ティム「これ・・・!!」ス…

銃「」ズッ!!

銃「」ズォアアアアーーーーーーーーーーーーーッ!!!

2人「!!!」

マウンテン・ティム「この拳銃は・・・!!ブンブーン一家との戦いで壊れた拳銃だッ!!!そのままアリゾナ砂漠に『捨てて』来た・・・!!!」ズォォオ…!!

パァアアン!!!

マウンテン・ティム「ぐうッ」ドバァアアアッ!!!!

アクセルRO「・・・」

アクセルRO「」ザッ… ザッ…

カーズ「!逃げるか貴様ッ!」ジャキィッ!!!

481: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:27:24 ID:rTnWwSd6
カーズ「黄金回転の輝彩滑刀ッ!!」ブンッ!!!

アクセルRO「」フッ…



ガラクタ「」ズバァアッ!!!!

ガラン…

2人「・・・!!」

カーズ「チイ・・・!!」



ズズ…

3人「!!!」

482: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:31:58 ID:rTnWwSd6
子ども「」ズズズ…!!

ジャイロ「な・・・なんだァッ!?あの子どもは!!」

カーズ「・・・!!」



カーズ『ワムウ!そいつを殺すのだ!』

ワムウ『し・・・しかしカーズ様!お言葉ですが相手は少年でございまする』

カーズ『少年・・・!そうだ・・・だからなおさら殺さねばならぬ。『波紋の戦士の子』は大人になったら強大な天敵となるやも知れぬ!人間はあっという間に成長する』

ワムウ『うう・・・』

カーズ『できぬのかワムウ!そうかお前にできぬというのならば、では、見本を見せてやろう』

ジャキィイッ!!

483: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:33:15 ID:rTnWwSd6
カーズ『こうやるのだ!ワムウーーーーーーーーッ!!!』ギラァァアア!!!!

ズバァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!



カーズ「こいつは・・・!!波紋戦士のッ!!」

ズズ…

カーズ「」ハッ!

族長「」ズズズ…

一族「」ズズズズズ…

カーズ「な・・・」

カーズ「何ィィイイイイイイイッ!!!」

484: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:35:58 ID:rTnWwSd6
ドイツ軍人「」ズズズ…!!

吸血鬼「」ズズズズズ…!!!

ジャイロ「な・・・何人いるんだッ!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「・・・部下の吸血鬼が数百。闇の一族が数百・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ゾロゾロ… ゾロゾロ… ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「人体実験で殺してきた人間が数十万・・・!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



ズ…ッ

サンタナ「」ズズズズズズズズズズズズズズズズ

カーズ「・・・!!!」

485: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/07/31(木) 16:37:37 ID:rTnWwSd6
サンタナ「」バァッ

サンタナ「」ズンッ!!!

ジャイロ「な・・・何だッ!!この大男はッ!!」

マウンテン・ティム「・・・!!!」

サンタナ「」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

サンタナ「カー・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

サンタナ「ズ・・・様・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



カーズ「サ・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「サン・・・タナァ・・・ッ!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

492: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 14:40:08 ID:eFLAubLg
ガサッ ガサガサガサ…

エシディシ『』バッ!!

エシディシ『・・・』ガサ…

カーズ『・・・』

ワムウ『・・・』

サンタナ『・・・』

カーズ『行くぞ・・・』

カーズ『この大陸最後の波紋使いどもだ・・・』

3人『・・・』

3人『』コクッ

493: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 14:48:22 ID:eFLAubLg
カーズ『行けッ!』

サンタナ『』バッ!

ワムウ『』バッ!!



波紋戦士1『脚痛くなってきたぜ・・・』グリグリ

波紋戦士2『あともうちょいで交代だぜ。次の見張りは3週間後だろ』

波紋戦士1『まあそうなんだけどよォーー・・・あー・・・』コキコキ…

波紋戦士2『この大陸に波紋使いの生き残りはいないんだぜ?ここが最後の砦・・・ここを襲われたら波紋使いは絶滅しちまう』

波紋戦士2『俺達は大役を任されてるんだぜ』

波紋戦士1『あー、ハイハイ・・・』

494: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 14:51:23 ID:eFLAubLg
…ガサッ

波紋戦士1『!!』バッ!

波紋戦士2『!?』サッ!!

ワムウ『』シュッ…

波紋戦士2『ッ!!!』ボギィイッ!!!

波紋戦士2『』ドシャッ

波紋戦士1『!?なッ・・・!!』

サンタナ『』ダンッ!!!

波紋戦士1『!!』

波紋戦士1『くッ・・・!』グルッ!!!

495: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 14:55:00 ID:eFLAubLg
波紋戦士1『山吹色の波紋疾走ッ!!!』ブンッ!!!

サンタナ『ッ!!』ドゴォォオッ!!!!

波紋戦士1『オラァァアアアアッ!!!』グォンッ!!!

サンタナ『チッ』バッ!!

岩『』ガシィッ!!!

サンタナ『』ブンッ!!!

波紋戦士1『ッ――』





岩『』ドグシャァアアアアッ!!!!

496: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 14:58:30 ID:eFLAubLg
サンタナ『・・・!』ガクッ

サンタナ『・・・』ハァ ハァ ハァ

ワムウ『大丈夫か!』

サンタナ『胸に波紋を受けたが・・・動ける。心配ない!』グッ…!

ワムウ『・・・そうか。では行くぞ』ダンッ!!

カーズ『』バッ!

エシディシ『』バッ!

サンタナ『・・・』ハァ ハァ

サンタナ『』ハァ ハァ ハァ ハァ

497: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:01:34 ID:eFLAubLg
サンタナ『くッ・・・』グンッ…

バッ!!



ドギャァアアッ!!! バギャァアアッ!! ズガシャァアアッ!!

カーズ『輝彩滑刀ッ!!』シパパァアッ!!

波紋戦士3『うぎ――』スプ…

波紋戦士3『あぎゃあああああああああああああああああああッ!!!!』バラァアアアアアアッ!!!!

波紋戦士4『ク・・・クソッ!!マズいッ!!』

波紋戦士4『防御陣営だッ!!奥には絶対に通すなァァーーーーーーーーーーッ!!』バッ!!

バババァアアッ!!!

498: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:05:03 ID:eFLAubLg
エシディシ『邪魔だァアッ!!溶岩弾のような俺の沸騰血を撃ち込んでッ!その陣営!崩してくれるッ!!』バッ!!

沸騰血『』ドドドドドドドドドドンッッッ!!!!!!!!!!

波紋戦士達『ヒッ――』

ドグァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!

バゴォォオオオオオンン!!!!



ワムウ『』ゴォッ!!!

波紋戦士5『ぎああッ』グワシィア!!!

波紋戦士5『く・・・首がァァ~~ッ・・・あが・・・が・・・!!』ギギギギギギギ…!!!

ワムウ『叩きつけてくれるッ!!』ブンッ!!!

499: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:09:34 ID:eFLAubLg
波紋戦士5『ひぐァァッ!!』ドグシャァアアアア!!!

ワムウ『・・・』ビチャ…

ワムウ『次!掛かってこいッ!!』グォン!!

ズバァアアッ!!! ザクウッ!!! ボボボンッ!!! ドグォォォオオオッ!!! ベギン! ズガシャァアアッ

ドギィ! ゴキャッ ボギョォ ガスッ ベギャンッ!!! ズガォォオン!!!! バァン!!! ダム バキャァアアアア!!

波紋戦士6『うらァアッ!!!』ダッ!!!

サンタナ『ッ!』ボグォ!!!

サンタナ『~~~ッ!!!』ブンッ!!!

波紋戦士6『あぴゅッ!!』グシャアァアアアッ!!!!

サンタナ『』ハーーーッ ハーーーッ

500: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:15:44 ID:eFLAubLg
カーズ『!』

サンタナ『』ドガガァアアッ!! ギシ…ッ!

カーズ『・・・』

カーズ『フンッ!』ズバァアアッ!! スパパァアア!



波紋戦士7『・・・ッ』ドサァアッ!!

波紋戦士7『い・・・行かすものかァァッ・・・この・・・奥・・・には』コヒュー… コヒュー…

波紋戦士7『絶ッッッ・・・対・・・』コヒュー… コヒュー…

波紋戦士7『に・・・』…ゴト

501: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:21:13 ID:eFLAubLg
エシディシ『』スワァ…

壁『』ドゴォォオオオッ!!!!

壁『』バガァアアアアッ ガラガラガラガラガラァァアアア…

波紋戦士達『・・・!!!』グッ…!

波紋戦士達『ウォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!』ダァアアアッ!!!

4人『』ダンッ!!!!







…ドチャッ

502: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:24:16 ID:eFLAubLg
波紋戦士達『』ヒュウウウーーーーー…

カーズ『・・・終わったな』

サンタナ『・・・』



サンタナ『!』ガクッ

サンタナ『・・・!?』

カーズ『!!』

エシディシ『どうかしたのかッサンタナ!急に膝を!!』

サンタナ『い・・・いえ・・・』

サンタナ『な・・・何も・・・何でもございません・・・ッ』ググ…

503: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:27:53 ID:eFLAubLg
カーズ『・・・何週間も休まず走っていたからな。疲労が蓄積していたのだろう』

カーズ『これが終われば後は楽だ。しばらくは』

サンタナ『・・・』

カーズ『・・・』

カーズ『・・・エシディシ』

エシディシ『・・・ああ』

エシディシ『壁の向こうにもう1人いる・・・男だ。身長196cm・・・』

サンタナ『!?』

ワムウ『・・・奥の室はそう広くないようですな』

サンタナ『・・・!』

504: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:30:42 ID:eFLAubLg
カーズ『波紋使い最後の1人か・・・』

カーズ『』ガシャァアッ!!!

スパパパパパァアアアッ!!!

岩『』ビシィイッ…

岩『』バッガァァアアアアアアアアアアンン!!!!

バラバラバラ… ガラガラガラガラ…



『・・・』

波紋戦士8『やって来たか・・・』

ワムウ『貴様・・・ここに隠れていたのか・・・』

505: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:39:54 ID:eFLAubLg
ワムウ『仲間を・・・女子供を助けることもせずに・・・たった1人で隠れていたのか・・・ッ!!』

波紋戦士8『いかにも』

ワムウ『貴様ァァ・・・!それでも男かッ!!』

波紋戦士8『フン!自分が生き残るように行動する・・・それが『生物』というものだッ!他の人間はどうでもいいッ!』

波紋戦士8『戦況を聞き、貴様等の能力を分析したというワケだ・・・風を操る男がいるというのは聞いたが』

波紋戦士8『おそらく、刀を使う男と火薬を使う男がいるな?』

カーズ『・・・』

波紋戦士8『まとめてこられては厄介だったのでな・・・』スクッ…

波紋戦士8『この室の地面は水で濡れている。地面の水に波紋を流せば貴様等は一網打尽にできる・・・が』

波紋戦士8『風の能力!そいつで水を吹き飛ばされては無駄なのでな・・・パス!』

506: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:45:53 ID:eFLAubLg
波紋戦士8『次は岩に波紋を流すのも考えたが・・・パス!パスだ!波紋が到達する前に熱でやられる・・・水も熱で沸騰するしな』

波紋戦士8『接近戦で勝てないのも目に見えている!『チェック・メイト』というヤツだな。俺は・・・』

エシディシ『・・・よく分かってるじゃあないか』

エシディシ『1つ聞きたい!何故脱出路の1つや2つを用意しておかない?我々が調べた時、脱出路は1つもなかったようだが』

波紋戦士8『・・・崩落したのさ。地震でな』

波紋戦士8『波紋のエネルギーを使えば瓦礫を取り除くのはワケないことだ。だがね・・・何十トンもの土砂を取り除くのは面倒だ』

波紋戦士8『面倒なことはしたくない。今もだ。お前達と闘うという面倒事は避けたい・・・』

カーズ『・・・ほう?命乞いでもするのか?』

サンタナ『・・・』

波紋戦士8『いーや!』プイ

507: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:48:56 ID:eFLAubLg
波紋戦士8『『自殺』さ!『自殺』に決まっているだろう?』

波紋戦士8『お前ら闇の一族に殺されるなんて・・・きんぴらごめんだねッ!ハッ!』

カーズ『・・・ありがたいな。そんな簡単に波紋の一族に絶滅してもらえるとは』

波紋戦士8『だろう?感謝してもらいてーな』

波紋戦士8『ただし・・・』ゴソ…





波紋戦士8『ただで死ぬわけじゃあないがな・・・』ルチャァッ!!

赤石『』バァアーーーーーーン!!!

4人『!!!』

508: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:51:52 ID:eFLAubLg
エシディシ『エ・・・エイジャの赤石ッ!それも複数ッ!』

波紋戦士8『純粋じゃあないとはいえ・・・!!このエイジャの赤石!』チャッ!

ナイフ「」ガッ!

波紋戦士8『ぐううッ!!!』ザグゥウウッ!!!

波紋戦士8『ハガァアッ・・・!!』バカァアッ!!!

サンタナ『じ・・・!自分の胸をナイフで切り開いたッ!?』

波紋戦士8『・・・!』ポイッ

ナイフ『』カチャァーーーン!

波紋戦士8『う・・・うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!』グアァッ!!

赤石『』ボギュゥ!

509: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:57:12 ID:eFLAubLg
カーズ『む・・・胸に赤石を!!埋め込みやがった!!』

波紋戦士8『ぐおおおおおッ!!』ブシュウウッ!!

波紋戦士8『心臓は血液を送る・・・!!『波紋』は血液に関係しているッ!!パワーソースの『心臓』へ莫大なエネルギーを加えれば・・・ッ!!!』

バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂィィイイイイイイイイ!!!!!!

波紋戦士8『超!強力波紋の完成だァァーーーーッ!!!』バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂ!!!!!!

カーズ『ま・・・まずいぞッ!!』

カーズ『ヤツの肉体はもうじきはじけ飛ぶッ!!直前まで腐敗ガスがたまった、陸に打ち上げられたクジラのようにッ!爆弾だッ!』

カーズ『あの莫大な波紋エネルギーに人間の体は耐えられないッ!!この洞窟ごと吹き飛ばす気だッ!!逃げろッ!!!』

3人『・・・!!!』ダッ!

カーズ『』ダッ!!

510: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 15:58:58 ID:eFLAubLg
サンタナ『!!!』ガグゥウン!!!

サンタナ『何ィ・・・!』ドシャ!

エシディシ『サンタナァッ!!!』バッ!!

波紋戦士8『うううううううう!!!うううううおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!』

カッ!!!!









ドグォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!

511: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:11:40 ID:eFLAubLg
ワムウ『か・・・風の流法ッ!!』ゴォォオオオオッ!!!

ブワッサァアアアアアア!!!!

ワムウ『ヌウ!』ドサァアッ!!!

カーズ『ぐッ』ドサ!

サンタナ『――ッ!!』ドガァァアアアッ!!!

ワムウ『カ・・・カーズ様ッ!』

カーズ『無事だッ!』ムクッ…

ワムウ『』ホッ

カーズ『・・・風の流法で衝撃を弱めてくれたのか。つくづく頼りになるヤツだな・・・ワムウ』

ワムウ『身に余るお言葉・・・』

512: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:14:27 ID:eFLAubLg
カーズ『・・・エシディシはッ!』

ワムウ『!』ハッ!

ワムウ『エ・・・エシディシ様ッ!!』バッ!

サンタナ『・・・!!!』

サンタナ『・・・!』サッ…





『・・・こ』

エシディシ『ここだ・・・ワム・・・ウ』ゴフッ

2人『!!!』

513: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:18:55 ID:eFLAubLg
カーズ『エ・・・エシディシッ!!そんなボロ切れのように・・・!!』

サンタナ『わ・・・私のせいだ・・・!!私があそこでよろめかなかったなら・・・ッ!!』

サンタナ『カーズ様ッ!!!一生の不覚ッ!!なんなりと罰を・・・いいえッ!!殺してくださいッ!!死を持って償いますッ!!!』バッ!

カーズ『いいや!よい!貴様は大切な仲間だ!何故そんなことができようッ!』

サンタナ『しかし・・・!!!』

カーズ『サンタナッ!!!』ギンッ!

サンタナ『』ビクッ!!

カーズ『よいか・・・!!このことは水に流す!エシディシの事で悔やむなッ!』

カーズ『エシディシは貴様をかばって爆発を受けたのではないッ!!いいか!勝手にくらったのだッ!!』

サンタナ『・・・!!』

514: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:22:56 ID:eFLAubLg
カーズ『ワムウ!付近から人間をかっさらって来い!血で応急処置をするッ!』

ワムウ『はッ!!』ダンッ!!!

カーズ『我々も血を分けるぞ、サンタナ!』スパッ ブシュッ

サンタナ『・・・!』ブチィッ! ブシュウッ

エシディシ『う・・・ッ』

エシディシ『た・・・頼むぜ・・・腕も脚も・・・ねェからな・・・』ゼェ… ゼェ…





ワムウ『・・・カーズ様?いかがされました・・・』

カーズ『!』

515: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:26:55 ID:eFLAubLg
カーズ『・・・波紋戦士の洞窟に奇襲を仕掛けた時のことを・・・思い出してな』

ワムウ『左様ですか・・・』

カーズ『うむ・・・』

カーズ『エシディシの負傷も全快した。が・・・』

ワムウ『・・・が?』

カーズ『・・・』





カーズ『・・・サンタナを外そうと思う』

ワムウ『!』

516: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:32:59 ID:eFLAubLg
カーズ『流法を体得できていない・・・見張りの波紋戦士に波紋疾走を受けた・・・』

カーズ『戦闘の最中にも波紋をくらっていた。受けたダメージにより膝をつくこともあった』

カーズ『さらに、ヤツの失敗がエシディシを瀕死にまで追い込んだ』

ワムウ『・・・』

カーズ『このままでは足を引っ張るだけだ。我々とは別行動をとってもらう他ない』

ワムウ『・・・カーズ様』

カーズ『・・・仕方がないのだ』

カーズ『それに、これから我々はユーラシア大陸へ向かう。この大陸よりもずっと広い・・・どんな波紋戦士がいるか分かったものではない』

カーズ『サンタナの安全も考えなくてはならんのだ・・・』

ホウ… ホウ…

517: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:38:20 ID:eFLAubLg
サンタナ『・・・別行動』

カーズ『・・・済まない』

カーズ『海の向こうは危険すぎる。流法を持たないお前には・・・』

サンタナ『・・・申し訳ありません』

カーズ『・・・謝ることではない。むしろ・・・謝るのはこっちだ。お前の安全を保障できない。連れていけない・・・』

サンタナ『・・・』

カーズ『もしかすると、この大陸に『スーパーエイジャ』があるかもしれない。お前はこの大陸に残って探してくれ・・・』

カーズ『我々がユーラシア大陸でスーパーエイジャを見つけたら・・・お前をすぐに迎えに来る。約束だ』

サンタナ『・・・!』

カーズ『ではな・・・サンタナ。石仮面は置いておく・・・改良の余地があるかもしれない。食料も作れるしな』

518: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:42:01 ID:eFLAubLg
エシディシ『カーズ!別れの儀式でもしないか』

カーズ『・・・儀式?』

エシディシ『ああ!』チャッ

エシディシ『人間は『芸術』ってのを進歩させてる・・・『遊び』だよ』カリ カリ

エシディシ『音楽だとか・・・歌だとか・・・絵画だとか・・・それと『彫刻』だ』ガリ ガリ

エシディシ『音や絵はいつか消えちまう。でも、『彫刻』なら消えないだろう?』チャキッ

エシディシ『俺達の関係は・・・永遠にこの岩に刻み込まれるんだ』ガリ ガリ

カーズ『・・・』

カーズ『・・・やるか。サンタナ』

サンタナ『・・・はッ!』

519: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:44:50 ID:eFLAubLg
ワムウ『私もやります』

エシディシ『おう!ほらよ、黒曜石』チャッ

ガリガリガリガリ ガッ ガッ ゴリゴリゴリ…

サンタナ『フフ・・・』ガリガリガリガリ

カーズ『・・・フッ』

ガリ ガリ ガリ…



サンタナ「」ズズズ…!!

カーズ「・・・済まなかったな。サンタナ」

カーズ「結局・・・迎えに行けなかった」

520: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:47:38 ID:eFLAubLg
カーズ「そして・・・もう1つ」

カーズ「お前を・・・この手で消滅させることになるとは・・・」

ジャイロ「・・・!何か手があるのかッ!カーズ!!」

カーズ「ああ・・・既に手は打った」

ゴゴ…

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

サンタナ「・・・?」

族長「・・・!」

族長「カーズじゃッ!カーズが何かをやったのじゃッ!!今すぐカーズを殺せェェーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!」

一族「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!」ドォオオオオッ!!!!

521: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:50:34 ID:eFLAubLg
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!

マウンテン・ティム「・・・ッ!?」

ブシュッ!!

水「」ドゴォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

サンタナ「!?」

族長「何・・・!!!」

水「」ゴォオッ!!!



ドパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンンンンン!!!!!!!!!!!!!!

522: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 16:54:41 ID:eFLAubLg
ゴボォォォオオオオッ!!!!!

カーズ「」バシィイッ!!!

ジャイロ「うおおおッ!!」ザバアァアッ!!

マウンテン・ティム「うくおおッ」バシャァアアッ

2人「」ドサドサッ

2人「・・・!!!」

水「」ゴォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!

族長「ぐぶッ・・・」ボゴォッ!

吸血鬼「GYAA・・・!!」ボゴゴゴ!!

シュウ…

523: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 17:00:07 ID:eFLAubLg
シュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ…!!

サンタナ「カ・・・!!」シュウウウウウウウウウウウウウウウウウ…

サンタナ「カーズ様ァァ・・・」シュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

カーズ「・・・!!!」

カーズ「済ま・・・ない・・・!!!」

カーズ「許してくれ・・・!サンタナ・・・!!」グ…!

ジャイロ「・・・」

ジャイロ「あいつの能力で呼び出された物が・・・本物とは限らないぜ。カーズ」

カーズ「・・・」

ジャイロ「・・・それよりどうやった?この大量の水・・・」

524: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/05(火) 17:06:47 ID:eFLAubLg
カーズ「黄金回転の輝彩滑刀・・・本体に斬撃は当たらなかったが」

カーズ「ただガラクタの山を斬ったんじゃあない・・・床を・・・地面を・・・地下の水道管を斬った」

カーズ「その前に・・・密かに『鉄球』と『波紋』で地面を調べていた。確実に地下に・・・地下10m付近に『水脈』があることが分かった」

マウンテン・ティム「・・・なるほど」

カーズ「この水でお前たち2人も・・・覆っていた膜が溶けたな。このまま膜がつかなければいい」

マウンテン・ティム「問題は・・・ヤツを倒すことだな」

ジャイロ「それなら、鉄球と波紋で探知できる・・・勝てるぞ!」グッ!

カーズ「そうだな・・・早くヤツを片付けよう・・・」

カーズ(・・・)

カーズ(・・・サンタナ)

534: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:08:42 ID:lIY3yTe.
ジョニィ「・・・!!!」

ジョニィ「クソッ!」ドンドンドン!!!

地面「」バスバスバス!!!



シィイーーーーーン…

ジョニィ「・・・そんな」

ジョニィ「水が流れていない・・・ッ!!!」ギ…ッ!!

ダニー「・・・」

ダニー「これで分かった・・・『遺体』を体の内に持っているのは・・・ジョニィの方だ」

ジョニィ「・・・!!」

535: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:11:57 ID:lIY3yTe.
ジョニィ「お前・・・ッ!!やはりッ!」

ダニー「・・・」

ジョニィ「」バッ!!

水筒「」ガシィ!!!

ジョニィ「・・・!」ジャポ…

ジョニィ(この水筒があれば・・・少しは身を守れる。だが・・・ほんの少し!)

ジョニィ(水筒の中身が無くなれば・・・終わりだッ!!)

ズ…

ジョニィ「!」ハッ!

ズズズ…

536: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:17:03 ID:lIY3yTe.
ズズズズズズズズ

ベンジャミン「」ズズズズズズズズズズズ…!!

ジョニィ「・・・!!!」

ジョニィ「ベンジャミン・・・ブンブーン・・・!」

ベンジャミン「ブ・・・」ズズ…

ベンジャミン「ブチ殺すッ!!今すぐ殺してやるッ!!!」ガバァアッ!!!

ジョニィ「ッ!!」ドンドンドンドンドン!!!

ベンジャミン「ぐッ」バスバスバスバスバスゥウッ!!!!

ベンジャミン「・・・」グラァァ…

ベンジャミン「」ドシャ…

537: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:24:46 ID:lIY3yTe.
ジョニィ「・・・!!」サッ!

ベンジャミン「・・・」

ベンジャミン「」ムク…ッ

ジョニィ「・・・ッ!!」

ダニー「まだ殺すな。ヤツの体内の『遺体』を全て奪ってからだ」

ダニー「それからなら許可する」

ベンジャミン「分かった・・・そうするぜェ」ズズ…

ジョニィ「」バッ!!

ベンジャミン「」ズォッ!!

砂鉄「」グバァアッ!!!

538: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:32:55 ID:lIY3yTe.
バァッシィイ!!!

ジョニィ「うッ!」グッ!!

ジョニィ「うああッ!!」ドガァア!!!

ジョニィ(さ・・・砂鉄が腕をッ!!)グググ…!!!

男4「」ズズ…!

ジョニィ「・・・!!」

ダニー「よし・・・『遺体』を回収しろ」

ジョニィ「さ・・・させるかッ!!」

ジョニィ「絶対に!お前なんかに『遺体』は渡さないッ!!阻止してみせるッ!!」

男4「ほう・・・面白いことを言うな・・・小僧!」

539: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:36:33 ID:lIY3yTe.
男4「一体どうやって・・・墓の下から阻止するというんだ?」ガッ!

ベンジャミン「ゲヘヘェェ・・・」ガシィッ!

遺体「」ズズ…!

ジョニィ「うッ・・・!!」ズズズ…!!!

ジョニィ「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」







ジャイロ「!」

マウンテン・ティム「・・・どうした?ジャイロ」

540: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:41:12 ID:lIY3yTe.
ジャイロ「何か・・・聞こえた気がする」

マウンテン・ティム「気のせいだろう。水の音以外は聞こえない」

ジャイロ「そうだ。今・・・水かさはどれくらいだ?」

カーズ「・・・高さ1mといったところか」

ジャイロ「じゃあ、プールくらいだな・・・」

カーズ「ああ・・・ヤツの位置は特定できたか?」

ジャイロ「・・・そこだ」

カーズ「・・・間違いないな」

カーズ「仕留めるぞ」ガシャァアッ!!!!

マウンテン・ティム「・・・」ジャキィッ!

541: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:48:19 ID:lIY3yTe.
遺体「」ズルンッ

ドサッ…

男4「よし・・・俺が持っていく」ガシ…

ベンジャミン「ああ。このガキは俺が殺す」ズズ…

ジョニィ「うッ・・・」ググ…

ジョニィ(マ・・・マズい)

ジョニィ(水筒はそこに落ちているが・・・!!)

ジョニィ(使えるのは右腕の肘から先だけ・・・!ギリギリ届かない・・・!何かないか・・・ッ!!)ゴソッ!!

ベンジャミン「!」

ベンジャミン「おいッ!?何してやがるテメェッ!!!」

542: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:52:00 ID:lIY3yTe.
ジョニィ(くッ・・・!!)ゴソゴソゴソ

ジョニィ「!」カチャッ



ベンジャミン「うおおおッ!!ブッ殺すッ!!」ズァアッ!!!

ジョニィ「」バッ!!!

ベンジャミン「!」



双眼鏡「」ギャンッ!!!

ベンジャミン(そ・・・双眼鏡ォッ!?)

双眼鏡「」ジャキィ…ッ

543: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:55:10 ID:lIY3yTe.
ナイフ「」シャガァアッ!!!

ベンジャミン「何ッ!!」

ナイフ「」シュ…



水筒「」ズバァアッ!!!

ダニー「!」

ベンジャミン「うおッ・・・砂鉄!!」

砂鉄「」ギュォオ…



水「」ドバァアッ!!!

544: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/06(水) 23:59:13 ID:lIY3yTe.
ベンジャミン「うぐああッ」バシャァアアアアアッ!!!!

ベンジャミン「お・・・遅かったかッ!!」シューー… シューー…

ジョニィ「・・・ハッ!」フンッ

ジョニィ(カーズめ・・・ホット・パンツ追跡中に既にアーミーナイフの双眼鏡を仕込んでいたのか!仕事が早い・・・)

ジョニィ(助かったな・・・)

ダニー「・・・」

ジョニィ「」ジロッ

ダニー「・・・」

ジョニィ「撃ち抜いてやるッ!!」ドンドンドンドンドン!!!

ダニー「」サッ!!

545: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:02:29 ID:ON1lekY6
ジョニィ「」ドンドンドン!!!

ダニー「」シャァッ!!

ジョニィ「クソッ!!」ドンドンドンッ!!!

ドンドンドン… バスバスバスッ…







男4「・・・これは」

水「」プカ プカ プカ

男4「一体・・・!?」

546: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:05:39 ID:ON1lekY6
ジャイロ「」ブンッ!!!

男4「」ハッ!!

鉄球「」ゴォッ!!!

男4「しまッ・・・」

男4「がばァアッ」ドッギャァァアアアアアア!!!!

男4「ぐは・・・」グラァァ…

ドッボォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン



カーズ「・・・今のは『11人の男』か」

ジャイロ「『遺体』を持ってたな・・・一緒に水中に落ちたが・・・」

547: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:10:23 ID:ON1lekY6
アクセルRO「」ザバ…ッ

カーズ「!」

アクセルRO「フフ・・・ッ」ガシィ!!

アクセルRO「『遺体』が揃った!ついに・・・!!」ザバァ!!

アクセルRO「残るは『頭部』のみだッ!!」グワシィッ!!

マウンテン・ティム「て・・・敵本体ッ!!」ジャッ!!





アクセルRO「!!!」ズバァアアアッ!!!

カーズ「輝彩滑刀ッ!!」シュバァアッ!!

548: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:15:36 ID:ON1lekY6
アクセルRO「か・・・ッ」

ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!

ジャイロ「やったッ!!」

マウンテン・ティム「倒したぞッ!!」



アクセルRO「ガッ・・・ごぼッ」ブシュッ ドシュッ

アクセルRO「そう・・・いいぞ・・・カーズ」

アクセルRO「これでいい・・・私の最終攻撃は・・・ついに!」

アクセルRO「『完成』したぞ・・・!!人は・・・何かを『捨てて』前へ進む」

2人「・・・!?」

549: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:18:33 ID:ON1lekY6
アクセルRO「これから・・・カーズ・・・お前は私を『捨てて』・・・前へ進む」

アクセルRO「私を『斬り殺す』という事はそういう事だ・・・」ガク…

カーズ「・・・ああ。そうだろうな」

2人「!」

カーズ「だから・・・」







カーズ「貴様は『殺していない』」バァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!

3人「!?」

550: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:22:40 ID:ON1lekY6
カーズ「貴様を『殺す』と、貴様を『捨てた』ことになる。だと思ったよ」シルシルシル…

カーズ「俺が本気で殺す気なら、貴様の首から上は今繋がっていないからな」グッ…

バシュウウッ!!!

血管針「」ゴォオッ!!!

アクセルRO「ッ!?」

アクセルRO「うげァァッ!!」バァッシィイ!!!!

カーズ「波紋で癒してやる・・・死なないよう、念のためになッ!!」コォォォォォォオオオオオ!!

バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂ!!!

アクセルRO「な・・・何ィィイイイッ!!!」バチバチバチバチ!!!

アクセルRO(き・・・傷がどんどん治っていくッ!血も止まっている!!!)

551: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:26:49 ID:ON1lekY6
カーズ「そして!どうやら貴様の能力の射程圏内はこの敷地内だけのようだな」グッ…

アクセルRO「な・・・何をッ!!」

カーズ「くたばるなら射程外で・・・!!」グンッ!!!

アクセルRO「アヒィッ!!!」ゴバァアッ!!

カーズ「自由にくたばるがいいッ!!!」ブンッ!!!

アクセルRO「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」



壁「」ドッガァァアアアアアアアア!!!!

アクセルRO「ぐッ・・・!!」ズガンッ!! ドガンッ!! ダンッ ゴンッ ガンッ

アクセルRO「が・・・」ズザザザザザザザザザ…

552: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:28:46 ID:ON1lekY6
アクセルRO「う・・・ッ」

チャキ…

アクセルRO「・・・!」

アクセルRO「あ・・・」

アクセルRO「貴方・・・は・・・」

「・・・」





ズガァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!

アクセルRO「」…ゴト

553: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:36:09 ID:ON1lekY6
カーズ「・・・遺体は丁度あの瓦礫に引っ掛かったようだな」

ジャイロ「壊れなくてよかったな・・・」

マウンテン・ティム「・・・俺がとってくる」シュルル…

ジャイロ「ああ、頼――」







ダァアアーーーーーーーーーーーーーン!!!

ロープ「」ブチィイッ!!!

3人「!?」

554: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:40:04 ID:ON1lekY6
ボチャンッ…

マウンテン・ティム「何・・・!!」

ジャイロ「ロープが銃弾で切断されたッ!!誰だッ!?」



チャキ…

3人「」ハッ!!

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「き・・・貴様はッ!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「アクセルROを片付けるとはな・・・かなり建物は大参事のようだがな・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

555: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/07(木) 00:47:03 ID:ON1lekY6
大統領「いよいよ『総取り』の時が来た・・・残るは『頭部』!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「『遺体』を知っている君たちを始末したいところだが・・・『頭部』が最優先だ。君たちはその後だ」

大統領「生きていたところで、『遺体』を手に入れることはできないがな・・・」ガシィ!

ジャイロ「てめェッ!!」ブンッ!!!

大統領「」バッサァアアアッ!!!!

…シパッ

3人「!!!」

カーズ「・・・消えた!」

マウンテン・ティム「・・・『聖なる遺体』が・・・とうとう・・・ヤツの手に」

カーズ「・・・ッ!」チッ

563: 7th.ステージ結果 [sage]: 2014/08/08(金) 22:10:25 ID:ePllNVQI
1着 東方憲助 100P

2着 ポコロコ 50P

3着 ジョニィ・ジョースター 40P

4着 マウンテン・ティム 35P

5着 カーズ 30P

6着 ジャイロ・ツェペリ 25P

7着 スループ・ジョン・B 20P

8着 バーバ・ヤーガ 15P

564: 7th.ステージ結果 [sage]: 2014/08/08(金) 22:14:35 ID:ePllNVQI
1位 ジャイロ 340P

2位 カーズ 320P

3位 マウンテン・ティム 315P

4位 ポコロコ 275P

5位 ジョニィ・ジョースター 266P

(東方憲助 193P)


タイムボーナス
 カーズ、ジャイロ、ティム、ポコロコ、東方憲助、(ホット・パンツ)、(Dio) 各1時間

565: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:21:36 ID:ePllNVQI
フィラデルフィア・・・

ガポ ガポ ガポ

4人「・・・」ガポ ガポ ガポ

ジョニィ「カーズ・・・大統領はあの独立宣言庁舎にいるんだな?」

カーズ「間違いない。聴覚・嗅覚・ピット・波紋・鉄球。全ての能力で探知している・・・抜かりはない」

ジョニィ「・・・」

カーズ「大統領が今、頭部以外の『遺体』をすべて持っているかは分からんがな」

カーズ「それでも、波紋でヤツの記憶を抽出して『遺体』の場所を把握することは可能だ」

ジョニィ「じゃあやろう」

カーズ「うむ・・・」ズズ…

566: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:27:59 ID:ePllNVQI
カーズ「」ズズズズズ…

ズズズズズズズズズズズズズ…

ジョセフ「」ズズズ…

ジョセフ「ジャイロとティムは馬から降りろ。馬の方は俺の馬が守る」

2人「・・・」バッ

スタッ

ジョセフ「・・・3人は窓ガラスを破壊して館内の人間の意識を外に集中させろ。その隙に俺が突入して目撃者の始末をする」

ジョセフ「その間にティムとジャイロで大統領を襲撃しろ。大統領を何らかの方法で大人しくさせたら、銃を何発か撃て。駆けつける」

ジャイロ「・・・大統領の能力が未だ未知だ」

ジョセフ「おそらく何かに包まれるか、もしくは挟まれるかしてどこかへ移動する能力だろうな・・・ヤツを挟まないよう、もしくは自分たちが挟まれないよう注意しろ」

567: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:29:49 ID:ePllNVQI
ジョセフ「ジョニィは見張りを頼む」

ジョニィ「分かった」

マウンテン・ティム「・・・」

ジャイロ「・・・」

ジョセフ「・・・」







ジョセフ「・・・散れ」

3人「」バッ!!!

568: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:32:22 ID:ePllNVQI
ジャイロ「」サッ!

ジャイロ「・・・」グッ…



…コッ

ジョニィ「!」

コツ コツ コツ コツ

ディ・ス・コ「」コツ コツ コツ コツ

ジャイロ「!」

ジャイロ「」クルッ

ディ・ス・コ「・・・」コツ コツ コツ コツ

569: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:36:00 ID:ePllNVQI
ジョニィ「ッ!?」



大統領「・・・」

ディ・ス・コ「」コツ コツ コツ

大統領「」スゥゥゥゥ…

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ジョニィ(バカなッ!!まさかッ!あれはッ!!あいつはッ!!)┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「」ズズ…

…フッ

ジョニィ「!?消えたッ!!」

570: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:37:57 ID:ePllNVQI
大統領「」ズ…



ジョニィ「!」ハッ!

究極馬「!」

ジョニィ「何ッ!!背後にッ!!」バッ!!!

大統領2「」ジャキィッ!!

大統領3「」ジャカッ!

大統領4「」ジャコォッ!!!

ジョニィ「・・・!?」

ジョニィ(馬の間から大統領が複数ッ!!)

571: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:40:50 ID:ePllNVQI
大統領「」チャッ…

ジョニィ「ま・・・まずいッ!!」バッ!!

ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!!!!

ジョニィ「うぐああッ!!!」バゴバゴバゴバゴバゴォォオオッ!!!

ジョニィ(下水溝ッ!!)

ジョニィ「」ドンドンドンドンドンドン!!!



ブロック「」バスバスバスバス!!!

ブロック「」ボゴォッ

ジョニィ「」バッ!!

572: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:44:49 ID:ePllNVQI
ドボォオオオン!!!!

大統領「!」

大統領「下水溝へ・・・」

大統領「ジョニィ・ジョースター・・・脚が動くのか・・・」







ジャイロ「ジョォォニィィィィイイイッ!!」ダッ!!!

ディ・ス・コ「」ジャキィイッ!!

ジャイロ「ッ!!!」キキッ…!!

573: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:47:08 ID:ePllNVQI
究極馬「」グルル…!!!

大統領「・・・何だこの馬は?」

大統領「私に『敵意』を表しているのか?馬の分際で・・・」

究極馬「貴様・・・!!」ガル

大統領「!?」

大統領「・・・何?馬が口を・・・」



ロープ「」シュバァッ!!!

大統領「!!」

左腕「」バァッシィイ!!!

574: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:50:53 ID:ePllNVQI
左腕「」ギギギ…!!!

大統領「・・・!!!これはッ!!」



…ジャキッ

大統領「!」

マウンテン・ティム「・・・大統領」チャ…

マウンテン・ティム「よくもジョニィを殺してくれたな・・・!!」グ…!

大統領「・・・」

大統領「・・・彼は死んではいないだろう。ただし、『致命傷』ではある」

大統領「あと数分のうちに大量出血で死ぬだろうな」

575: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:54:19 ID:ePllNVQI
カーズ「なら早く治そう」ザッ…

大統領「!」

カーズ「その『数分』がやってくる前に貴様を殺し・・・ジョニィを下水溝から引きずりあげて治癒する」ザッ… ザッ…

カーズ「死んでもらうぞ大統領」ザッ

大統領「・・・フン」

大統領「なるほど完璧な作戦だな・・・」グ…





大統領「不可能だという点に目をつぶればだがな・・・」

2人「・・・!」

576: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:57:06 ID:ePllNVQI
星条旗「」バッサァアア!!!

2人「!」

究極馬「・・・!?」

星条旗「」バァアアッ…

パサ…



カーズ「貴様ァッ!!一体何がしたいッ!!」バサアァッ!!!

カーズ「」ハッ!!

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

マウンテン・ティム「・・・!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

577: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 22:59:42 ID:ePllNVQI
マウンテン・ティム2「・・・!?」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

マウンテン・ティム「・・・ッ!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

究極馬「こ・・・!」

究極馬「これはッ!!」

マウンテン・ティム「何だ!?こいつはッ!!」

マウンテン・ティム2「何だ!?こいつはッ!!」

カーズ「ティ・・・ティムが2人!?」



大統領2「・・・」

大統領「・・・」

578: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:05:22 ID:ePllNVQI
究極馬「だ・・・大統領が2人ッ!!」



大統領「『いともたやすく行われるえげつない行為』」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領2「こっち側に入れてやる・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「この『隣り』の場所に自由に入って来れるのはこの私の能力だけだ」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「引きずり込まれたおまえ自身がもうひとりの『自分』と出会う時!その肉体がどうなるのか・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「興味はないか?マウンテン・ティム」ドン!



マウンテン・ティム「・・・!?」

ジ…

579: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:08:38 ID:ePllNVQI
ジジジ…

マウンテン・ティム「・・・?」

ズズ…ッ!



マウンテン・ティム「はッ!!!」ボンッッッ!!!!

マウンテン・ティム「うぐッ・・・」ボンボンボンッ!!!! ボボボンッ!!!!

カーズ「な・・・何!?」



マウンテン・ティム「何ィィィーーーーーーッ!!」バンバンバンバンバンンッ!!!!!

マウンテン・ティム2「・・・!?」

580: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:13:16 ID:ePllNVQI
マウンテン・ティム2「ぐッ」ボンッ!!!!

マウンテン・ティム2「がハッ・・・」ボンボンボンボンボンボンッ!!!!!

カーズ「な・・・何が起こっているッ!?」



マウンテン・ティム「うぐおおあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

マウンテン・ティム2「うぐあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

ドババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



大統領「」スゥゥ…

マウンテン・ティム「・・・ッ!!!」ドババババババババババババババァァアッッ!!!!!!

581: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:17:02 ID:ePllNVQI
マウンテン・ティム(スポンジとスポンジが・・・重なって・・・そのスキ間がそれのスキ間に入り込むように・・・)

マウンテン・ティム(『2つ』が・・・)

マウンテン・ティム(1つになって・・・!!)

マウンテン・ティム(大統領が・・・大統領が・・・!!!)

マウンテン・ティム「俺がッ!!『2人』ッ!!!『2人』いるッ!!」

マウンテン・ティム(俺の胴体が細切れのスポンジみたいになって崩れていくッ!!!!)

カーズ「は・・・波紋ッ!!」バッ!!

バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂィィィイイイイッ!!!!!

マウンテン・ティム「うぐ・・・おおおおおおあああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!!」ドッババババァァアァアアアーーーーーーーッ!!!

カーズ「ヌウッ!!」ビシャアアッ!!!

582: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:24:16 ID:ePllNVQI
カーズ「駄目だ・・・!!波紋で治癒できないッ!!」

カーズ(『生物』として破壊されているのではないのかッ!だから波紋で治せないッ!)

カーズ(『空間』!『座標』!もっと別なものとして破壊されているッ!!破壊された・・・消滅した『空間』は元に戻すことはできないッ!決して!)

カーズ(マズいぞ・・・!!このままだとティムは!原子1つ残さずこの宇宙から消えるッ!!)



大統領「マウンテン・ティム!『同じ世界』に『同じ2人』が存在する事はどんな者だろうと出来ない。この私のスタンド能力以外はな・・・」

マウンテン・ティム「ぐがッ」ボグォオン!!!

マウンテン・ティム「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」ズバババババババババババババババババババ!!!!!!



カーズ「一か八か細胞を・・・ッ!!!」ズリョンッ!!

583: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:29:23 ID:ePllNVQI
細胞「」ボジュウッ!!!

カーズ「!!」

細胞「」バシュウウウウウウウウ!!!!

カーズ「・・・!!!」

カーズ(細胞まで消滅した・・・ッ!マウンテン・ティムと同じ遺伝子だからだッ!!こっちの世界のティムと『同一』とみなされたッ!)

カーズ「くッ・・・距離をとるぞティムッ!!!」ガシィッ!!!!

マウンテン・ティム「」バラァアアッ!!!

カーズ「ぐッ!」

マウンテン・ティム「ぐぁ・・・ッ」バラァァァァァァァアアアアアアアアアアアアア

マウンテン・ティム(死ぬ・・・のか・・・)バァァァァァァァァァアアアアアアアアアアア…

584: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:34:49 ID:ePllNVQI
マウンテン・ティム(ここで・・・元とは違う世界で・・・パラレルワールド)

マウンテン・ティム(ベッドの上で死ぬなんて・・・ハナから期待してなかったさ・・・オレはカウボーイだからな・・・)

マウンテン・ティム(帰るところが欲しかっただけさ・・・旅に出たら)

マウンテン・ティム(帰る・・・・・・)

マウンテン・ティム(場所が・・・・・・・・・)

シュウウウウウウウ………







カーズ「・・・!!」

585: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:38:55 ID:ePllNVQI
カーズ「ティ・・・」ガクッ…

カーズ「ティム・・・!」ズ…!



大統領「・・・どうだ?お仲間が塵にもならずに消えた気分は」

カーズ「」ギンッ!!!

カーズ「・・・貴様だけは『けじめ』だ」フラァァァ…

カーズ「貴様だけは今!どうしても殺しておかなくてはならないッ!!!」ダンッ!!!!

ズッバァァアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!

大統領「」ドチャァアアッ!!!

カーズ「・・・」

586: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:43:49 ID:ePllNVQI
大統領「」ズ…

カーズ「!」

大統領「残念・・・『基本』はたった今私になった」ズズ…ッ

カーズ「・・・ッ!!!!」ガシャァアアッ!!!!

大統領「貴様が仲間を失うのは今のが初めてではないはずだ・・・過去に何人仲間を失ってきた?」

大統領「ジョニィ・ジョースター。マウンテン・ティム。そして、ジャイロ・ツェペリもこれから失われる」

カーズ「・・・!!!」ハーーッ ハーーッ

大統領「だが・・・貴様だけでも危険だな」

大統領「貴様はどうやら基本世界にしか存在しないらしい。不思議なことに・・・」

大統領「つまり我がD4Cの能力でも消滅しない・・・困ったものだ。だから」

587: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:44:44 ID:ePllNVQI









大統領「貴様には考えるのをやめてもらおう」








588: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:48:26 ID:ePllNVQI
カーズ「・・・!?」

大統領「私がこの世界に来れたのは『ドア』を通ったからだ。D4Cという空間の窓」

大統領「その空間の窓を閉じる・・・平行世界間のハイパーリンクを永遠に閉じるのだ」

大統領「この私の移動を最後にな・・・」ズッ

カーズ「・・・さ」

カーズ「させるかッ!!」ダッ!!!

大統領「遅い」シュンッ

カーズ「・・・!!」スカァッ!!!!

大統領「貴様はこの世界から永遠に脱出できない。『どこだってドア』は閉じられた」

大統領「アクセルを斬った時の攻撃をすれば間に合ったかもしれないのにな・・・冷静な判断力が失われたようだな」

589: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/08(金) 23:51:07 ID:ePllNVQI
大統領「永遠にさよならだよ。カーズ・・・」ズ…

…フッ











究極馬「・・・」

カーズ「~~~~~ッ!!!」ギリリ…!!

カーズ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!」

595: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 08:49:22 ID:r74J7lyM
カーズ「糞がァァッ!!」ブンッ!!

ズガァァァン!!!

地面「」バキバキバキィイイッ!!!! バゴォオッ!!

パラパラ… パラ…

カーズ「・・・ッ」

カーズ「」ギリギリギリ…!!

カーズ「・・・」ギ…

究極馬「・・・」

カーズ「・・・このまま暴れていても仕方がない。この世界から脱出する方法を考えなくてはな」グッ… ザッ ザッ

究極馬「・・・」…ガポ ガポ

596: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 08:56:44 ID:r74J7lyM
カーズ「まず・・・我々は星条旗を被せられて・・・地面と星条旗に挟まれてこの世界に来た」

カーズ「ヤツは星条旗に挟まれて元の世界に帰って行った・・・」

究極馬「・・・だが、星条旗はここにはない」

カーズ「ああ・・・ヤツが星条旗を持ったままビルとビルの隙間に消えて行ったからな・・・」

カーズ「なら、あのビルの隙間に入れば元の世界に戻れるはずだ」ザッ…

究極馬「・・・なら早く帰ろう。ジャイロが危ない・・・」

カーズ「・・・」グ…ッ

カーズ「・・・」グググググ…

カーズ「ヌ・・・ッ」グググググ…!!

カーズ「・・・!」グググググググググ!!!

597: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 08:59:42 ID:r74J7lyM
究極馬「・・・どうした?」

カーズ「・・・これ」

カーズ「『挟まっている』よな?」



究極馬「・・・」

究極馬「・・・そうだろう。完全に隙間に入り込んでいる」

カーズ「・・・まさか」

カーズ「挟まっても戻れないのか・・・?」

究極馬「・・・!」

カーズ「・・・」

598: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:09:32 ID:r74J7lyM
カーズ「ヤツは消える直前・・・『空間の窓を閉じる』と言った」

カーズ「それが、ヤツが我々を置いて元の世界に帰るだけの事ではなく・・・平行世界間の繋がりを完全に断ち切るということなら」

カーズ「帰る手段はない・・・!」

究極馬「・・・ッ」

究極馬「世界を部屋とし・・・D4Cの能力をドアとすれば」

究極馬「そのドアを壁に変えてしまったということか・・・!」

カーズ「なんとかして壁を打ち破るほかないな・・・」

究極馬「・・・?」ピク…

究極馬「・・・何か音が聞こえないか」

カーズ「・・・何?」

599: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:15:52 ID:r74J7lyM
ディ・ス・コ2「・・・」

ジャイロ2「・・・」



カーズ「・・・あれはこの世界のジャイロ!もう1人は大統領の手下か・・・」

カーズ「・・・」



ディ・ス・コ2「・・・」スッ

ガッシャァァーーーーーーーーーーーーーーン!!!

液体「」バァァアアアアアアアッ!!!!

ジャイロ「・・・!」ダッ!!

600: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:19:01 ID:r74J7lyM
ジャイロ2「」シュバァアッ!!!

鉄球「」ゴォオオッ!!!

ディ・ス・コ2「・・・」

ディ・ス・コ2「」ピッ ピッ

鉄球「」シュッ…



ジャイロ2「」ドガァアアアアッ!!!

ジャイロ2「」ガクッ…

液体「」バシャァアアアッ!!!

地面「」ブスブス… ブス…

601: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:23:18 ID:r74J7lyM
カーズ「・・・マス目」

カーズ「マス目に上から攻撃する能力か・・・自分に向けられた攻撃を相手に返せる」

カーズ「・・・助太刀してやるか」ジャキッ…

カーズ「」ブンッ!!



ディ・ス・コ2「ッ!!!」ズバァァァアアアアアッ!!!!!

ジャイロ2「!?」

ディ・ス・コ2「何ッ・・・」ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!

ディ・ス・コ2「」ドチャァ…

ジャイロ2「・・・!?」

602: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:25:45 ID:r74J7lyM
マス目「」ズズ…

マス目「」ズズズズズズズズズズズズズズズズ…

…ズズッ

ジャイロ2「・・・」

カーズ「ジャイロ・ツェペリ」

ジャイロ2「!!!」

ジャイロ2「」バッ!!

カーズ「貴様に用があってな」

ジャイロ2「なッ・・・」

ジャイロ2「何だッテメェは!?テメェがこの男を殺ったのか!?」

603: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:29:13 ID:r74J7lyM
カーズ「・・・?」

カーズ「・・・ああ、なるほど」

カーズ(大統領も・・・あの男・・・いや、性別があるか分からんが・・・『宇宙』も言っていたな)

カーズ(俺は基本世界にしか存在しない・・・)

カーズ(だが何をもって基本とするのか・・・)

ジャイロ2「おいッ!答えやがれ!」

カーズ「・・・その通りだ」

ジャイロ2「・・・お前、大統領の手下じゃあねえな。だったらコイツは殺さないはずだ」

ジャイロ2「ヴァチカンか?ヴァチカンのスタンド使いか!」

カーズ「違うな」

604: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:35:33 ID:r74J7lyM
ジャイロ2「『ダイヤモンド』を狙っているのか?」

カーズ「・・・何?」

カーズ「『ダイヤモンド』?」

ジャイロ2「しらばっくれんなよ!テメェェーーーッ!!」

ジャイロ2「ダイヤモンド以外の目的で何で俺らに近づく!?見え見えなんだよッ!!」

カーズ「何・・・『ダイヤモンド』?『聖なる遺体』ではないのか?」

ジャイロ2「『遺体』?何だァそりゃあッ!!」

ジャイロ2「『ダイヤモンド』を集めるのがスティール・ボール・ラン・レースだろうがッ!!今は大統領に全部持ってかれてなす術もないがなァーーーッ!」

ジャイロ2「『ダイヤモンド』を手に入れたいなら話しかける人間が違うぜ!大統領だッ!」

ジャイロ2「大統領ならティムとそこら辺で闘ってたぜ?・・・・・・静かだな。もう倒したのか」

605: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:42:09 ID:r74J7lyM
ジャイロ2「ティムのヤツ、大統領を殺してないといいがな。ダイヤモンドの場所を聞き出せなくなる・・・」

ジャイロ2「さ、そこをどいてくれ。悪いがな・・・そこのデカいお馬さんも一緒にな」

カーズ「・・・」

究極馬「・・・」

ジャイロ2「・・・おい聞いてんのか!!」

カーズ「・・・次に貴様は」





カーズ「『一体何なんだテメェはッ!!』と言う!」ドン!!

ジャイロ「『一体何なんだテメェはッ!!』・・・ハッ!!」バン!!

606: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:45:31 ID:r74J7lyM
カーズ「少々手荒いが・・・貴様の記憶を抽出するッ!」ダンッ!!!

シュバァアッ!!!

ジャイロ2(!はッ、速い!!)

カーズ「」バッ!!

ジャイロ2「んぶぅッ!!」ガッシィ!!!

カーズ「波紋疾走ッ!!!」バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂ!!!!

ジャイロ2「うッぐおおおおおッ!?」バヂバヂバヂバヂバヂバヂ!!!!

ジャイロ2「ビ・・・ビリッときたァァーーーーッ・・・」ガクッ…

ジャイロ2「」ドサ…

カーズ「・・・ふむ」バチバチバチ

607: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:54:26 ID:r74J7lyM
カーズ「どうやらこの世界のスティール・ボール・ラン・レースは『ダイヤモンド』を9つ集めるレースらしいな」

カーズ「オエコモバの時のティムの負傷はゾンビ馬というものを使って治し・・・ここまで同行してきたというワケか」

カーズ「・・・おっと。そんなことより、早く世界から脱出できる方法を記憶の中から探さねばな・・・」

カーズ(この世界から脱出する方法がD4C以外にあるなら・・・それは『鉄球』しかありえない!)

カーズ(『黄金の回転』には先があるはず・・・その『先』でこの世界から脱出し、元の世界に戻るッ!)

カーズ「!」

カーズ「・・・これは!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「騎兵の・・・回転・・・!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

608: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 09:58:44 ID:r74J7lyM
『鉄球』は単に手首だけで回転させるものではない

自然から『無限のスケール』を学び、下半身から『腰』『肩』『肘』『手首』『指』とエネルギーを伝わらせて体全体で回すから無敵の回転パワーが得られる

馬のパワーが乗り手の腰から入り、背中・肩へと螺旋で伝わり、腕へと抜け武器を使う技術!!

馬から『回転エネルギー』を得る・・・それこそが『騎兵の回転』ッ!







┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

カーズ「・・・!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

究極馬「ほう・・・!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

611: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 14:03:55 ID:lJLjDCDU
がんばれー

612: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:08:30 ID:r74J7lyM
カーズ「回転・・・」

カーズ(輝彩滑刀に普通の回転を加えた時・・・切断面や切断線が奇妙な軌跡を描いた)

カーズ(黄金の回転では、遠くの物体を斬ることができた・・・)

カーズ(『騎兵の回転』なら・・・)

カーズ(平行世界の壁を突破することができるのかもしれない・・・!!)

究極馬「・・・やるか」ガポ

究極馬「それしかないのだろう。脱出の方法は・・・」

カーズ「・・・ああ」バッ

カーズ「行けッ!!」ドサッ

究極馬「」ガンッッッ!!!!!!!!!!

613: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:12:49 ID:r74J7lyM
バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!!

カーズ「馬のエネルギーを利用し・・・」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!

カーズ「体へッ!!」ガシャァアッ!!

シュィィィィィィィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

カーズ「」ブンッッッ!!!!!!!!!!





ジャイロ「」グォッ!

ディ・ス・コ「ガッ!!」ドグシャァア!!!

ディ・ス・コ「」ドサッ…

614: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:21:51 ID:r74J7lyM
ジャイロ「フー・・・」

ジャイロ「・・・」

ジャイロ「ジョニィッ!」ダッ!!

ジャイロ「・・・くそッ!」

ジャイロ「血しぶきから見てジョニィへの背後からの銃撃だ。そしてジョニィは排水口から中へ逃れたみたいだ・・・爪弾でブロックを破壊して」

ジャイロ「チッ・・・カーズとティムはどこに行った!?何してるッ!!」

ジャイロ「まさか、ジョニィを襲ったヤローに負けたとかじゃあ・・・」



ズ…

大統領「」ズズズズズズズ…

615: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:26:15 ID:r74J7lyM
ジャイロ「違うと信じたいが・・・」キョロ キョロ

ジャイロ「ジョニィ以外の血痕は見当たらねーな・・・よく見たらカーズの馬もいねェ」

ジャイロ「敵を追って行った?大統領から遺体を取り戻せなく・・・」



大統領「」ズォォ…

大統領「」チャキ…



亀裂「」ズバァアアアッ!!!!

ジャイロ「!?」

大統領「!!!」

616: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:32:09 ID:r74J7lyM
亀裂「」グォンッ…

究極馬「」ズギャァァァァアアアアアッ!!!!!

カーズ「遅れて悪かったなッ!ジャイロ!」バァアッ!!



ジャイロ「・・・おッ!?お前はッ!!」

ジャイロ「カーズ!!!」

大統領「何・・・ッ!!」

カーズ「鼻を塞げ!ジャイロッ!!」

ジャイロ「えッ!?」

カーズ「いいから鼻を塞ぐのだッ!!」バッ!

617: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:34:45 ID:r74J7lyM
ジャイロ「・・・!」キュムッ!

カーズ「」ドン ドン ドンッ!!!



ボォォォオオオオオン!!!!

大統領「ぐむうッ!?」

ジャイロ「!!」

ジャイロ「だ・・・大統領ッ!?」

大統領「こ・・・この爆発はッ!!この凄まじい悪臭はッ!!」

ドォォオオオン!!! バゴォォオオン!!!!

大統領「ぐおあああッ・・・!!!!」ブフォアアアアアアアアアア!!!!

618: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:38:35 ID:r74J7lyM
大統領「カーズ貴様ァァアッ!!どうやって平行世界から帰ってきたッ!空間の窓は閉じた・・・ッ」

大統領「ぐあああああッ!!クソがァアアッ!!!」バサァアアッ!!

…ヒュパッ





ジャイロ「き・・・消えたぞ!!」

カーズ「『臭い』から脱出するぞッ!!今ならヤツも攻撃できんッ!!」ガッシィ!!!

ジャイロ「あ・・・ああッ!!」

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ…

619: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:46:05 ID:r74J7lyM
…バカラッ バカラッ バカラッ

カーズ「・・・よし」グイッ バカッ バカッ

カーズ「こっちは風上だ。もう臭いも大分薄くなっているはずだ」

ジャイロ「ああ・・・」パッ

ジャイロ「うぐッ!?」グラッ

ジャイロ「オ・・・オェェッ!!ゲボォオッ」ビシャビシャビシャ!!!

ジャイロ「カ・・・カーズ!お前何やった!?」ゼーーッ ゼーーッ

カーズ「シュールストレミングだ。アレを体内で生成して発射した。大統領の方も今頃は吐き気を催しているだろう」

ジャイロ「ゲハッ」ビシャッ

ジャイロ「え・・・えげつねぇなお前・・・」ウプッ

620: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:49:16 ID:r74J7lyM
カーズ「問題はそんなことじゃあない・・・ジョニィがここにいる」バッ!

ジャイロ「な・・・何!?」ゼーーッ ゼーーッ

カーズ「ああ。下水溝を通って・・・」スタッ

カーズ「このブロックの下だッ!!」ガッ!!

ブロック「」ガリッ!!

ブロック「」ガインッ!! バギャアッ!!!

ジャイロ「ジョ・・・ジョニィッ!!」バッ!

ジョニィ「」ガシィッ!!!

ジャイロ「うッ・・・!!!」グイッ!!

カーズ「」グッ!

621: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 21:58:06 ID:r74J7lyM
ジョニィ「うッ・・・」ズルゥウウウッ!!!!

ジョニィ「ガハッ」ドサァアアッ!

ジャイロ「ジョニィッ!!」

カーズ「間に合ったな・・・」フゥ

ジャイロ「カ・・・カーズ!波紋をッ!!」

カーズ「ああ・・・」スゥゥ…

カーズ「コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ・・・」バチバチッ バチッ

バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂッ バヂヂヂッ

カーズ「深仙脈疾走ッ!!!!」バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂィィイイイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ジョニィ「」バリバリバリバリバリバリバリバリィィイイイイイイイイイイイイイイイッッ!!!!!!!!!!

622: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:04:47 ID:r74J7lyM
バリバリバリバリバリバリバリ!!!! バヂバヂバヂバヂバヂ!!!

バヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂバヂ バチバチバチバチ

バチバチバチバチバチ… バチチチチ…

チチ…

チ…

ジョニィ「」パチッ

ジョニィ「」ガバッ!!

ジョニィ「こ・・・ここは!?」

ジャイロ「ジョニィイッ!!!」バッ!!

ジョニィ「うわッ・・・」バタァアン!!

623: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:10:53 ID:r74J7lyM
ジョニィ「ちょッ・・・ジャイロ離れろ!」グイイイイ!

ジャイロ「うるせェ!!こっちは心配してたんだぜッ!!!」グギギギギ

ジョニィ「う・・・ッ」

ジョニィ「・・・それは・・・悪かった・・・」

カーズ「・・・」

ジョニィ「ところでカーズ!ティムはどこに行ったんだ?近くにいるのか?」

カーズ「!」

カーズ「・・・」

ジョニィ「・・・?」

ジャイロ「カーズ・・・?」

624: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:15:43 ID:r74J7lyM
カーズ「・・・ティムは」



カーズ「死んだ・・・」

2人「!?」

ジャイロ「・・・は?」

ジャイロ「おま、ちょ・・・何言って・・・」

ジョニィ「・・・!」

ジャイロ「おいおいおい・・・こんな時に嘘ついてんじゃねーよ・・・どうせアレだろ?生きてましたーってヤツだろ?」

カーズ「・・・」

ジョニィ「・・・」

625: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:20:28 ID:r74J7lyM
ジャイロ「・・・おい!」

カーズ「・・・」

ジャイロ「証拠は!?死んだって証拠はあるのか!?」

カーズ「・・・ある」

カーズ「探してみるといい。今、この世界にマウンテン・ティムという人間は存在しない」

カーズ「それが証拠だ・・・」

ジャイロ「・・・ッ!」

カーズ「それと、残念だが・・・今はティムの死を悲しむよりも優先すべきことがある」

カーズ「大統領だ。ジョニィ、お前を助けるために大統領にとどめを刺さなかった」

ジョニィ「!」

626: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:23:52 ID:r74J7lyM
カーズ「お前を責めているわけではない。・・・大統領が生きている。それだけのことだ」

カーズ「体勢を立て直し・・・大統領を潰しに行くぞ」

2人「・・・!!!」

2人「・・・ああッ!」







大統領「ご・・・ごブゥッ!!」ゴボォオッ!!

大統領「」コヒューーー… コヒューーー…

大統領2「・・・」

627: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:37:33 ID:r74J7lyM
大統領「ぐ・・・ッ」コヒューーー… コヒューーー…

大統領「まずいな・・・」コヒューーー… コヒューーー…

大統領「基本世界は・・・任せたぞ・・・」コヒューーー… コヒューーー…

大統領2「・・・」

D4C「」ズッ…

D4C「」ズォオオオッ!!!

D4C「」シュバァアアッ!!!

大統領「・・・」

大統領「今・・・この私が『基本』になったのか・・・」

大統領2「・・・」コヒューーー… コヒューーー…

628: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/09(土) 22:40:57 ID:r74J7lyM
大統領2「・・・フッ」

大統領2「ガボッ!ゴブッ」ブショァッ!!

大統領2「ぐ・・・ッ」ズル…

大統領2「」…ゴト



大統領「・・・」

大統領「独立宣言庁舎に戻り・・・基本世界へ」ザッ

大統領「残るは『頭部』・・・一体どこにあるのか・・・」ザッ ザッ ザッ

ザッ… ザッ… ザッ… ザッ…


634: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 21:46:58 ID:2AX9q0w6
鉄球「」シルシルシルシル

シルシルシルシルシル…

ジャイロ「・・・」シルシルシルシル…

ジャイロ「いない。独立宣言庁舎には・・・『遺体』もないようだ」

カーズ「・・・大統領が平行世界に持ち込んだな」

ジャイロ「・・・平行世界に持ち込んだら、『遺体』も消滅するんじゃあないのか?」

カーズ「・・・」

カーズ「・・・平行世界に存在しないとしたら?」

ジャイロ「・・・何だと?」

カーズ「この世界は『基本世界』だ・・・大統領が言っていた」

635: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 21:53:51 ID:2AX9q0w6
カーズ「『基本世界』とは・・・何が基本なのか?ずっと疑問に思っていた」

カーズ「今分かった。『聖なる遺体』は基本世界にのみ存在する・・・『遺体』が常にある宇宙が『基本世界』なのだ」

ジャイロ「・・・」

ジャイロ「さっき言っていたな・・・大統領の能力『D4C』は平行世界間を行き来する能力と」

カーズ「基本世界にしか『聖なる遺体』は存在しない・・・他の世界の『遺体』と一緒になり消滅することはない」

ジョニィ「・・・『遺体』が安全なことは分かった」

ジョニィ「でもどうするんだ?『遺体』を持って『平行世界』に逃れられたら・・・打つ手はないぞ」

カーズ「・・・」

ジョニィ「僕は『遺体』を諦めることはできない」

ジョニィ「僕の脚が動いたッ!あとほんの少しなんだッ!!」

636: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 21:58:47 ID:2AX9q0w6
ジョニィ「夢や幻なんかじゃあないッ!本当だッ!」

ジョニィ「『生きる』とか『死ぬ』とか誰が『正義』でだれが『悪』だなんてどうでもいいッ!!『遺体』が聖人だなんて事もぼくにはどうだっていいんだッ!!」

ジョニィ「僕はまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!」

ジョニィ「『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!」

カーズ「・・・」

カーズ「2つ朗報がある・・・そんなお前にな」

ジョニィ「・・・?」

カーズ「『1つ』は『騎兵の回転』だ。後で教えようと思う・・・」

ジャイロ「・・・!?どこでそれをッ!」

カーズ「平行世界のお前からだ。ジャイロ」

637: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:05:54 ID:2AX9q0w6
カーズ「ティムが向こう側の世界で『2人』になり、そして死んだ。その後俺は向こう側の世界に閉じ込められた」

カーズ「向こうの世界から脱出する方法を探っていて、平行世界のジャイロ!お前と出会い、記憶を抽出した・・・」

カーズ「ジョニィ!『騎兵の回転』については後だ!それよりも重要なのは『2つ目』の方だ」

ジョニィ「・・・2つ目!」

カーズ「『遺体』の現在地が分かる。理由は不明だが・・・平行世界の壁を『遺体』の位置が分かる」

2人「・・・何ッ!?」

カーズ「移動先が分かる・・・!大統領の最終目的地もなッ!!」



大統領「・・・『遺体』が」

大統領「求めている・・・地図の『最終地点』を」

638: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:13:58 ID:2AX9q0w6
大統領「頭部は揃っていない・・・『8部位』。まだ『未完成』だ・・・」ズ…!

大統領「しかし・・・これほどまでのエネルギー・・・!!」ズォォ…!

遺体「」ズォォォォ…!!!

大統領「たったの『8部位』でこれか・・・!大西洋へ向かうエネルギー・・・!」ズォォォオオオオ…!!!!

大統領「もし遺体が『9部位』!完全に揃ったなら・・・!この宇宙に一体何が起こるのか・・・!!」オオオオオオオ…!!!!

大統領「楽しみだ・・・」



カーズ「・・・ヤツはデラウェア河だ。デラウェア河に『遺体』は向かっている」

ジョニィ「・・・信じていいんだな」

ジョニィ「信じていいんだな・・・!!そこに『遺体』はあるんだな・・・!!!」

639: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:17:52 ID:2AX9q0w6
カーズ「あるとしても、『9部位』ではない。『8部位』だ」

カーズ「だが・・・絶対だ。『8部位』は絶対にそこにある」

ジャイロ「そうと決まったら・・・行くしかないな!」バッ! ドサッ

ジョニィ「」グ…

カーズ「・・・」ガポ ガポ

カーズ「行くぞ・・・『デラウェア河』。大統領を探し出し・・・」

3人「『遺体』を手に入れるッ!!!」ガンッ!!!!

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!



ホット・パンツ「・・・」…チャッ

ホット・パンツ(デラウェア河・・・だと)

640: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:26:29 ID:2AX9q0w6
ホット・パンツ(ここからならあの3人よりも近い)スト…

ホット・パンツ(・・・行くか!)

ホット・パンツ「」ガンッ!!!

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ…



カーズ「・・・河を渡り始めた。船だ!向こう岸に渡り・・・列車に乗るッ!!!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ジャイロ「・・・列車!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ジョニィ「おそらく列車内でこの世界に帰ってくるはず・・・!ヤツもなるべく危険は最小限にしたいはずだからな。ギリギリでこの世界に戻ってくる・・・」

カーズ「・・・そこを叩く!」ガンッ!!

641: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:36:42 ID:2AX9q0w6
ホット・パンツ「・・・」

ホット・パンツ(読唇術・・・確実ではないにせよ、会話の内容が分かる・・・)

ホット・パンツ(『列車』と言った!カーズは『列車』と・・・『列車』と言った!)

ホット・パンツ(追跡すべきは『列車』か・・・!!!)

ホット・パンツ「『聖なる遺体』はカーズ!貴様にもッ!!大統領にも渡さないッ!!」ガンッ!!





カーズ「・・・『ホット・パンツ』だ。『ホット・パンツ』も大統領を追っている」

ジョニィ「・・・あいつがどうやって平行世界の『遺体』の位置を探知できるんだ?」

ジャイロ「知らねーな。でもたった1つ言えるのは・・・アイツにも『遺体』を渡せねーってことだ」

642: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:44:55 ID:2AX9q0w6
ジョニィ「持つべきものは『敵』だ。ホット・パンツに遺体を奪わせるのもいいのかもしれない」

ジョニィ「あの女が大統領に勝って『遺体』を持ったら・・・僕らがそれを頂く!」

カーズ「最後に『遺体』を手にするのは我々だ・・・!!」









バサァアアアアッ!!!!

大統領「どじゃぁぁぁぁあああ~~~~ん」バァッ

大統領「・・・ン!」

643: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:49:32 ID:2AX9q0w6
…バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ホット・パンツ「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ



大統領「・・・フム」

大統領「もはや誰も追っては来ないと思ったがな・・・」

大統領「やはりわたしの最大の『目的』はこれらしい・・・『こういう予期せぬ事が起こらぬようにすること』!」

大統領「『全て』をわたしの味方とする・・・それは『不運』さえも・・・私が『ナプキン』をとる」クルッ

大統領「さて・・・操縦士に細工を仕掛けに行くとするか」コツ… コツ… コツ…



ホット・パンツ「・・・!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

644: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 22:52:28 ID:2AX9q0w6
ホット・パンツ「」バッ!!

ホット・パンツ「ううッ!」ズッダァ!!

ホット・パンツ「・・・」グ…!

ガチャァアアッ!!!



ホット・パンツ「・・・」

カッ

ホット・パンツ「大統領はどこに・・・」カツ… カツ… カツ…

カツ… カツ… カツ……

…ズッ

645: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:01:45 ID:2AX9q0w6
大統領「」ザッ…

ホット・パンツ「!!!」

ホット・パンツ「」バッ!!

大統領「」バサァァアアッ!!!

ホット・パンツ「!」

ホット・パンツ(星条旗・・・!!これに挟まれるとマズいッ!!カーズ達を遠くから観察していたから分かるッ!!)ダッ!!

ホット・パンツ「くッ・・・」ズザザッ!!

星条旗「」パサ!

ホット・パンツ「」ジャッ!!

スプレー「」チャッ!!

646: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:04:00 ID:2AX9q0w6
スプレー「」ブシュウウウウウウッ!!!!!

大統領「!!」

大統領「」サッ!!

ベシャァアッ!!!

壁「」デロォ…

大統領「・・・」

大統領「」バッ!!

ホット・パンツ「!?窓に向かって・・・ッ」



カーテン「」バサァアッ!!!

647: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:06:34 ID:2AX9q0w6
カーテン「」フワァア…

大統領「・・・」

ニヤリ

ホット・パンツ「!」

ホット・パンツ「まずいッ!カーテンで挟む気だッ!!」バッ!!

スプレー「」ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!!!!!!!!!!

カーテン「」バショァアアアアアッ!!!!

ホット・パンツ(これで数秒はカーテンの落下を止められる・・・!その隙に仕留めるッ!!)ダッ!!

大統領「・・・フン!」

大統領「そのスプレーを待っていたのだよ・・・!」

648: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:11:08 ID:2AX9q0w6
…ボタッ

ボタボタボタボタ

肉「」ボタボタボタボタ

ホット・パンツ「!」ハッ!

大統領「『挟んだ』な・・・」ボドボドボドボドボドボドボド

ホット・パンツ「し・・・しまッ・・・!!」

大統領「」シュウッ



ホット・パンツ「・・・!!!」

ホット・パンツ(大統領の能力は・・・おそらく『挟まれると瞬間移動する能力』!どこから現れるのか予測できないッ!!!)

649: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:12:25 ID:2AX9q0w6
ホット・パンツ(後ろかッ!横!?上かッ!下・・・!!)



ズズ…

大統領「」ズズズ…

大統領2「」ズズズズズ…

大統領3「」ズァァァァ…!



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ホット・パンツ「・・・な」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ホット・パンツ「何ィッ!?」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

650: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:18:22 ID:2AX9q0w6
大統領達「「「『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』」」」ズォオッ!!!

大統領「連れて来た・・・3対1だ」

大統領2「連れて戻って来た!向こうから3人で戻って来た!」

大統領達「」ダッ!!!

ホット・パンツ「うッ・・・!!」

ホット・パンツ「ぐぁぶッ!!」ドッゴォオ!!!!

バキィッ!! ドガァアッ!! グシァアアッ!!!

ホット・パンツ「うああッ・・・!!」ブシュッ!

大統領3「とどめくらえッ!!」グォンッ!!

ホット・パンツ「」バッ!!

651: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:21:41 ID:2AX9q0w6
ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!!!!!!

大統領「ぐあッ!!!」ブシュウウッ!!!

大統領2「うごォォッ!!」バッダァ!!!

大統領3「め・・・目がッ!!肉スプレー・・・!!!」

ホット・パンツ「私のターンだッ!!」ジャッ!

ナイフ「」ジャキィイッ!!!

ズバァアアアッ!!!



大統領2「ぐァ・・・ッ」ブシュウウッ!!!

大統領2「うごォ・・・」ドシャァッ

652: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:25:05 ID:2AX9q0w6
ホット・パンツ「」ヒュッ!!

大統領「うごぼォオッ!!!」ドズウウウッ!!!

大統領「がッ・・・」ガクッ…

D4C「」ズッ!!

ホット・パンツ「!!!」



D4C「」ズォアアアアン!!!!

大統領「・・・!!!」

大統領「『基本』は私になった・・・!!」

ホット・パンツ「それが何だッ!目が見えないのは変化しないだろうッ!!」ダッ!!

653: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:28:00 ID:2AX9q0w6
農民「」ザグゥウウッ!!!!

農民「かッ・・・」ズルッ…

農民「」ドシャ…



ホット・パンツ「・・・!?」

大統領「・・・!?」

大統領「・・・何だ、急に・・・」

ホット・パンツ「」ハッ!!

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「目に付着していた肉が取れた・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

654: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:31:55 ID:2AX9q0w6
ヴォォオオオオオ…ンンン…!!!

大統領「な・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「何だ・・・この光は・・・!このオーロラのようなものは・・・!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「貴様のナイフによる攻撃が吹き飛び・・・!あの農民に・・・!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ホット・パンツ「・・・!?」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「」クルッ!!!

遺体「」

大統領「・・・!!」

大統領「『遺体』のパワーか・・・!!まだ『8部位』・・・!完成していないというのに・・・!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「この現象・・・!吉良なるものだけが集まっているというのか・・・!!」

655: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:40:18 ID:2AX9q0w6
大統領「いや・・・!厳密には違う!『害悪なるもの』だけが弾き飛ばされたのだッ!!無関係のあの農民が今ッ!ヘタを掴んだ!」

大統領「集まっているのではなく、自然と吉良なるものだけで構成されるようになっているのだ・・・!!」

大統領「『遺体』ではない!この現象は私の力だッ!『遺体』が不完全ながら、能力を引き出してくれているッ・・・!!!」

大統領「D4Cの新たな段階だッ!!!」

ホット・パンツ「・・・!!!」

大統領「『力』!!『栄光』!!『幸福』!!『文明』!!『法律』!!『金』!!『食糧』!!『民衆の心』!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

大統領「この私がッ!最初のナプキンを手にしたぞッ!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ホット・パンツ「き・・・」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

ホット・パンツ「貴様・・・!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

656: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/10(日) 23:43:27 ID:2AX9q0w6
今日はここまで。

「なんで8部位なのにラブトレイン発動してんだよ」という方のために少し解説すると・・・

8部位→不完全なラブトレイン
9部位→普通の(原作の)ラブトレイン

ということにこのSSではなっています
不完全なので、周りの物体が遺体に近づいて来たりすることはありません

660: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 11:27:47 ID:7y.LK/dE
頭部どうすんだこれ……まさかホットパンツ懐胎?

661: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:19:50 ID:9mDuuj3c
バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

3人「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!

カーズ「列車を止めて脱線させるぞ・・・いいなッ!!大統領のいる号車は把握しておけ!」

ジャイロ「OK!」

ジョニィ「こっちもだ!」

カーズ「」ズズ…ッ

カーズ「」バシュシュゥウッ!!!

羽「」ギュゥンッ!!!



機関室「」ドグシャァアアアアッ!!

662: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:22:45 ID:9mDuuj3c
バグォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!!!!!!!!!!!!



大統領「!」

ホット・パンツ「!?」ガグゥゥウン!!!

大統領「これは・・・機関室が爆発したのか?」

大統領「列車を脱線させて私を仕留めるつもりか・・・」



列車「」ギィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!

列車「」ギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリギャリ!!!!!!

ズガォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

663: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:25:45 ID:9mDuuj3c
列車「」ズガガガガガガガガガガガガガガガガ…!!!



ホット・パンツ「・・・ッ!!」

大統領「カーズ達が来る・・・D4C!厄介者が到着する前に・・・先に入り込んだドブネズミを始末しろ」

D4C「」ズォンッ!!!

ホット・パンツ「くッ・・・!!」ダッ!!

D4C「」ブンッ!!

ホット・パンツ「うあああーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」ズバァアアアアッ!!!



ホット・パンツ「」ゴロゴロ ドザァッ!!

664: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:31:05 ID:9mDuuj3c
ジャイロ「!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ジャイロ「ホット・パンツが転がり出てきたぞッ!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

ホット・パンツ「う・・・ッ」グ…

ジョニィ「ホット・パンツ!『遺体』は手に入れたのかッ!?」

ホット・パンツ「うぐッ・・・!」



大統領「」ズァアッ…

ジャイロ「!!」

大統領「」ドンドンドンッ!!!

ジャイロ「オラァアッ!!!」ブンッ!!

665: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:35:52 ID:9mDuuj3c
鉄球「」ギュォォッ!!!

弾丸「」ギャイン!

ギャイン ギャィィーーーーン!!!

鉄球「」ゴォッ!!

ジョニィ「鉄球がそのまま直撃するッ!!」

ジョニィ「ジャイロッ!カーズッ!!そいつを何かに挟ませるなァーーーッ!!挟んだら平行世界で入れ替わってしまうッ!!」

ホット・パンツ「へ・・・平行世界」



大統領「」スッ…

大統領「」ズァンッ!!

666: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:39:46 ID:9mDuuj3c
ジャイロ「!?」

ジャイロ「何だ!?あの野郎が光の中にッ!」

ホット・パンツ「ひ・・・光の中に入らせたら駄目だッ!!」

ホット・パンツ「あらゆる攻撃が弾かれるぞッ!!!」

カーズ「!何ッ・・・」

鉄球「」ガァァン!!!

ジョニィ「光の壁に当たったぞッ!」



中国人「さて、包丁を・・・」

中国人「ッ!?」ズルゥウッ!!

667: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:43:17 ID:9mDuuj3c
中国人「バ・・・バランスが――」

ドズゥウウウッ!!!!

中国人「がッ・・・!!!!」ガグゥウッ!

中国人「ごッ・・・」ゴト…ッ



ジャイロ「!?」

ジャイロ「い・・・今のはッ!?」

ジョニィ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ドンドンドンドンドン!!!

ジャイロ「ま・・・待てッ!ジョニィッ!!」

爪「」ズギャギャギャギャギャッ!!!!

668: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:51:30 ID:9mDuuj3c
バゴバゴバゴバゴバゴ!!!

鉄骨「」グラリ…ッ

鉄骨「」ブォンッ

ドグワシャァアアアアアアッ!!!!

フランス人「うわああああああああああああああ!!!!」ガラガラガラガラガラ…



ジョニィ「・・・!!!」

大統領「スキ間の中で見えたか・・・?ジョニィ・ジョースター、地球の裏側なのかな・・・作業員が死んだぞ。鉄骨が落ちてな」

カーズ「ジョニィッ!!無駄に撃つなッ!!」

カーズ「大体察しがつく・・・あの『光の壁』は『空間の壁』だ!!異なる『空間』がそこにあるッ!」

669: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 22:58:19 ID:9mDuuj3c
カーズ「『騎兵の回転』だッ!教えただろう!!それを使えばあの壁も突破できるッ!おそらくだが」



大統領「」ズッ…

大統領「」ズォァアアアアッ!!!

ジョニィ「・・・!!!」

ジョニィ「だ・・・!大統領が向かってくるッ!!光の中を・・・!!!」

ホット・パンツ「・・・!!!」

大統領「」ゴォッ!!!

ジャイロ「『黄金長方形』だぜッ!ジョニィッ!!!」

ジャイロ「馬をそのフォームで走らせろッ!もし馬から『回転のエネルギー』をオレたちに得られるなら、馬のフォームは黄金長方形しかないッ!」

670: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:02:21 ID:9mDuuj3c
ジャイロ「馬自身が『良い』と思うように走らせろッ!馬がこの草の上を自然体で走って喜ぶように!馬自身がこの大地と空の下に生まれて来た事を感謝するように!!」

カーズ「それが『黄金長方形』をつくる時だッ!!」

ジョニィ「・・・!!」

ジョニィ「」ガンッ!!!!

大統領「」ゴォッ!!!

カーズ「ジャイロ!大統領がジョニィを追っているッ!大統領を追うぞッ!!」ガンッ!!

ジャイロ「」ガンッ!!

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!

大統領「・・・」ズォォォォォォォォォ…!!!

大統領(何を企んでいる・・・カーズ!)ズォォォォォオオオオオ

671: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:08:04 ID:9mDuuj3c
ジョニィ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!

長方形「」キラッ…

長方形「」キラ キラ キラ キラ

黄金長方形「」キラキラキラキラキラキラキラキラ

ジャイロ「形ができているッ!!ジョニィッ!!!」シルシルシルシル

カーズ「・・・」シュキィィィィィィイイイイイ!!

大統領「!!!」

ジャイロ「回転を叩き込めェェーーーーーーーーーーーッ!!!」グッ!

カーズ「」ジャッ!!

ジョニィ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!」バッ!

672: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:13:25 ID:9mDuuj3c
ジョニィ「タスクッ!!ACT3!!!」ドンンンッ!!!!!

ジャイロ「」ブンッ!!!!

カーズ「」ブンッ!!!

ガギャァァアアアアアアッ!!!!







大統領「うぐおおおおッ!!!」ズバズバズバッ!! シワシワシワシワ

D4C「」バラァアッ!!

大統領「ろ・・・老化して裂けているッ!!」ズパズパズパ!!

673: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:16:01 ID:9mDuuj3c
ボール・ブレイカー「」ピタァアア

ACT4「」ピタァアアアッ

大統領「うッ・・・」

大統領「ひ・・・引っ付いている!」

大統領「な・・・何だこれはッ!このエネルギーの形ども・・・!!」

大統領「アフリカとか中国とか地球の裏側へ飛ばされず・・・この壁に引っ付いて入って来ようとしている!」



ボール・ブレイカー「」ギギギ…!!!

ACT4「」グァアアアッ!!!!

亀裂「」ガバァァァァアアアアッ!!!!

674: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:19:36 ID:9mDuuj3c
大統領「き・・・亀裂をッ!!広げた・・・!!広げやがったッ!!」

ACT4「」グォッ!!!

ボール・ブレイカー「」グァッ!!

大統領「ま・・・まずいッ!!!」





ドグシャァァァァァアアアアアアアアッ!!!!

大統領「うッぐあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーッ!!!」

大統領(馬鹿・・・なッ!!)

大統領(『遺体』は・・・!!この私を・・・!!!)

675: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:21:49 ID:9mDuuj3c


















…ドクンッ

676: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:23:21 ID:9mDuuj3c
大統領「!?」

カーズ「・・・ッ!?」



グ…

ジョニィ「」グニャァ…

ジャイロ「」グニャァ…

カーズ「・・・何!?」

ホット・パンツ「」グニィィィイイ…!

カーズ「な・・・ッ」

景色「」グニャァァァァァァァァァァ…

677: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:25:02 ID:9mDuuj3c
大統領「な・・・何だ!?何が起こっているッ!!!」

カーズ「・・・!?」



グォォォォオオオオオオオオオオオオオオオ…!!!!

ACT4「」ググ…グ…!!

ボール・ブレイカー「」グググググ…ッ!!!

ACT4「」バシュンッ!!!!

ボール・ブレイカー「」バシュンッ!!!



大統領「!!!」

678: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:27:45 ID:9mDuuj3c
亀裂「」ピシ! ピシピシ

大統領「き・・・」

大統領「亀裂が塞がっていく・・・!あのエネルギーの『形』も消えたッ!」

大統領「『弾き飛ばされた』のだッ!!!ここではないどこかにィッ!!」バッ!!

カーズ「何・・・!!!」

大統領「そうか・・・!そうだッ!!」

大統領「『ラブトレイン』は未完成だったのだッ!遺体は『8部位』!頭部がなかったッ!!」

大統領「しかし!!今、『頭部』が揃ったのだッ!!だからだッ!!『ラブトレイン』は・・・」

大統領「完成したッ!!!」バァァーーーーーーーーーン!!!

カーズ「何・・・!!!」

679: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:33:14 ID:9mDuuj3c
大統領「貴様・・・なぜ私についてこられる?カーズよ」

カーズ「・・・」

大統領「他の物体は全て歪んで・・・とっくに消滅――」



ゴォォォォォォォ…

ゴォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

スターボウ「」キラ… キラ…

大統領「・・・!!!」

大統領「スターボウ・・・たしか・・・亜光速移動をしているときに現れるのだったか・・・」

大統領「ここは宇宙か?我々は宇宙空間を移動している・・・?」

680: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:38:38 ID:9mDuuj3c
大統領「・・・なるほど」

カーズ「・・・?」

大統領「この現象は『遺体』が9部位全て揃ったから起こったのだろう・・・それ以外に説明のしようがない」

大統領「つまりカーズ・・・貴様がッ!」









大統領「『頭部』!遺体の『頭部』だったのだッ!!!」ズッギャァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

カーズ「・・・何ッ!?」

681: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:41:05 ID:9mDuuj3c
カーズ「貴様・・・!!ついに頭がイカレ――」



遺体「」ギュォッ!!!

カーズ「!!!」

遺体「」ズァッ!!!!

カーズ「な・・・」ズリョズリョ

カーズ「何ッ!!」ズリョォォォ…!!

大統領「間違いない・・・他の遺体が貴様の身体に吸い寄せられていくッ!」

大統領「貴様はたった今!『頭部』として完成したようだ・・・!!!だから!ラブトレインも完成したッ!!」

カーズ「・・・!?」

683: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:46:20 ID:9mDuuj3c
「ぐッ・・・」ガタァッ

「カ・・・カーズ!」ガクガク ガクガク

「ぐ・・・ッ!ぐおああ・・・ッ!!!頭痛が・・・ッ!!」ガクガクガク

「あの日・・・!!あの時・・・!!基本世界にしか存在しなくなったのは・・・ッ!!!」ゼーーーッ ゼーーーッ



???「・・・」

???「宇宙は俺が思っていたほど・・・」

???「どうやら崇高な存在ではなかったようだ」

「ッ!?」バッ!!

???「かつて俺は・・・」

684: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/11(月) 23:51:30 ID:9mDuuj3c
???「友に対し・・・『神がいるとして運命を操作しているとしたら・・・俺たちほどよく計算された関係はあるまい』・・・こう発言したことがある」

???「しかし、間違いだったようだな」

???「神や宇宙といった存在は・・・計算ミスをする。その計算ミスが『俺』や『カーズ』だ」

???「2人の『特異点』は・・・神の誤算だったというわけだ」

???「我々は全てを超越した存在・・・」

「貴様は・・・!!!」ズキ ズキ

「もう1人の特異点・・・ッ!!!」ズキ ズキ



「DIOッ!!!」バァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

DIO「フン・・・」ドォォーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

691: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/12(火) 18:52:06 ID:lZa10yZk
ごめん。プッチのことかと思ったわ

699: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:00:03 ID:BTB65Mcw
カーズ「・・・!!」シルシルシルシルシルシルシルシル…!!!

鉄球「」バシュゥゥウッ!!!

ゴォオッ!!!



大統領「無駄だッ!!!」

鉄球「」ドッギャァァーーーーーーーーーーーーーーン!!!!



アメリカ人「オラァァ死ねェェッ!!」ドガァアッ!!!

韓国人「ぐぶッ・・・!」ドゴォオッ

アメリカ人「イエローモンキーが」ペッ

700: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:02:26 ID:BTB65Mcw
アメリカ人「もう1ぱァァァつッ!!!!」ゴォオッ!!!

韓国人「ヒィッ――」

…ゴォオッ!!!

トラック「」ドォォーーーーーーーーーーーーーン!!!

アメリカ人「!?」

韓国人「えッ・・・」

ドグシャァァァァァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!



大統領「・・・弾かれたぞッ!!」

カーズ「・・・」チッ

701: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:07:52 ID:BTB65Mcw
大統領「『騎兵の回転』とか言ったか・・・?無意味だ!」

大統領「ついに我が『聖なる遺体』は・・・我が『ラブトレイン』は完成したのだ!私は強大な力を手に入れてみせたッ!」

大統領「この宇宙さえ!私の手の上の粘土となる・・・ッ!!!時空間のあらゆる物理法則が私の支配下!!」

大統領「『宇宙』という盤の上で我々はチェスをしていたのだ・・・!カーズッ!!勝ったのは私だ!!!貴様ではない」

大統領「だがありがとう!貴様が遺体でなかったなら、私は今も『頭部』を見つけることができず・・・お前たちの回転の前に完全敗北していたのだろう」

大統領「終わりだ・・・!!私は盤上の支配者だッ!!!」



カーズ「・・・」

カーズ「・・・そうか」

カーズ「残念だったなァァ・・・」

702: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:14:54 ID:BTB65Mcw
カーズ「貴様の支配は一時で終わりそうだ・・・」

大統領「・・・何?」

カーズ「いや・・・言い直そう。貴様の支配は一時たりとも『できていなかった』」…シル

カーズ「『回転』にはまだ『奥』がある」シルシルシルシル

シルシルシルシルシルシルシルシル

大統領「・・・」



一ノ谷の戦い!

平安時代末期、治承8年2月7日(1184年3月20日)に摂津国福原および須磨で行われた戦いであるッ!

源義経が馬で崖を降り、平氏の陣を後ろから襲撃したという有名な逸話が残されている戦いであるが・・・

703: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:17:47 ID:BTB65Mcw
畠山重忠という武将はその際、馬を担いで崖を降りたという!

人のエネルギーが馬に伝わったのだ!!騎兵の回転の逆である!





まさに『人馬一体』!!!





乗り手の回転エネルギーを馬へ!

馬は得た回転エネルギーを乗り手へ!

何億回もそのエネルギーの反射を繰り返し――

704: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:22:46 ID:BTB65Mcw
カーズ「」シルシルシルシルシルシルシルシルシル…!!!

大統領「・・・!」



増幅させ、一気に解き放つッ!!!



カーズ「この回転に名を冠するなら・・・何という名がよいと思う?ファニー・ヴァレンタイン」

大統領「・・・」

カーズ「このカーズは・・・この世界の歴史は巨大な『潮の流れ』だと思うのだ」

カーズ「波紋戦士との数千年の争いも・・・このレースも・・・一族を滅ぼしたあの夜も」

カーズ「全ては『潮』だ!!『潮』のように大きく流れているッ!!!『戦闘』の『潮流』!!!」

705: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:26:23 ID:BTB65Mcw
カーズ「『戦闘潮流の回転』だッ!!!!!」

大統領「・・・!!!」



究極馬「」ガンッ!!!

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!!!!

カーズ「これで終わりだ・・・」シルシルシルシルシルシルシルシル

カーズ「すべてに終止符を打つッ!!!」ブンッッッ!!!!!!!!!!





ドッガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!

706: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:30:23 ID:BTB65Mcw
大統領「ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!!!!!!!!!!!!」バガァァァァアアアアアッ!!!!

大統領(なんという莫大なエネルギー!!!!消し飛ばされそうだァァ・・・ッ!!!!)



カーズ「」ガンンッ!!!!

大統領「!!!」

カーズ「」コォォォォォォォォォォォォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ……!!!!

大統領「何ッ・・・!!!」

カーズ「吹っ飛びな」ブンッ



大統領「ごぶァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!」ドグァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

707: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:33:39 ID:BTB65Mcw
大統領「がァッ・・・」グラ…

…ボロッ

ボロ… ボロボロ…

大統領「・・・」ボロボロボロ…

バラッ…

大統領「・・・!!!」バラバラバラ…

大統領「な・・・にが・・・!!!」バラァァァァァァァァアアアアアアアア…!!!

大統領「D4Cィィイイイッ!!!平行世界へ逃げるぞォォオオオ・・・ッ!!!」バラァァァァァァアアアアア!!!!

D4C「」バラァァァァァァァアアアアア!!!!!

カーズ「・・・不可能だ」

708: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:35:47 ID:BTB65Mcw
大統領「わ・・・!」

大統領「私はどうなる・・・!?」

カーズ「・・・」

大統領「どうなってしまうんだ・・・ッ!!!」

カーズ「さあな・・・」

カーズ「それが理解できるのは・・・」





カーズ「・・・神くらいなものだろう」

大統領「うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」バァァァァァアアアアア!!!!!!!

709: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:38:33 ID:BTB65Mcw
D4C「」バァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアア

バァァァァァァアアアアアア…

カーズ「・・・」

究極馬「・・・」



地面「」バギィイイイイイイイッ!!!!!!!

ジョニィ「うッ・・・!!!」ビシビシィイイッ バギィッ

ジョニィ「何が起こっている!?大統領は倒せたのかッ!?カーズは!!!」ミシッ… バキィィイイッ

ジョニィ「地面が割れている・・・!!いやッ!!『空間そのもの』が割れているんだッ!!!崩壊していくッ!!!」

ジャイロ「・・・!」バガァァアッ

710: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:42:19 ID:BTB65Mcw
ジョニィ「どうなったんだ!!『遺体』が完成したのか!?」バギィイイッ!!

ジョニィ「大統領が全知全能の力を手に入れたってのか!?どうなんだ!?」

ジョニィ「カーズは敗けたのかッ!?大統領にッ!!!」

ジャイロ「・・・」

地面「」ボガァァァァァァァァァアアアアアアッ!!!!!!!!!!!!!!

ジャイロ「!」

ジャイロ「・・・!!!」グラァァアアアッ…

ジョニィ「ジャイロオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!」



ドンッ……………

711: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:50:15 ID:BTB65Mcw
「ぐああッ・・・!!!」バキバキ ビキィッ

DIO「・・・」ピシ ピシ

DIO「重力という力は・・・実際には存在しないという」ピシ ピシ

DIO「重力とは『空間の歪み』だ。ジョニィ・ジョースターのACT4は・・・『空間』を歪めている」

DIO「一方、ジャイロ・ツェペリは『時間』を歪めている。空間と時間は切り離せない。空間=時間だからだ」

DIO「ジャイロとジョニィは同じものを歪めている・・・」

DIO「そしてカーズは!その先を行った存在だ」ザッ…

DIO「何億回もエネルギーを反射させる・・・反射の形は『黄金長方形』!」

DIO「『黄金長方形』のスケールで反射させる・・・『時空間』の概念を越えた回転!」

DIO「『有』と『無』だ!時空間は『有』にしか存在できない。カーズは『有』と『無』の世界を同時に存在させたのだ」

712: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:53:46 ID:BTB65Mcw
DIO「その結果、宇宙には穴が開いた。修復不可能な穴が!」

「・・・ッ」バキバキバキ

DIO「・・・」

DIO「神よ。宇宙は・・・そして我々は」

DIO「これから消滅するとみて間違いないな?」



「・・・!!!」

「・・・その通りだ。DIO」

「今思えば・・・あいつが生まれた時から・・・たった1つの細胞だった時から・・・」

「すべては始まっていたのだな・・・!!!」

713: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 18:56:55 ID:BTB65Mcw
「あいつが生まれた時・・・!!ヤツは私と・・・!!この宇宙との一体化が始まっていた・・・!!!」

「『遺体化』も既に・・・!!!その時から・・・!!!!!」

ビキィイッ!!!

「刻一刻と私と同化していたのだ・・・!!!気付けなかった!」

「ヤツが地球に戻ったのも・・・!!私が操作していたのではなかったのか・・・!!」

DIO「・・・」

「私が操作していると見せかけて逆に・・・!!!ヤツに操られていたのだ・・・!!!」

「我々は『運命』というレールの上を知らない内に走っていたッ!!」



ビシィ………ッ

714: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:10:08 ID:BTB65Mcw








…………プツッ








716: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:35:02 ID:BTB65Mcw


















カーズ「!」ガバァァッ

717: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:38:53 ID:BTB65Mcw
カーズ「・・・」

カーズ(この感覚・・・は・・・?)


小惑星「」ゴォォォォォ…!!!

小惑星2「」グォッ!!

ガッ!!!!!

ズグゥゥゥゥウ…ウウン…ンンン…



カーズ「・・・!」

カーズ「これは・・・!!!」

718: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:41:11 ID:BTB65Mcw
赤色巨星「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ………ッ!!!!

カッ!!!

バグォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ブラックホール「」ズズズズ…

ビカァッ!!!!

γ線「」ズギャァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



カーズ「・・・ッ!!!」

719: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:44:54 ID:BTB65Mcw
カーズ「この感覚は・・・!!宇宙ッ!!」

カーズ(どうなっているのだ・・・!?まさか・・・!宇宙を・・・!!!!)

カーズ(手にし・・・)

ズォォ…

カーズ「・・・」

カーズ「・・・ここは脱線事故の現場か」

カーズ「おいジョニィ!起きろッ!!ジャイロもだ!!」ガシィイッ!!!

ジャイロ「ハッ」ガバァッ

ジョニィ「うおッ」ガバッ

2人「・・・カーズ!?」

720: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:49:07 ID:BTB65Mcw
フィラデルフィア 独立宣言庁舎付近

シュウ…

シュウウウウ…

シュウウウウウウウウウウウウウウウウ…!

マウンテン・ティム「」シュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ…!!!

マウンテン・ティム「」シュウウ…

マウンテン・ティム「う・・・」ゴロ…

マウンテン・ティム「・・・ハッ!!」パチッ

マウンテン・ティム「・・・!?」ガッバァァア!!!!

マウンテン・ティム「な・・・何!?」

721: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:50:49 ID:BTB65Mcw
マウンテン・ティム「お・・・俺は確かッ」

マウンテン・ティム「大統領の・・・スタンド攻撃で・・・」



馬「」ブルル…

マウンテン・ティム「・・・!」

馬「」ガポ ガポ

マウンテン・ティム「・・・」





マウンテン・ティム「」ダッ!!

722: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:52:56 ID:BTB65Mcw
…バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ

マウンテン・ティム「」バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ バカラッ!!!!

ジャイロ「よォー!遅かったな」

マウンテン・ティム「フン・・・そっちこそ、大統領を倒すのに手間取ったようだな」

ジャイロ「ハハッ」

マウンテン・ティム「・・・カーズ」

カーズ「ン?」

マウンテン・ティム「・・・何かしたのか?」

カーズ「・・・」

723: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 19:59:14 ID:BTB65Mcw
マウンテン・ティム「俺は平行世界で完全消滅したはずだ」

マウンテン・ティム「なのに、傷1つ無い状態で、しかも基本世界に・・・」

カーズ「さあな」

カーズ「大統領がおっ死んだから、能力が解除されたんだろう」

マウンテン・ティム「・・・それでも、生死のコントロールは」

カーズ「そんなことより!そろそろレースに戻るべきではないか?」

カーズ「お前とジャイロにトップ争いは任せる。俺は賞金が手に入ればいいだけだからな」

カーズ「何ならジョニィ。お前もどうだ」

ジョニィ「僕はいいよ」

ジョニィ「『聖なる遺体』も消滅したし・・・僕はもともと優勝を狙っているわけではないしね」

724: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:02:38 ID:BTB65Mcw
ジョニィ「でもカーズ!」

ジョニィ「ここまで君とジャイロについてきたんだ。レースを降りるつもりはさらさらないね」

ジョニィ「行こう!8th.ステージとFinal.ステージを!!」グッ!

ジャイロ「おう!」グッ!

マウンテン・ティム「ああ」グッ!

カーズ「・・・フッ」グッ!






725: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:06:19 ID:tdV0mWcE
どうなったんだ・・・!?

726: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:09:41 ID:BTB65Mcw
8th.ステージ

1位 ジャイロ・ツェペリ 375P (4着、35P)

2位 カーズ 370P(2着、50P)

3位 ジョニィ・ジョースター 366P(1着、100P)

4位 マウンテン・ティム 355P(3着、40P)

5位 ポコロコ 305P(5着、30P)






タイムボーナス
 カーズ、ジャイロ、ティム、ポコロコ、東方憲助、ジョニィ、(ホット・パンツ)、(Dio) 各1時間

727: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:19:03 ID:BTB65Mcw
Final.ステージ

1位 ジャイロ・ツェペリ 475P (1着、100P)

2位 ジョニィ・ジョースター 406P(3着、40P)

3位 マウンテン・ティム 405P (2着、50P)

3位 カーズ 405P (4着、35P)

5位 ポコロコ 335P (5着、30P)



獲得賞金

ジャイロ・ツェペリ 70億円

ジョニィ・ジョースター 1億2000万円

マウンテン・ティム 6000万円

カーズ 6000万円

ポコロコ 1440万円

728: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:31:21 ID:BTB65Mcw
ジャイロ・ツェペリはこの後ネアポリス王国へ帰国

父親とともにウェカピポの妹の看護を行いつつ、恩赦により釈放された少年マルコの生活支援も行い暮らした

数年後、ネアポリス王国は革命により王制を廃止。共和国の一属地方となった

中世から続くネアポリス王国の王制の死刑執行官を世襲的に務めていた『ツェペリ一族』とウェカピポと妹は、『ジョースター一族』の住むイギリスへ移り住んだ







ジョニィ・ジョースターはイギリスへ帰国

東方憲助の娘である東方理那を娶り、幸せな家庭を築き上げる

ツェペリ一族とも親密な関係を築いている模様

729: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:35:51 ID:BTB65Mcw
マウンテン・ティムはアメリカに残り、保安官を続ける

その後出世に出世を重ね、最高責任者に就任する


カーズはツェペリ一族とジョースター一族のところで暮らすようになる

時には『新たな仲間』と何年も外出することも



ポコロコはのんきな生活を送った





730: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:40:32 ID:BTB65Mcw
ザパァァァーーーーーッ ザザァァーーン…

ザザザ… ザザザザザ… ザザザ…

ジョニィ「・・・」ザザザ…

マウンテン・ティム「・・・本当に歩けるようになったんだな」

ジョニィ「ああ。おかげで」

ジャイロ「それじゃあな。面白かったぜ」ス

マウンテン・ティム「こっちもだ」アクシュ

カーズ「くれぐれも、死なないようにな」フフッ

ジャイロ「ああ!ウェカピポの妹もいるし、マルコだっている。死ぬワケにはいかねーよ」

ジョニィ「僕もだ。実は、東方の娘さんと結婚することになってね・・・死ぬのはなんとしても避けたいね」

731: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:45:08 ID:BTB65Mcw
マウンテン・ティム「俺もそろそろ出世する。今度会うときにはトップになってるぜ」

ジョニィ「応援するよ」

マウンテン・ティム「ありがとよ」

ボォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ ボッボォォーーーーーーーーーーーーーーーッ

ジャイロ「もう出航だ」

ジャイロ「じゃあな!また何年か後に会おう」ザッ…

カーズ「ときどき遊びに行く」

ジャイロ「ああ!俺の親父にも会ってくれ。話したらきっとお前に興味を持つからよォー」

ジョニィ「僕も君の親父さんに会ってみたいな」

ジャイロ「紹介しておくぜ」

732: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:47:21 ID:BTB65Mcw
ボッボォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

ボッボォォーーーーーーーーーッ… ボッボォーーーーー… ボッボーーー…

2人「・・・」

マウンテン・ティム「・・・行ったな」

カーズ「・・・ああ」

マウンテン・ティム「俺もすぐ仕事がある。それじゃ」

カーズ「頑張れよ」

マウンテン・ティム「おー!」タッタッタッタッタッ

タッタッタッタッタッ…

カーズ「・・・」

733: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:51:51 ID:BTB65Mcw
エシディシ「なあカーズ!『旅行』って、どこに連れてってくれるんだァ?」ザッ

カーズ「・・・あるインディアンの故郷だ」

ワムウ「インディアン・・・ですと?」

カーズ「出てきていいぞ。サウンドマン」クイッ



サンドマン「」ズッ…

サンタナ「・・・」

サンドマン「・・・私はサウンドマンだ。以後、よろしく頼む」

ワムウ「この男が何か・・・カーズ様」

カーズ「この男は、敵ではあったが・・・故郷を守るための行動は尊敬に値する。まずは、彼の『心残り』を解消する」

734: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:55:18 ID:BTB65Mcw
サンタナ「・・・心残り?」

カーズ「彼を姉に会わせる。そして、白人から祖先からの土地を買う」

エシディシ「へぇ・・・」

エシディシ「にしてもカーズ。お前凄いよなァ」

エシディシ「俺達を全員、違う宇宙なのに復活させて・・・そのうえ太陽を克服させてよォ」

サンドマン「私も彼によって生き返った。彼には頭が上がらないな」

カーズ「・・・生物というのには死に時がある。お前達の死に時が早すぎたから、もう一度チャンスを与えただけだ」

ワムウ「カーズ様・・・」

カーズ「・・・それと、サンタナ」

サンタナ「はい」

735: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 20:58:52 ID:BTB65Mcw
カーズ「・・・済まなかったな。迎えに行けなくて」

サンタナ「・・・いえ」

カーズ「・・・」

カーズ「さて、出発だ!とはいえ、現場まで空間を歪めれば一瞬だがな」

サンドマン「・・・感謝する」

カーズ「家族は大切にしろよ」ポン

カーズ「終わったら、全員でパリにでも行くか」

エシディシ「そりゃあいいな。そうしよう!」

ワムウ「カーズ様、このワムウは中国の拳法を見てみとうございます」

カーズ「ウム、いいだろう」

737: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:00:32 ID:BTB65Mcw
カーズ「よし、フランスのあとは中国だ。ゆっくり観光するとしよう」

カーズ「まずはサンドマンを故郷へ連れて行こう・・・」

カーズ「行くぞ」ザッ…













――そして月日は流れる

739: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:03:54 ID:BTB65Mcw
リサリサ「カーズさん!」

カーズ「!」

カーズ「・・・何だ?今は書物を読んで」

リサリサ「私・・・妊娠したんです」

カーズ「!」

カーズ「・・・本当か」…パタン

リサリサ「はい」

ジョージⅡ「そこで、名前をどうしようかと思いまして・・・」

ジョージⅡ「カーズさんに決めていただこうかと・・・」

カーズ「・・・いいのか?たまに家にいるだけの居候だぞ?」

740: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:07:25 ID:BTB65Mcw
ジョージⅡ「カーズさんがいなければ、僕の父がレースを生き残れたかも分かりませんし」

リサリサ「今のジョースター家があるのは、カーずさんのおかげですし」

カーズ「・・・」チラッ

エシディシ「決めてやれよ、カーズ」

エシディシ「いいだろ。前の宇宙のことはナシだ」

カーズ「・・・」

カーズ「そうだな・・・」



カーズ「・・・JOJO」

カーズ「『ジョセフ・ジョースター』・・・『ジョセフ』というのはどうだ――」

741: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:08:01 ID:BTB65Mcw


743: 死神 [sage]: 2014/08/15(金) 21:42:48 ID:3aPHKBj6
乙!
この展開は予想していなかった!

744: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:44:33 ID:nB0oKvHU
乙。水を指すようで悪いけど、これDIOは概念か切り離された位相の中に現れただけで復活したわけじゃないの?

745: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 21:50:43 ID:BTB65Mcw
>>744
そういうことで。

748: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/15(金) 23:03:28 ID:FIG3oDSg

最後までカーズ様無双だった

749: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/16(土) 00:04:32 ID:t95zzTLI
乙。カーズ様はやっぱりスゲェや!

750: 以下、名無しが深夜にお送りします [sage]: 2014/08/16(土) 00:45:56 ID:eZMf8RIg
いいラストだった

コメント一覧

    • 1. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月14日 15:05
    • ジョセフオチ

    • 2. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月14日 16:54
    • これだけの長文を書きあげるのはすごいな家帰ってから読むわ

    • 3. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月14日 21:20
    • すげえなついつい読んでしまったぜ

    • 4. 名無しのスターライト
    • 2014年10月14日 22:11
    • カーズさんついに神になったか

    • 5. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月14日 22:41
    • 面白かった(小並感

    • 6. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月14日 22:58
    • カーズ様無双ディモールト ベネ!!面白かった!!

    • 7. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月15日 01:33
    • 凄い長かった……とりあえず戦闘潮流の名前が出たときにbloody streamをBGMとして流した

    • 8. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月15日 04:32
    • 長文だけど面白かった! !カーズ無双も悪くなかった !乙 !

    • 9. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月15日 13:45
    • これはいいSS乙でした!

    • 10. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月15日 14:33
    • これだけの長文をよく最後まで書いてくれました。面白かったです。

    • 11. 名無しのジョジョ好き
    • 2014年10月20日 20:29
    • お疲れ様と作者様に言いたいッ!カーズ様がますます好きになった

    • 12. 名無しのスタープラチナ
    • 2015年05月16日 19:51
    • 原作では、サンタナ死んで無かったような気がするぜ

    • 13. 名無しのジョジョ好き
    • 2015年10月08日 13:39
    • 戦闘潮流の回転の発想が凄かった(小並感)なんか…感動したわ。

    • 14. 名無しのジョジョ好き
    • 2015年12月16日 12:38
    • 感動したこういう救済ルートのあるハッピーエンドなssをもっと見てみたい

    • 15. 名無しのジョジョ好き
    • 2016年02月29日 17:53
    • ふつくしい

コメントする