シェアする

【ジョジョ】DIOは本当に心の底からプッチの事を信頼していたの

3名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:18

友人だろ
3部には下僕しかいなかったしな





4名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:19

一緒にベッドの上でゴロゴロしててリラックスしてそうだったから
割とマジで信頼してたかもしれない




5名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:19

個人的には、DIOはプッチのことを「くだらない会話をするぐらいの相手」程度だと思っている。友達扱いはDIOが相手を信用させるための常套手段で、天国のくだりはもし自分が死んだ後に誰か受け継いでくれる人間が欲しかっただけ

DIOにとっての友は「ジョナサン」しかいないだう




6名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:27

別に信頼してたわけじゃないって作者が言ってなかったっけ




8名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:30

※5 ジョナサンて友達だったのか…




9名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:38

絶対に裏切らないと思ってた、と言う意味では信頼してたと思う
餌の女が逆らうことはないだろうと思うの同じで

それ以上の友情とかは無いだろう




10名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:45

アイズオブヘブンでディオがわが友プッチへの手向けと言っていたので友達ぐらいにはおもってそうですね




11名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:48

最も信頼してる友人だと思う
けど必要なら心を痛めずに排除するのがDIOだと思う




12名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:50

※8
間違えた「親友」だった。
まあ、あいつにとって真に信頼できる友達なんかいなさそうだし、親友=友達でも問題はなさそう

プッチは荒木が言っていっていたように「利用している」だけだったと思う
所詮、DIOにとって人間はその程度。
もし6部にDIOが生き返っていたら、プッチは最終的に殺されているよ。これは確信できる




13名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:54

ぬるま湯浸かってる感覚の関係じゃないか
波長が近くて程よい距離感と言うか

DIOと下僕じゃ比べものにならないくらい何もかもDIOの方が上だけどそんなDIOも小バエにブンブン集られたら鬱陶しいわけで、
過剰に賞賛するわけでなく寝首をかこうとするわけでもなく、ジョースター一行のように邪魔するわけでもなく




14名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 18:58

してなかったと思う
花京院スカウトした時と態度そんなに違って見えなかったし
利用したい奴に気を許したふうに話しかけるのはディオのよくやる手でしょ




16名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:09

人間のペットに対する感情と同じようなもんじゃないかと




18名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:16

あ、本題について書くのを忘れてた
ディオに取って他人は見下すべき相手であり、唯一一瞬でも対等に考えたのは首だけに追い込んだジョナサンだけ
ただ、自分を信奉する相手にはそれなりの親愛を示す
それは下僕に対するそれと同じ




20名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:37

ディオは一時期猫被ってジョナサンとも親友ゴッコしてただろ
それと同じ




21名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:39

ジョナサンとは「奇妙な友情」という名の腐れ縁
色んな意味でくっついてはいるがな(笑)




24名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:56

ないない、だってあのDIOだぜ
他より便利で替えが利かない能力だから丁寧に扱ってるだけ




25名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 19:56

かなり信頼していたとは思うが心の底からと言われると怪しいな、DIOはプッチ神父を自分の求む天国へいくための保険と考えていたと思う。しかし、プッチ神父はDIOのことを心の底から信頼していたと思うと切ないな




26名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 20:02

心の底からって程じゃなく、「ぼちぼち、まあまあ信頼してる」って感じだったんじゃない?

知らんけど




27名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 20:34

ヴァニラやその他下僕たちは勝手に盲信してくれるけど、プッチみたいにそれなりに賢い人間には相応の雰囲気をつくって接していただけ 所詮等しくモンキーでしょうな




29名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 20:47

哲学的な思想の面で話が合ったんでしょ。
自分にすり寄ってくる者か、向かってくる敵か、只のエサか、その何れでもないプッチに多少は親近感を持ってたんじゃないかな。
ただ、それすらも自分の利用価値として扱うところがDIOではあるけど…。




31名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 20:54

「信用」はしてるけど、「信頼」ではないかも




32名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 21:00

親友は天国に必要だと思ってるようだからな
話していて心が安らぐというOver Heavenの話も嘘ではないと思う




33名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 21:07

利用する気なら下僕にするだろ。
ジョースター一行との戦いに巻き込まなかったわけだから、DIO一味の連中とは明らかに扱いが違う。
やはり友情を感じていたのだと思う。とりわけ疑う要素はない。




35名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 21:10

保険としてそれなりに信用出来て、話の合う面白い奴。
ただ花京院の回想で挙げていたような「真に気持ちが通い合う」って程ではないって印象。




36名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 21:17

話は逸れるが、何気無い雑談でジェネレーションギャップを感じるDIOを見てみたい。




41名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 22:10

2人で話してたって言ってもそのくらいなら他の部下ともやってそうだけどな
特に執事のテレンス 最終防衛ラインのヴァニラ辺りの信頼してる奴らならプッチと同じくらいの話はしてそう




42名無しのジョジョ好き[] 2017年12月18日 22:12

あの回想も、親友として自分に寄り添ってくれてるかのようにプッチがやたら美化してたりしてな

所詮利用できる都合のいいやつぐらいにしか見てない
優遇するかどうかは使えるかどうかのさじ加減よ




【マジか】ジョジョリオンにはラスボスが出ないかも!?荒木先生が意味深な発言

【結論】ジョジョリオンが失敗した理由が判明・・

【ジョジョSS】承太郎「やれやれ…実写映画化を何部がするか会議だぜ…」

コメント一覧

    • 1. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:07
    • わかんねぇなw

    • 2. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:12
    • エンヤ婆と同じくらいには近くに居て構わない存在かな

    • 3. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:18
    • 友人だろ
      3部には下僕しかいなかったしな

    • 4. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:19
    • 一緒にベッドの上でゴロゴロしててリラックスしてそうだったから
      割とマジで信頼してたかもしれない

    • 5. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:19
    • 個人的には、DIOはプッチのことを「くだらない会話をするぐらいの相手」程度だと思っている。友達扱いはDIOが相手を信用させるための常套手段で、天国のくだりはもし自分が死んだ後に誰か受け継いでくれる人間が欲しかっただけ

      DIOにとっての友は「ジョナサン」しかいないだう

    • 6. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:27
    • 別に信頼してたわけじゃないって作者が言ってなかったっけ

    • 7. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:30
    • ※2 肉の芽植えて信頼もクソもなかったエンヤ婆と同列に語るのは違う気がする

      肉の芽を植えてある時点で既に下僕
      関係性としては友人のプッチの足元にも及ばない

      3部で生き延びさせた傘下達はその中間かな

    • 8. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:30
    • ※5 ジョナサンて友達だったのか…

    • 9. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:38
    • 絶対に裏切らないと思ってた、と言う意味では信頼してたと思う
      餌の女が逆らうことはないだろうと思うの同じで

      それ以上の友情とかは無いだろう

    • 10. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:45
    • アイズオブヘブンでディオがわが友プッチへの手向けと言っていたので友達ぐらいにはおもってそうですね

    • 11. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:48
    • 最も信頼してる友人だと思う
      けど必要なら心を痛めずに排除するのがDIOだと思う

    • 12. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:50
    • ※8
      間違えた「親友」だった。
      まあ、あいつにとって真に信頼できる友達なんかいなさそうだし、親友=友達でも問題はなさそう

      プッチは荒木が言っていっていたように「利用している」だけだったと思う
      所詮、DIOにとって人間はその程度。
      もし6部にDIOが生き返っていたら、プッチは最終的に殺されているよ。これは確信できる

    • 13. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:54
    • ぬるま湯浸かってる感覚の関係じゃないか
      波長が近くて程よい距離感と言うか

      DIOと下僕じゃ比べものにならないくらい何もかもDIOの方が上だけどそんなDIOも小バエにブンブン集られたら鬱陶しいわけで、
      過剰に賞賛するわけでなく寝首をかこうとするわけでもなく、ジョースター一行のように邪魔するわけでもなく

    • 14. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 18:58
    • してなかったと思う
      花京院スカウトした時と態度そんなに違って見えなかったし
      利用したい奴に気を許したふうに話しかけるのはディオのよくやる手でしょ

    • 15. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:06
    • ※7
      DIOにとってプッチは自分が死んだ後の保険でもあるから
      自分が死んだ後に暴走する肉の芽は植え付けないだろう

    • 16. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:09
    • 人間のペットに対する感情と同じようなもんじゃないかと

    • 17. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:10
    • ※7
      あれはラバーズに始末されただけで勝っていたら何も無かったと思うぞ

    • 18. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:16
    • あ、本題について書くのを忘れてた
      ディオに取って他人は見下すべき相手であり、唯一一瞬でも対等に考えたのは首だけに追い込んだジョナサンだけ
      ただ、自分を信奉する相手にはそれなりの親愛を示す
      それは下僕に対するそれと同じ

    • 19. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:37
    • 骨になってまで助けるんだから超大親友だろ

    • 20. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:37
    • ディオは一時期猫被ってジョナサンとも親友ゴッコしてただろ
      それと同じ

    • 21. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:39
    • ジョナサンとは「奇妙な友情」という名の腐れ縁
      色んな意味でくっついてはいるがな(笑)

    • 22. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:39
    • ※13 うっとおしい小バエ扱いだったら、命を捧げてきた者の忠誠心を認めて生き返らせたり、救世主として価値を認めたり、反逆してきた者の能力を認めて許したりしないな

      利用はするが一目置いてるって感じで、小バエほど見下してはいない

      そしてその3部敵勢と特に思い入れの差はないと思う
      優しく対応しても所詮全員利用してるだけで、話し相手に丁度いいと思ったから会話を交わしただけ

    • 23. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:50
    • そんなわけがない

    • 24. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:56
    • ないない、だってあのDIOだぜ
      他より便利で替えが利かない能力だから丁寧に扱ってるだけ

    • 25. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 19:56
    • かなり信頼していたとは思うが心の底からと言われると怪しいな、DIOはプッチ神父を自分の求む天国へいくための保険と考えていたと思う。しかし、プッチ神父はDIOのことを心の底から信頼していたと思うと切ないな

    • 26. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:02
    • 心の底からって程じゃなく、「ぼちぼち、まあまあ信頼してる」って感じだったんじゃない?

      知らんけど

    • 27. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:34
    • ヴァニラやその他下僕たちは勝手に盲信してくれるけど、プッチみたいにそれなりに賢い人間には相応の雰囲気をつくって接していただけ 所詮等しくモンキーでしょうな

    • 28. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:44
    • いつでも始末できると思ってたんじゃないの?
      なんか気まぐれでちょっと親しくしてみたように見えた

    • 29. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:47
    • 哲学的な思想の面で話が合ったんでしょ。
      自分にすり寄ってくる者か、向かってくる敵か、只のエサか、その何れでもないプッチに多少は親近感を持ってたんじゃないかな。
      ただ、それすらも自分の利用価値として扱うところがDIOではあるけど…。

    • 30. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:54
    • 100年以上生きてるDIOでも、自分が知らない世界に生きる男は興味津々ではなかったか。神に人生を捧げて生きるなんて欲望の塊のDIOにとってはアンビリーバボーな生き方だったことだろう。

    • 31. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 20:54
    • 「信用」はしてるけど、「信頼」ではないかも

    • 32. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:00
    • 親友は天国に必要だと思ってるようだからな
      話していて心が安らぐというOver Heavenの話も嘘ではないと思う

    • 33. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:07
    • 利用する気なら下僕にするだろ。
      ジョースター一行との戦いに巻き込まなかったわけだから、DIO一味の連中とは明らかに扱いが違う。
      やはり友情を感じていたのだと思う。とりわけ疑う要素はない。

    • 34. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:09
    • 利用して居るとこも有ったろうけど、ふつーに友人だったんじゃね?。
      マイケルのライブとか見てたらしいけど、二人してポップコーン食ったり、ミルクティーとか飲んだりしていたのかなぁ?。
      アメリカに行ってたりしたらしいけど、何処観光しに行ったんだろ?。

    • 35. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:10
    • 保険としてそれなりに信用出来て、話の合う面白い奴。
      ただ花京院の回想で挙げていたような「真に気持ちが通い合う」って程ではないって印象。

    • 36. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:17
    • 話は逸れるが、何気無い雑談でジェネレーションギャップを感じるDIOを見てみたい。

    • 37. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:30
    • 友達ではないにしてもホモ達ではある

    • 38. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:40
    • ※37
      DIOはなぜかバイのイメージがある

    • 39. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:43
    • 本質は小物のクズだから、
      余裕あるときは格好つけて施してやるけど、
      ピンチになったら醜く裏切る姿が
      想像できる

    • 40. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 21:56
    • ※38
      講演会で「女が良いけど男でも」みたいな事話してたから間違いではないぞ。

    • 41. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 22:10
    • 2人で話してたって言ってもそのくらいなら他の部下ともやってそうだけどな
      特に執事のテレンス 最終防衛ラインのヴァニラ辺りの信頼してる奴らならプッチと同じくらいの話はしてそう

    • 42. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 22:12
    • あの回想も、親友として自分に寄り添ってくれてるかのようにプッチがやたら美化してたりしてな

      所詮利用できる都合のいいやつぐらいにしか見てない
      優遇するかどうかは使えるかどうかのさじ加減よ

    • 43. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 23:03
    • ※36 ヴァンダムとかシルベスタスタローンとかについてピンときてたし割と俗なものも嗜んでるんじゃないかね

    • 44. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 23:24
    • 扱いやすい手駒くらいにしか思ってなかったと思う。信用してるように見せたのもスタンドに利用価値がありそうだったからじゃないかな

    • 45. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 23:25
    • プッチはDIOの本性である人食いや残虐性を知っていた様子がないから
      偽りの自分を見せて信頼させていただけだろう
      ホワイトスネイクは他の部下より一手間二手間かけたって惜しくはない位の能力だ
      肉の芽では脳をいずれ食い破ってしまうしな

    • 46. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月18日 23:53
    • ※42 ホンコレ、8部にも通じるものがある

    • 47. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 00:13
    • 自分にとって有用であるうちは友達でいてやるよ
      自分が損しない範囲でなら助けたりもしてやる
      くらいの印象

    • 48. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 00:32
    • ※12
      プッチもディオと二人で天国到達したら最終的にディオを殺しにかかりそう
      運命を変えられるものが自分以外にいては人類の覚悟が完全なものにならないとか言ってさ
      ブタどもに信頼とか友情はないってビーティーが言ってたけどそんな感じ

    • 49. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 00:40
    • DIOの友情なんてのは所詮自分本位の物だからな
      ジョナサンも肉体に価値が出たから尊敬できる相手に格上げよ
      結局3部じゃ犬のクソになったがな

    • 50. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 02:48
    • DIOは使えると判断したやつは優遇する

      前の肉の芽スレでも上がってたが
      使えない上に危険だと判断したエンヤ婆はダンに殺させた

      対して反逆してきたホルホースには実力と度胸漆黒の殺意を見込んで、時止めで恐怖を味わわせ改めて忠誠を誓わせてから”わたしのために”本気で一行を殺させるべく生かした

      ンドゥールの価値を認めたのも、ヴァニラを生き返らせたのも、これだけの忠誠心があれば”わたしのために”戦ってくれる、邪魔者を排除してくれるだろう、という利用するための冷酷な価値観が根本にある

      プッチも所詮その1人
      ※42が言うようにおそらくあの回想も美化されてる

    • 51. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 07:21
    • ブッチの回想だと結構お互いが行き来していたみたいだから
      それなりの信頼感はあったのだろうと思う
      未知の物に対する探求のための相談の相手で
      エンヤの様にある程度までいったら始末はありえたかも

    • 52. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 07:44
    • してないんじゃねーの
      いつでも殺せるのに…みたいな事言うのも信用出来てないからであってあの時はプッチが神のように君をって言ったからよかったけど

    • 53. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 08:42
    • なんかプッチがかわいそうになってきたな

    • 54. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 11:03
    • 花京院どころか、アヴドゥルにさえ友達ぶって見せるからな。
      超絶コミュ力であっという間に人と仲良くなり、信頼され、一目置かれる。
      このあたりは呼吸するが如く自然に行える。
      吸血鬼能力やスタンド以前に、十歳かそこらですでに身につけていた対人技術。そこに痺れる憧れる。

    • 55. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 11:08
    • テンプレの「悪の帝王」って異常に尊大というか、ほとんどがただのコミュ障としか思えないキャラなんだけど(ちなみにこういう作品では正義の味方もコミュ障)、DIOは超絶コミュ力で人に取り入って洗脳してしまうサイコパスタイプだよな。現実の社会的成功者にいるタイプ。

    • 56. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 11:30
    • プッチの能力は評価してたし信用もしてただろうけど、プッチ個人の人格を「信頼」はしてなさそう
      利用価値が有りそうだし友達ごっこに興じるのもそれなりに面白いから表面上は仲良くしてただけに思えたな

    • 57. 名無しでリポート
    • 2017年12月19日 11:41
    •  天国に到達するまでの短い間ディオはザ・ワールドを失って完全に無力となる。また天国に行く儀式のようなものを執行する神官も必要だった。だからプッチには他の部下らとは全く違うものが求められていたと言える。それは信者であり友人でありと言ったものだろう。友情はギブ・アンド・テイクだと考えていたディオ(1部)が、リスクを冒してまでプッチに弱みを晒しつつ信頼を得ていく描写はディオの天国を渇望する真剣さが伝わってきた。しかし、それはプッチも求めていたことだから、二人はある種の運命共同体だったとも言える。だから私の結論としては、彼らは目的を同じくする仲間のようなものだったと考えている。
       そして、一方的に忠誠を求めるタイプのディオに対して一方通行の友情を感じられる奇特な人は、やはり究極の甘ちゃんであるジョナサンぐらいのものだろうか。

    • 58. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 12:10
    • プッチはDIOを心から信頼してたけどDIO本人は利用するために、ってだけで近くにおいてたのかも。
      本を読みながら寝転がるのも、ディオ時代で同じように溶け込むために貧民出でも貴族の作法をマスターしてたように…

    • 59. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 15:38
    • ジョナサン側は友情を感じてたけどディオは友達だと思ってたっけ?

    • 60. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 15:56
    • 尊敬してるとは言ってたね

    • 61. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 15:57
    • ホルホースの女への尊敬もディオ的な尊敬だったんだろうな

    • 62. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 16:42
    • 第6部の顔がちがうDIOは思い出補正で美化されてるんだろうな

    • 63. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 16:44
    • ※48
      世界一巡させることは死んだ人間を連れていかないってことでそれはDIOの存在を抹消することにも繋がってるからな。

    • 64. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 17:53
    • ※61 これ
      一目置いてるからこそ利用するって感じ

    • 65. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 19:36
    • 少なくともかなり気を許してはいただろう。

      でなきゃ3部であんだけ用心深くなってたDIOが
      吸血鬼とか一切関係ない即死能力持ちの家で
      半裸でゴロゴロしたりはしないさ。

    • 66. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 19:54
    • 一流暗殺者にのんびり読書して完全に油断してると思わせてる位だしそのくらいの事はできるだろう

    • 67. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 21:04
    • 優しい言葉も対応も、全ては自分が見込んだ有能な漆黒の悪党を利用するため

      これに尽きる

    • 68. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月19日 22:53
    • 「天国へゆく方法を実践する」ということについては信頼していたのだろう。
      そうなるように誘導を進めていたのは間違いないが。

    • 69. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月20日 00:24
    • ディオは帝王を自負してるので同格の存在とは思ってないだろうな。
      でも、自分の目的を共有するぐらいだから有能な人間として能力の方に信頼を置いてたんじゃないかな。

    • 70. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月21日 04:27
    • DIOに全く友人としての気持ちがなかったとは思わないが、利用していた部分が大きいのではないだろうか。
      プッチもそんなDIOに魅力を感じた。そして、DIOが亡くなったので彼はその意志を継ぐことにした。

      だが、DIOが健在であったならば互いの天国観の違いから路線対立が起こっていた可能性が高い。その時、プッチはあらためて理想のDIOと実際のDIOの違いに気づいたはずだ。それを知らずに死んでいったプッチはある意味で幸せだったのかもしれない。

    • 71. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月22日 00:03
    • 自分は本当に友達だったと思いたいな
      プッチがDIOと親しかったと知った時、ホッとしたというか、救いを感じた。

    • 72. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月22日 05:11
    • AはBのことをそんなに親しい友人だと思ってないし大して尊敬もしてないけど、BはAのことを凄く親しい友人だと思ってるし尊敬もしてるってこと
      現実でもけっこうあるよね

    • 73. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月22日 20:08
    • 神父の100人、牧師の100人、禅僧の100人、神主の100人、バラモンの100人、ありとあらゆる宗教指導者のめぼしい奴らに同じことを言ってたと思うぞ、ディオならな

    • 74. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月26日 12:36
    • 弱点の頭の中触らせとるからなあ

    • 75. 名無しのジョジョ好き
    • 2017年12月26日 13:36
    • そもそも吸血鬼に心というモノが存在してるのかな

    • 76. 名無しのジョジョ好き
    • 2018年01月08日 10:38
    • 骨渡してるからある程度信頼してる?
      いやでもリンプ・ビズキットが無かったらどうするつもりやったんやろ

    • 77. 名無しのジョジョ好き
    • 2018年01月22日 19:47
    • DIOは人を信頼することができないかわいそうなやつだよ
      本人は全く気にしてないだろうけど
      ジョジョの悪役はだいたいそうなんじゃないかと思う

コメントする